蒼のほとりで書に溺れ。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ハブテトル ハブテトラン』/中島京子 ◎

<<   作成日時 : 2009/02/06 22:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 2

〜〜「ねえ、星野君。ハブテルは、標準語じゃろ?」〜〜 (本文より引用)
――― 違います(笑)。
いやぁ〜、珍しく「少年モノ」読みました。実に爽快。
小学5年男子って、こんなに楽しくて、いろんなこと考えてて、漢前だったり、ちょっと情けなかったり、行動力あってカッコ良かったりするんだ〜。

全編にわたって繰り広げられる備後弁になじみがあるからか、非常にサクサクと読み進み、楽しめましたね。東京から来た少年・星野大輔の、備後弁への???が、実際他の土地から来てる私にも、共感出来るわけで。

初読みの中島京子さんです。物語の舞台となった、福山市松永はご友人のお家があるところだそうです。
『ハブテトル ハブテトラン』。初めて聞く人には「何の呪文?」って感じですよねぇ(笑)。
備後弁の「すねる・むくれる」という意味の「ハブテル」に、「〜している」の意味の「〜しとる」を付けて、「ハブテとる」というのです。ちなみに、水無月・R長男は、「ハブテとる」は自分では使わないものの、意味は知ってました。恐るべし、備後弁。

学級崩壊のあおりを喰らって、喋れない学校へ行けない、になってしまった星野大輔。2学期だけ転校して、母方の祖父母の家から学校に通うことに。
ところが空港に迎えに来るはずの祖父が骨折、変わりに来たのは怪しげなおじいさん・ハセガワさん。
夏休みが終わって転校初日、クラスのウメちゃん・マテオ・隣のクラスのノブミツと友達になる。この3人に+クラスの女の子オザヒロでゲタリンピックに出たり、オザヒロに連れられてプリントップを食べに行ったり、だんじりに参加したり、のびのびと過ごすダイスケ。
東京で学級委員の相方をやっていたサノタマミが引っ越して行った今治まで会いに行って謝ったり、ノブミツのお姉さんのコンヤクハキ危機を救うため、下駄職人のおじいちゃんとその仲間と大活躍したり、なかなかに行動的である。
そんなダイスケは、3学期は東京に戻る。
なんか、強くなったなぁ、男の子の成長ってすごいなぁ、と思いましたね。

「少女モノ」は良く読んでるし、自分の経験もあるので割と分かりやすく共感出来ていた。
が、今回小学5年生という、案外中途半端な年齢の男の子が主人公。あの頃の男子ってどうだったっけ〜?なんか子供っぽいって思ってたような気がする・・・なんて感じで読んでたんですが。
面白いね、小5男子!
好奇心旺盛で、まだ女の子(恋)のことはそんなに重要じゃなくて、パワーが有り余ってて、・・・ストレートに優しい。成長の仕方は割と大雑把なんだけど、面白い。
ウチの長男&次男も、こんな小五男子になってくれたらいいんですけどねぇ・・・どうだろ。

登場する大人が、みんな子供をよく見てるのが、すごくいい。ハセガワさんとか、担任の魔女のオオガキ先生とか、もちろんダイスケの祖父母も。一歩引いて、見守ってて、余計な口出しをしないのがいい。
・・・難しいんだよねぇ、これ。ついつい口出しどころか、手出しもしちゃう私としては、ちょっと反省しました。

あ、それとね〜プリントップ。食べたい〜。おいしそう〜。パフェグラスに寒天ゼリーや果物が入ってて、アイスクリームじゃなくてソフトクリームで、そんでおっきいプリンがドンとふたをしてるのって、非常に魅力的。
・・・行けない距離じゃないから、一度行ってみようかなぁ・・・松永の「ルナ」。
そうそう、情報通の友人によれば、この『ハブテトル ハブテトラン』の舞台は、ほぼ実在するんですって。彼女は松永へ行って『ハブテトル ハブテトラン』ツアーをやったそうです。小学校以外全部あったよ〜と言っていました。

全編にわたって使われる備後弁もいいし、小5男子の世界も新鮮でしたね。
何より、楽しかった。実に爽快で!さわやかな気分になりましたよ〜!

(2009.02.06 読了)

ハブテトルハブテトラン
楽天ブックス
著者:中島京子出版社:ポプラ社サイズ:単行本ページ数:251p発行年月:2008年12月この著者の新


楽天市場 by ウェブリブログ



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【ハブテトルハブテトラン】中島京子著
えっ、これってどんな意味そうかあ〜、備後弁なんだあ〜確かに、子どもの頃なんて、こんなことしょっちゅうだったような気がする。もちろん、ちょっとしたことで変わってしまうのだが。備後弁がとてもいいアクセントになっている。そして、お決まりのじいちゃん・ばあちゃ... ...続きを見る
けんとまん
2009/02/26 06:13
ハブテトル ハブテトラン(中島京子)
タイトルの言葉は備後弁なんだそう。表紙の「自転車で海沿いを疾走する男の子」のイラストもあって、なにかの「呪文」かと思いました〜(笑)表紙折り返し部分に説明が載ってました。 ...続きを見る
Bookworm
2009/04/26 13:44
ハブテトル ハブテトラン 〔中島 京子〕
ハブテトル ハブテトランポプラ社 2008-12売り上げランキング : 55371おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 広島県・松永を舞台に、はずむような備後弁でつづられた物語。 (BOOKデータベースより) ...続きを見る
まったり読書日記
2009/09/11 21:12

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
きゃ〜すみませんっ!!↑名前を間違えちゃいました;;;
どうか最初のコメントは削除してください。申し訳ありませんm(__)mm(__)m

****
はい。備後弁に全く親しんでいない私は、タイトルを見て「呪文」だと思いました〜(笑)
楽しい読書ができました♪もちろん、楽しいだけの内容ではなかったんですが、清々しく爽快な読後感が良かったです。
『ハブテトル ハブテトラン』ツアーっていいですね〜!私もやってみたいです。もちろん「プリントップ」は外せません(笑)是非、食してみたいっ!!
すずな
2009/04/26 13:40
すずなさん、ありがとうございます(^^)。
「ハブテトル」って何?!って思いますよね♪
色々ありつつも、小5男子は頑張ってる。
その爽やかさがたまりません。
ああ、早くプリントップ食べにいかなくっちゃ〜(*^_^*)。
水無月・R
2009/04/26 22:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ハブテトル ハブテトラン』/中島京子 ◎ 蒼のほとりで書に溺れ。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる