蒼のほとりで書に溺れ。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『泥(こひ)ぞつもりて』/宮木あや子 ○

<<   作成日時 : 2009/02/17 22:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 10

藤原摂関家華やかなりし平安時代のままならぬ想いが行き交う、宮木あや子さんの描く世界。いつの世にも恋は整然とせず、嘆き苦しむばかり。
平安時代の貴族であれば尚のこと。娘は政略の道具となり、心を千々に引き裂かれる。男とて、叶わぬ恋情や政(まつりごと)の行く末に、ただ悔やむばかり。

『泥(こひ)ぞつもりて』は、清和・陽成・光孝・宇多の四代天皇の時代における、天皇たちとその女御およびその周辺の者たちの物語である。
天皇の外戚になるために、娘たちを後宮に送り込む、藤原摂家の執念。我こそは主上の子を産まん、と祈り願う女御たち。天皇による親政を望みつつも、術もなく歯噛みするばかりの歴代天皇。
それぞれの想いが行き違い、愛情はあるのに伝わらず、志を同じくしているのに反目し、時代や世情や他者の思い込みに流され、苦しい思いばかりが降り積もってゆく。

「泥」が「こひ(恋)」とは、印象的な表現です。
「泥ぞつもりて」「凍れる涙」「東風吹かば」の3篇通して、ままならぬ想いをする中心人物・藤原高子(常寧殿・二条后)は、冒頭と終章でこう心につぶやく。
〜〜恋は池の底に溜まる泥のように形を持たないけれど、いつまでもそこに溜まりつづけ、消えることはない。〜〜 (本文より引用)
恋だけではなく、それぞれの思いは行き違い、苦しみ、そして静かに降り積もってゆく。

あまりに、ままならぬ想いが多く、読んでいて苦しくなった。
現代と比べることは、何の意味ももたいないのだけれど、あの時代の天皇家及び貴族という、狭く頑なな世界がいかに苦しいものか、そしてそれを解く方法はないという閉塞感が、堪らなかったです。

一目見た主上を恋い慕い入内は出来たものの、主上の訪れはない女御。主上に思われながら、石女(うまずめ)である女御。内裏の外の女の立場から、入内を果たした女御。唯一人と思う相手と引き裂かれ、入内させられた女御。
それぞれの想いや孤独感、自尊心だけでも哀しいのだが、その女御たちへの主上の思い、また藤原摂関家や政局を司る貴族たちの攻防も全て、絡まり合ったまま織り上げられる物語の、切なさ。

打開できない閉塞感が、登場人物たちをより一層苦しみの淵へと引き摺りこむ、その救いのなさが、非常に印象的でした。
・・・それでも、彼らは思いを捨てることはせず、いつか救われるのではと苦しみもがきながら、狂おしく生きてゆく。

(2009.02.17 読了)

泥ぞつもりて
楽天ブックス
著者:宮木あや子出版社:文藝春秋サイズ:単行本ページ数:285p発行年月:2008年11月この著者の


楽天市場 by ウェブリブログ



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
泥(こひ)ぞつもりて 〔宮木 あや子〕
泥(こひ)ぞつもりて宮木 あや子文藝春秋 2008-11-26売り上げランキング : 27016Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 女は待ち、男は孤独を知る。 清和、陽成、宇多天皇、いつの時代も女に生まれれば同じこと。 平安王朝にまつわる男女の尽きせぬ狂おしい想い。 (... ...続きを見る
まったり読書日記
2009/02/18 21:50
『泥(こひ)ぞつもりて』 by 宮木あや子
清和天皇、陽成天皇(貞明)、宇多天皇という三代にわたる御世を縦糸に、そして彼らを取り巻く摂政、関白、女御更衣をはじめ数多の人間たちの歴史と想いを横糸に、律令制の崩れかけた平安王朝の天上人たちの繰り広げるドラマを描いた中篇集である。 時代物を描くにはやはり専門的な知識を使いこなすことが必定であり、愛憎豊かに人の恋を描くことに長けている宮木氏にとってその点はやはり未熟さを拭いきれない。どこが、というのではなく全体にまず現代じみているということ。どこかその辺にいる現代っ子の恋愛ドラマ、現代... ...続きを見る
■空蝉草紙■
2009/03/17 10:32
「泥ぞつもりて」宮木あや子
泥(こひ)ぞつもりてクチコミを見る ...続きを見る
本のある生活
2009/12/30 20:46
泥(こひ)ぞつもりて / 宮木あや子
泥(こひ)ぞつもりて文藝春秋 2008-11-26売り上げランキング : 188984おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 宮木さんの平安時代もの。政治の道具とされた位の高い姫ぎみ達の、さまざまな恋を描いた中編3話。 ...続きを見る
たかこの記憶領域
2010/01/20 12:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
宮木さんと平安時代って良い取り合わせかもと思う内容でした。また平安時代を舞台にした作品を描いてほしいです。
男も女もその想いは純粋でひたむきなのに、ままならない。切なくて苦しかったです。
エビノート
2009/02/18 22:08
エビノートさん、ありがとうございます(^^)。
宮木さんの描く、ままならぬ恋は、胸を締め付けられつつも、とても惹かれますね。
この世界をもっと書いて欲しいな〜、と私も思いました♪
水無月・R
2009/02/18 22:20
トラバありがとうございました。
いやもう、宮木さんの描く女は本当に切なくて。源氏物語の女たちを描いて欲しいなーなんて思う今日この頃です♪ 
正直まだ歴史ものを書くには力量不足かなと思うところもありますが(何を偉そうに;;)でも心象的にはこの世界、きっと宮木さんにはあっていると思います。
空蝉
2009/03/17 10:37
空蝉さん、ありがとうございます(^^)。
宮木さんの描く源氏の世界!・・・スゴイことになりそうです。でも、読んでみたいですね。
狂おしいまでの男女の想いは、きっと宮木さんの世界で切なく美しく、繰り広げられることでしょう。・・・いいですねぇ〜。
水無月・R
2009/03/17 22:51
ままならぬ思いと、閉そく感、読んでいて切なくて苦しくて仕方がなかったのだけれど、よかったです。こういう作品、好きです。
水無月・Rさんは宮木さんの作品をたくさん読んでらっしゃるようですが、お勧めの作品とかありますか?よかったら教えてくださいませ。
june
2009/12/30 20:45
juneさん、ありがとうございます(^^)。
宮木さんは「ままならぬ想い」を描かせたら天下一品、だと思っております。
美しく、哀しく、孤独で、どこか清々しい雰囲気を持つ物語が、素敵です。

いえいえ、最近の作品は読めてないんですが・・・。
デビュー作『花宵道中』はもちろん、『雨の塔』の世間と隔絶された女子大の四人の女性たちの、儚い孤独が美しくて好きです。
それと、眼鏡男子がお好きなら『セレモニー黒真珠』。私の2009年のベスト1に輝きました(笑)。こちらはラブコメです。
よろしければ、是非に♪
水無月・R
2009/12/30 20:57
「花宵道中」に「雨の塔」ですね。探してみます!
そして眼鏡男子は大好きです「セレモニー黒真珠」は必ず読みます♪
june
2010/01/11 14:51
juneさん、ありがとうございます(^^)。
『セレモニー黒真珠』は良いですよ〜♪
眼鏡男子に萌え萌えです(←水無月・Rだけ?)。
いや、それ以外も葬儀社という特殊な世界の面白さ、登場人物たちの言動の面白さやカッコ良さ。楽しくて、ニヤニヤして、ちょっとほろりと来ますよ〜!
水無月・R
2010/01/12 23:13
水無月・Rさん こんにちは。
かなわぬ恋心を書かせたら宮木さんはうまいのではないか!?と思った作品でした。
やりきれないなぁと思いつつ、喧子がなんだかんだと高子の世話をやいたり気にしたりしたりするのが救われました。
たかこ
2010/01/20 12:10
たかこさん、ありがとうございます(^^)。
喧子と高子の関係、なんかいいですよね〜。
主上の前を下がってのちの、あっけらかんとした友情、なんですかね♪
空間的にも時代背景的にも閉塞されたままならぬ想い、とても美しい物語でしたね!
水無月・R
2010/01/20 22:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
『泥(こひ)ぞつもりて』/宮木あや子 ○ 蒼のほとりで書に溺れ。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる