蒼のほとりで書に溺れ。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『廃墟建築士』/三崎亜記 ○

<<   作成日時 : 2009/05/13 22:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 10

・・・相変わらず、水無月・R内「設定ノートが見てみたい作家さん」ナンバー1な、三崎亜記さんです。
「廃墟」が「文化の尺度」になるというのは、どういう世界・・・?作品中で滔々と説明されることが、全然理解出来なくて、脳内をするすると通り抜けてしまって。
作品タイトルだというのに、解らなかったのです『廃墟建築士』。自分の読解力に、自信がなくなってきました・・・。

4つの物語のメインに置かれるのが「建物」というのが、なかなかに目新しいなぁと思います。それぞれ、全く違った方向性で建築物が重要な役目を果たして、物語が進行してゆく。考えてもみなかった展開で、驚きます。
「七階闘争」
七階で犯罪が起こる比率が高いから、七階を撤去する。七階に住む人々の、七階のための闘争の行方は。
「廃墟建築士」
廃墟が文化の尺度となる世界で、国土の狭い日本で起こった偽装廃墟問題。そして廃墟建築士のプライド。
「図書館」
かつて野生であり、本を従えて飛翔していた「本を統べるもの」。その野生を解き放つ者。
「蔵守」
有史以前から、各地に点在する「蔵」。その蔵が自我を持ち、存在する。蔵を護る人間である蔵守がいる。蔵の真実とは。

「七階闘争」のそれぞれの「七階撤去」への温度差が、あまりにも大きいのに、驚かされる。だいたい「七階で犯罪発生率が高い」というのも、何だか眉唾というかこじつけ気味で、無理やり「撤去」という方針をこじつけた行政側、七階に思い入れのない七階居住者、七階を排除せよと加熱する市民、無関心な人々、七階を守ろうと闘う人々、同じ町に住む市民だというのに、全く違うのだ。
新しい建築物に「すべてが七階である意識」を刷り込めるとか、ある日突然七階がなくなって、住んでた人もどこへ行ったのやら、とか、非常に不条理でしたねぇ・・・。

「廃墟建築士」に関しては、廃墟として建築物を最初から建てるという、そのコンセプトが「ケチ」な私には全く理解できませんでした・・・。建築物へのプライドというのかな〜、そう言うのは、良かったと思うんですけどね。

「蔵守」は、蔵の自我と蔵守の自我が交互に描かれるのが、興味深かったです。同じ場面で、蔵という建築物と人間が感じることの、微妙な違いとシンクロ。そして、訪れる略奪の瞬間。驚くべき略奪の真実と、そのむなしさ。
なんだか物悲しい物語でした。

本読みな者にとって「図書館」は、とても心惹かれる1篇。「飛翔する本」というのは、『本からはじまる物語』にもありましたね。三崎さんの作品はもちろん、他にも。本というのは「静」なのに大胆に「羽ばたきという動」のイメージをを秘めてるなぁ〜、なんて感傷的なことを考えてしまいました。
野生を秘め、飛翔する本。ジャンルによって飛び方の違う本たちを、完全に制御することは、できない。無理をすれば、手痛いしっぺ返しにあうのだ。
かつて「本を統べるもの」として、世界で覇を競い合っていた存在たちは、乱獲にあい絶滅の危機を迎える。それらを保護するために、地につなぎ留めたのが「図書館」。飼い馴らされたその存在は、夜中に野生を取り戻す。その光景を夜間公開するために、調教師が訪れる。あれ、この人昔別の作品に出てたような・・・。「動物園」で「動物」の姿を見せる能力の女性・・・。記憶はあるけど、記録がないってことは多分『バスジャック』「となり町戦争」じゃないかと思います。
つつがなく終わった夜間公開は、策略により延長され、そこで暴走を始める。その混乱を収めた、調教師の会社の社長の、圧倒的な能力・・・。これは物語性が高いですね。いつか、この社長の物語が描かれたらいいなと思います。社長自身は、冷静すぎるというか、変に人間性が欠けてる感があるので、この作品の調教師の女性を通して・・・とか。

なんだか散漫な感想になってしまいました・・・・。
どうも、納得できなくてなぁ・・・。
いや、物語としては美しいんだけど。
ど〜も、世界観が理解出来ない・・・。でも、評価は○です。

(2009.05.13 読了)

廃墟建築士
楽天ブックス
著者:三崎亜記出版社:集英社サイズ:単行本ページ数:221p発行年月:2009年01月この著者の新着


楽天市場 by ウェブリブログ



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
廃墟建築士(三崎亜記)
短編・・・いや、中編集かな。 4編が4編とも、あいかわらずの「三崎ワールド」全開な作品でした。いや〜こういう設定を考えつく三崎さんの頭の中を、本気で覗いてみたいと思いましたです(笑) ...続きを見る
Bookworm
2009/05/16 06:29
廃墟建築士 三崎亜記 集英社
廃墟は好きです。積極的に廃墟めぐりをしたりは しませんが、今にも崩れそうな家や建物はとても 気になります。廃墟も色々ありますが、私は、 そこにかって住んでいた人や店の気配を包み込んだまま、 建築物がたそがれていくのが好きですね。 廃墟は、私たちの認識では、自然発生というか、積極的に 作るものではない。その常識を、くるっとひっくり返してみる ところに、三崎さんのセンスを感じます。 ...続きを見る
おいしい本箱Diary
2009/05/20 00:36
【廃墟建築士】 三崎亜記 著
廃墟を新築する!?三崎ワールド、初トライです  まずは来訪記念のポチッ[:ひらめき:] [:next:] blogRanking[:右斜め上:] 【あらすじ】ありえないことなど、ありえない。不思議なことも不思議じゃなくなる、この日常世界へようこそ。七階を撤去する。廃墟を新築する。図書館に野性がある。蔵に意識がある。ちょっと不思議な建物をめぐる奇妙な事件たち。現実と非現実が同居する4編収録の最新作。 七階闘争 廃墟建築士 図書館 蔵守不思議な世界ですね。よくこんな発想ができるものだかつて「彼ら」は... ...続きを見る
じゅずじの旦那
2009/07/15 22:45
『廃墟建築士』 三崎亜記
タイトルからして不思議なものを発している。廃墟を建築する人、その字面から想像するにゴミを進んで作り出す人、意味の無いもの必要とされないものをわざわざ作り出すという仕事を生業とする人が最初、浮かび上がった。 本書に収められた4編はどれも廃れて世間から見放されかけた、いわば廃棄物化直前の建物にまつわる守り人たちの熱い物語である。熱いといってもラブロマンスがあるでも人情仁義に溢れたものではない。 ただそれら建築物にはその存続を願う者がいなくなり、それらの存在を守る者がいなくなれば即取... ...続きを見る
■空蝉草紙■
2009/09/22 18:23
廃墟建築士 / 三崎亜記
うぎゃぎゃ、面白かった〜!タイトルの廃墟建築士ってどういうこと?普通は、建築物が廃墟になるから、廃墟は建築するものではないと思うけど…。と、しょっぱなから謎、ナゾ、なぞ!に包まれていた。 全四編。 ...続きを見る
たかこの記憶領域
2009/12/16 11:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
三崎ワールド全開な作品ばかりでしたね。設定を理解するまでは、戸惑いながらの読書になってしまいます〜^^;

やっぱり「図書館」が一番好きでした!夜中に飛翔する本達にワクワク♪しましたね〜。
そうそう!登場する女の人は「バスジャック」の中の短編に登場した人と同じじゃないかな、と私も思いました。タイトルはまさに「動物園」だったと思います。
すずな
2009/05/16 06:38
すずなさん、ありがとうございます(^^)。
ああ!やっぱりそうですよね。何とタイトルが「動物園」・・・。
三崎さんて、結構ストレートなタイトルが多いですよね。なのになんでこんなに世界観が、ムズカシイんでしょうねぇ(^_^;)。
でも、心惹かれる物語です。
そのうち『鼓笛隊の襲来』も読みたいです〜♪
水無月・R
2009/05/16 22:05
こんばんは♪TBをお返しするのが遅くなってごめんなさい。
「廃墟建築士」は、観念的な小説でしたねえ。
滅びていくものを作る・・。一見無駄のような感じですが、滅びていくものに「美」を感じることが出来るのは人間だけのような気がします。人間だけが、意識の中に過去を持っているからなのかなあ・・と思ったり。
三崎さんの小説の、こういう思いがけなさが、好きです。
ERI
2009/05/20 00:42
ERIさん、ありがとうございます(^^)。
「滅びの美」・・・なんですね。いや〜人間浅くて「どケチ」な私には・・・(笑)。
どの物語も「建築物」が生きていましたね。ちゃんと息をしているという感じが、静かに伝わってきて、ドキドキしました。
水無月・R
2009/05/20 22:24
はっきり言って、ずっと戸惑いっぱなしでした。
「図書館」は好きです。
幻想的な世界と、人間のいやらしい部分と、うまく現されていたように思います。
じゅずじ
2009/07/15 22:50
じゅずじさん、ありがとうございます(^^)。
「廃墟建築士」も「七階闘争」もいまいち理解出来なかったので、お仲間がいて嬉しいです(笑)。
「図書館」の本が飛び交う幻想的風景は、素晴らしいですよね。私の読んだ事のある本たちは、どんな飛び方をするのかしらん・・・と妄想を広げてしまいました。
水無月・R
2009/07/15 22:55
こんばんは、なんだかお久しぶりですね。もう、仕事と体調の板挟みで何にも手がつかない状態で・・・それでも本だけは手放せない。職場の隣の図書館にも通う。だからこの本の図書館の話は文句なしに好きです(笑)
全然関係はないんですが「書物狩人」っていう本を思い出しました。本に人生を捧げきってみたいな〜とも思ってみたり(*^_^*)
さて、久しぶりに拝見したらなんだか少し、文体が変わりました?でも相変わらず読みやすく的確な書評でトラバしてもらえるのがうれしいです♪ ということでトラバお返ししました〜
空蝉
2009/09/22 18:28
空蝉さん、ありがとうございます(^^)。
図書館の物語は、よかったですよね〜♪
私も、ホント書物に溺れる日々を送りたいものです(T_T)。

文体・・・変わってますか?
本人全然意識してませんでした・・・。ここのところ、かなり記憶を頼りに記事を作ってるので、力技になってる部分があるのかもしれません・・・。
ちなみに、『厭な小説』は・・・厭ですよぅ〜、ホント(笑)。
水無月・R
2009/09/23 23:30
ありえないようなありえなくないような設定でしたね。
廃墟なんて、真面目に論争するものなのかなぁ、とその世界観にぷっと笑いそうになりました。
これに関しては、何の疑問も持たずに身をゆだねて読む方が良いようですね。

図書館がやっぱり良かったですね。野生を秘めた本たち。本当にわくわくします。
「動物園」ぜひ、読んでみないといけませんね。
たかこ
2009/12/16 12:01
たかこさん、ありがとうございます(^^)。
野性を秘めて、飛翔する本たち。非常に幻想的で美しい光景に違いないですね!
三崎さんの作品は、緻密に組み上げられている世界観の全体像が見えないので、私的には「どうなってるの〜??」と戸惑うんですが、それでも非常に心惹かれます。
「動物園」は、なかなか深い物語ですよ♪
水無月・R
2009/12/16 23:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
『廃墟建築士』/三崎亜記 ○ 蒼のほとりで書に溺れ。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる