蒼のほとりで書に溺れ。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『片耳うさぎ』/大崎梢 ○

<<   作成日時 : 2009/12/16 22:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 9

異様なまでに大きなお屋敷に、一家で居候することになった小学生・奈都。奈都のクラスメートのお姉さん・さゆりと共に屋敷を探索したあと、片耳を切り取られたウサギのぬいぐるみが、部屋に紛れ込んでいた。蔵波家の屋敷には言い伝えがある。「片耳うさぎには気をつけろ。屋敷に入れると、人が死ぬ」という・・・。
大崎梢さんは、初読みです。旧家に伝わる言い伝えを上手く取り入れて、小学生の目線で謎を解いていく『片耳うさぎ』、なかなかに面白かったです、はい。

最初、あまりに奈都がおびえるんで、大きなお屋敷にホントに一人取り残されるのかと思いました。さすがに違うんですよね。祖父・大伯母・伯父一家もいるんだけど、屋敷はとにかく古くて広くて、都会っ子だった奈都にはとても恐い状況。
そこへ救世主のように現れた、さゆり。当初の話ではさゆりのところに泊めてもらうはずが、あれよあれよと「古いお屋敷フェチ」なさゆりと周りに流されて、さゆりが泊まりに来ることに。
さゆりの勢いに流されて、夜中に隠し階段を探して屋根裏にあがったり、そこで誰かと行き違ったり、そこはかとない脅迫を受けたり。
奈都から三代さかのぼったひいお祖父さんの時代の、お祝いの席での死亡事件の真相、大伯母さんがなぜ奈都にきつく当たるのか、弱者であるはずのウサギが祟る言い伝え、結構ミステリーなところもありましたが、私的には「奈都の成長」に注目!でしたね。古いお屋敷にビビってしまったり、言いたいこともあんまり言えないような弱気な女の子だったのが、必要なところでは「ビシッ!」といえる芯のある子に成長しましたよ、なっちゃん。

言い伝えは結構おどろおどろしいんだけど、三代前の事件の真実はそんなにドロドロしたものじゃなかったこと、そして今回の結末は明るい物になったこと、読後感は結構さっぱりしてましたね。
ただ・・・。「一体あの人は誰なの?!」という展開になるのが、なんだか大分終わりの方で、それに関するドキドキはあまりなかったなぁ。私的には、その謎はもうちょっと早目に出して、ドキドキハラハラな展開、そして分かった真実に皆が感激して大団円、ていうのがいいなぁ。さゆりの正体、なんだか取ってつけたような感じになっちゃったしね。雪子伯母さん(ホントは大伯母)の出生の秘密は、割と早いうちに見当がついちゃったし・・・。
あ、でもね。伏線をきっちり回収して、ちゃんと収束する展開は、非常にうまく出来てる!と思いました。
それから、巻頭にあるお屋敷の見取り図。・・・コレないと、迷うね(笑)。私、指挟んで、ずっと参照してましたもん。
大変お役立ちでした。

小学校高学年〜中学生ぐらいの子に読んでもらいたい作品ですね。女の子だけじゃなく、男の子も(表紙イラストや題名的に、そう簡単には手に取ってもらえそうにないけど)。なんて言うんだろう、冒険しながら、いろんなことを考えて変わってゆく主人公・奈都に、共感してもらえるような気がするので。

(2009.12.16 読了)

片耳うさぎ
楽天ブックス
著者:大崎梢出版社:光文社サイズ:単行本ページ数:282p発行年月:2007年08月この著者の新着メ


楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
片耳うさぎ 大崎梢
片耳うさぎ オススメ! あっちもこっちも謎だらけだけど、私、思うのよ。これら全部がすべてきれいにつながる瞬間があるんじゃないかって。 蔵波奈都は小学六年生。 引っ越してきた父の実家は、古くて大きなお屋敷で、どうしても馴染めない。 父は音信不通、母は祖母の.... ...続きを見る
苗坊の徒然日記
2009/12/17 00:22
「片耳うさぎ」大崎梢
片耳うさぎ ...続きを見る
本のある生活
2009/12/17 18:32
片耳うさぎ 〔大崎 梢〕
片耳うさぎ大崎 梢光文社 2007-08売り上げランキング : 23213おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 奈都は小学校6年生。 引っ越してきた父の実家は、古くて大きなお屋敷で、しかも不吉な言い伝えがあるという。 弱った奈都が頼ったのは、ひとりの謎め... ...続きを見る
まったり読書日記
2009/12/19 20:52
片耳うさぎ(大崎梢)
「成風堂書店シリーズ」でハマッタ大崎さんの長編。やっと読めました〜。 ...続きを見る
Bookworm
2009/12/20 07:56
片耳うさぎ
 大崎 梢 2009 光文社文庫 主人公は小学校6年生の奈都。大人の世知辛い事情により、父親の実家に母親と二人で身を寄せている。そこは昔ながらの大邸宅。もとは庄屋だった、地元の名士のお屋敷だ。親戚はよそよそしく、ただでさえ馴染めなくてつらいのに、母親まで留守することになったところから、なっちゃんの苦悩の日々が始まる。あんなにだだっ広くて、なんだか怖いお屋敷で、一人で夜をどうやって過ごすのか? これもいろんな人のブログで見つけた本だと思う。大崎さんはもういいかな?と思っていたけれど、小さな女の子が... ...続きを見る
香桑の読書室
2010/03/20 22:30

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんわ^^カキコありがとうございました。
大崎さん初読だったのですね。
最初はどうなるのかと思いましたが、過去の話だったり、奈都の成長過程も楽しめた気がします。
確かに最後はあっさりしていましたが。
でも、最後は前向きで良いですね^^
大崎作品は「成風堂」シリーズがオススメです。
本屋さんが舞台の話です。
機会がありましたら是非、読んでみてください^^
苗坊
2009/12/17 00:25
私もこれ、小学校高学年から中学生くらいの子に読んでほしいなって思いました。奈都が冒険をしながら成長していく過程がよかったし、ミステリー部分もそれなりに楽しめるし、読後感がいいのもよかったです。
june
2009/12/17 18:32
>苗坊さん。
なかなか話が進まないので、アレレ・・・?だったんですが、でも終わり方はほのぼのしてて良かったですね♪

大崎さんの「成風堂」シリーズ、読んでみたくなりました。あちこちの読書ブロガーさんがお勧めしてますよね〜。
読みたい本リストがまた長くなる罠(笑)。

>juneさん。
ウチの小4男子に「読む?」って聞いてみましたが、「読まん!」と即答されてしまいました(T_T)。
考えて行動して、成長してゆく姿が、清々しくて良いですよね!
水無月・R
2009/12/17 22:38
大人でも見取り図なしでは迷っちゃいそうな広いお屋敷では、心細いのもわかりますね。でも、探検もしてみたいです!隠し部屋や屋根裏も全部コンプリートして、完全版の見取り図を作成するのも楽しそう!
エビノート
2009/12/19 21:00
エビノートさん、ありがとうございます(^^)。
そうなんですよね、見取り図があるとどんな風なんだろう・・・面白そう!と思っちゃいますよね。
もう片耳うさぎの伝説も、良い方へとつながってたことですし(#^.^#)。

水無月・R
2009/12/19 23:59
もうちょっとドロドロかと思いながら読んだんですが、最後はかなりアッサリ目でしたねぇ。ちょっと物足りなさも感じてしまったり・・・。
でも、これは子供に読んで欲しい作品ですね!

苗坊さんも書かれてますが、大崎さんなら「成風堂」シリーズが私もオススメです!
すずな
2009/12/20 07:59
すずなさん、ありがとうございます(^^)。
ちょっと肩すかしでしたねぇ(笑)。
ローティーン達に読んで共感して、出来たら色々思ってほしいですね。

すずなさんも「成風堂」シリーズお勧めなんですね。これは是非、図書館の予約を入れなくては!
水無月・R
2009/12/20 22:58
こんばんは。
主人公と同じ年頃の人に読んでもらいたくなりますね。
慣れない親戚と過ごす居心地の悪さや、大丈夫じゃないのに大丈夫と言わずにいられない時の心細さ。
奈都の心理描写が丁寧で、成長が嬉しくなりました。
ミステリとしてはうーむむむなのですが、一週間にも満たない時間で家族が変わったとしたらすごいことです。
香桑
2010/03/20 22:51
香桑さん、ありがとうございます(^^)。
そうですね〜、うちの息子は読んでくれなかったけど(^_^;)、ぜひに読んでほしいですよね。
なっちゃんが、色んなことを考えて成長していった姿が、清々しかったです。
水無月・R
2010/03/20 23:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
『片耳うさぎ』/大崎梢 ○ 蒼のほとりで書に溺れ。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる