蒼のほとりで書に溺れ。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ハナシがはずむ! 笑酔亭梅寿謎解噺3』/田中啓文 ◎

<<   作成日時 : 2009/11/04 23:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

N市図書館にて、「今日は何を借りようかな〜」と書棚の前をフラフラしていて「おお〜、梅寿師匠があったじゃ〜ん」と手にとって表紙を見た途端、吹いた。
なんですかこれは!!(笑)
笑酔亭梅駆こと竜二のアタマ、アタマが・・・!トサカ頭なのはそのままだけど、キンキラキンに金色ッ!!!
すごいよねぇ〜。すごすぎる・・・(笑)。

『笑酔亭梅寿謎解噺』『ハナシにならん!笑酔亭梅寿謎解噺2』に続く第3巻。田中啓文さんの『ハナシがはずむ! 笑酔亭梅寿謎解噺3』は、相変わらずの関西ノリが炸裂してて、水無月・R笑い転げさせていただきました。
必ず竜二が師匠に酷い目にあわされるという、黄金ルール(笑)。
どうしてそんなにバイオレンスなんだろう梅寿師匠(^_^;)。
そして主人公は竜二なのに、タイトルは『笑酔亭梅寿〜』。しかも謎解き部分はかなり軽くなってます。
ひたすら、どつき倒されたり、とんでもない大事件に巻き込まれてフルボッコにされたり、あちこちから蔭口や正面切っての非難を浴びたりと、ホンット〜に、酷い目に会ってますよ。トホホ過ぎてカワイソウ過ぎて・・・ついつい見守り母目線になって(笑って)しまうのでありました。

竜二が戻ってきた、梅寿の個人事務所「プラムスター」。だが、仕事がない・・・(-_-;)。なのに皆が敬遠する小学校の「芸術観賞会」。行ってみればそこは、「動物園」さながらの無法地帯であった。しかも、そこから事件は広がってゆき、竜二は落語の真髄を「給食のおばちゃん」から学ぶのであった。
「聞き違い」から激しく仲たがいした2人の落語家の仲を謎解きして取り持つ「日和ちがい」
竜二が大女優・吉原あかりのドラマに出て、芝居の間の呼吸を学ぶ「あくびの稽古」
ドラマ出演がきっかけで、落語に気が乗らなくなり、映画のスカウトを受け(その話はポシャ)る「蛸芝居」
師匠に〈ドサ回り〉にだされた竜二が、老練な芸人たちに知らず知らずに稽古をつけられる「浮れの屑選り」
見習いの内弟子なのに、何故か江戸時代から続く大名跡「星の屋柿鐘」を襲名しろと師匠に強制され、あちこちから非難ごうごう、身の回りは超常現象が続く「佐々木裁き」
「星の屋柿鐘」襲名が東西対決になった「はてなの茶碗」
師匠がぶっ倒れ、跡継ぎ騒動で何故か指名された竜二。師弟愛炸裂(??)の「くやみ」

どれをとっても、とんでもなく、大変な出来事である。普通の人なら、多分ゼイゼイ言って、へたり込んでしまうような状況(ホント酷い目に会いまくりすぎ)でも、竜二は「くそ!何してけつかんねん!」と歯を食いしばって乗り越える。TVだ芝居だ映画だ、笑酔亭じゃなくて別の名跡襲名だ、師匠の危篤だ、怒涛の事件連発。
事件が起こるたびに、手ひどくやられまくる竜二だけど、その中から「落語の真髄」を学びとり、自分のものにしてゆく。
その強さが、すばらしい。迷っても、揺れ動いても、それでも最後には笑酔亭一門のところに成長して戻ってくる。
非常にさわやかな、成長物語・・・のはずなんだけどなあ(笑)。
とにかく、師匠に云い間違いボケ+竜二の内心ツッコミがスンバラシ過ぎて。
師匠は、前作群に勝る猛烈なバイオレンスぶりを発揮するし(実際こんなジジイがいたらとても困るが(^_^;))。

なんだかんだ言っても、落語が好きな竜二。そこへ戻ってくるまで、あちこち迷ってるのも若さかな。迷いながら、ちゃんと成長してるんだから、いいんだよ、ね!
しかし、ホント師匠はムチャ振りだなぁ〜!(^^)! 竜二のドサ回り然り、「星の屋柿鐘」襲名騒動然り、後継指名事件(兄弟子の聞き間違い?)然り、めちゃくちゃすぎる。
しかも、全部計算の上なのか?!という気までしてくるほど、竜二の成長にうま〜く噛み合わさってくるという。師弟愛なのよね?!とウッカリ思ってしまいそうでした(笑)。
いや・・・でも、梅寿師匠はきっと、素でやりたい放題やってるんだと思うな。うん、そうであってほしいな♪

(2009.11.02 読了)

ハナシがはずむ!
楽天ブックス
笑酔亭梅寿謎解噺3 著者:田中啓文出版社:集英社サイズ:単行本ページ数:350p発行年月:2008年


楽天市場 by ウェブリブログ



水無月・Rの『笑酔亭梅寿謎解噺』シリーズ記事
『笑酔亭梅寿謎解噺』 
『ハナシにならん! 笑酔亭梅寿謎解噺2』 
『ハナシがはずむ! 笑酔亭梅寿謎解噺3』(本稿)
『ハナシがうごく! 笑酔亭梅寿謎解噺4』 
『ハナシはつきぬ! 笑酔亭梅寿謎解噺5』

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ハナシがはずむ!笑酔亭梅寿謎解噺3(田中啓文)
シリーズ3作目。 ...続きを見る
Bookworm
2009/11/07 14:35
ハナシがはずむ!‐笑酔亭梅寿謎解噺3 〔田中 啓文〕
ハナシがはずむ!―笑酔亭梅寿謎解噺3田中 啓文集英社 2008-05売り上げランキング : 135134おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 世紀の襲名対決! 青春落語ミステリー第3弾 東京vs大阪、世紀の大名跡を賭けた襲名対決に、師匠の梅寿が危篤で更なる跡.... ...続きを見る
まったり読書日記
2009/11/11 21:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
相変わらず笑わせてもらいましたよねぇ。でも、その分なのかミステリ色はどんどん減ってますけど(笑)
竜二がこれからどんな困難や師匠の愛(?)に立ち向かわなくてはならないのか。そして、それをどう乗り越えていくのか。楽しみでもあり、ちょっと不安もありです。…楽しみの方が多いですけど(笑)
すずな
2009/11/07 14:43
すずなさん、ありがとうございます(^^)。
梅寿師匠のねじくれた愛は・・・読んでる方はいいけど、むけられる方は、とっても大変ですよね〜♪
竜二を鍛え上げるために、様々な試練を与え・・・なんのRPG(笑)?!
これからも、梅寿師匠に酷い目にあわされつつも、精進していってほしいですね(^_^;)。
水無月・R
2009/11/07 22:55
師匠は計算なんてしてないでしょうねぇ〜とことん自分の感性の赴くままに突き進んでると私も思います。けど、弟子に対する愛情もたっぷりあるんで憎めない。そんな梅寿師匠には変わらず、お元気でいてほしいものです!
エビノート
2009/11/18 20:54
エビノートさん、ありがとうございます(^^)。
やっぱり・・・してませんよね(笑)。
素で、バイオレンスでムチャぶり・・・竜二、ガンバレ(^_^;)。
梅寿師匠にはこれからも、びしばし竜二を酷い目に合わせつつ、成長させてほしいです♪
続巻、出ないかなぁ〜。
水無月・R
2009/11/18 23:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ハナシがはずむ! 笑酔亭梅寿謎解噺3』/田中啓文 ◎ 蒼のほとりで書に溺れ。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる