蒼のほとりで書に溺れ。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『野良女』/宮木あや子 ○

<<   作成日時 : 2009/12/23 23:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 8

あ・れ・・・?えぇ〜〜??あの〜、宮木あや子、さん・・・??
なんか、全然違うんですけど。あの、ままならぬ想いを描かせたら天下一品、切なさ溢るる、美しい物語はどこへ・・・?
まあタイトルが『野良女』で表紙がアレって時点で、すでに方向性が違うという気はしてましたが・・・全然違う方向だなぁ。

いや、物語としては、げらげら笑っちゃう方向で、嫌いではないんですがね〜。
ただし、かなりお下劣傾向というかなんというか、その辺は気になるけど。アラサー女子って、そんなにアノ手の話ばっかりしてるんですか?そんなことないよねぇ?!私はアラフォー世代なんで、もしかして世代ギャップなのかもしれないけどさ・・・。

5人のアラサー女子が恋愛中心、仕事や病気やいろんな事情にもまれながらも力強く生きていく物語、って事でまとまっちゃう感じです。皆ぶっちゃけ過ぎな気がしますな。
しかも、5人のキャラのたち方が中途半端で、途中でわけが判んなくなってしまう。
最初別々の友人関係だったのが、共通の友人が判明して、5人が1つのグループになるってのはいいし、割と無理のない展開だったんだけど。

読んでる最中は、げらげら笑ってたんだけど、感想が難しいなぁ。アラサーじゃないし、独身じゃないし、仕事してないからかしらん。共感は、あんまりしない。
2年間彼氏ナシの鑓水28歳、年上男と付き合ってる社長令嬢の朝日30歳、遠距離恋愛ばかりしてる結婚願望の強い壷井28歳、髪切ったらヲタ男にコスプレ頼まれるようになっちゃった桶川29歳、不倫男からもらった薬が未認可だった横山28歳。
5人は、それぞれ仕事が割と出来る。割と美人で(朝日は超絶美人)、恋愛(男)もそんなに不自由していない。不倫だったり、DQN男に殴られたり、色々してるけど、そんなに悲壮感がない。

彼女らが悩みつつも、開き直って行動する姿は、結構清々しいと思う。いろんなことがあっても、前向き。女5人でかしましく、「女子クリスマスディナー」を焼き肉屋で開催し、そこでいろんな告白や暴露があって、彼女たちの友情は深まっていく。なんだかそういうところは、羨ましい気がするな。お互いを思いやる気持ちが上っ面じゃなくて、辛辣だけど本当に真剣に思っているところは、とても素敵だ。一人一人、それぞれが強いんだなぁ。自分にきちんと自信があって、だからこそ、一本芯一の通った行動ができる。

ただ・・・やっぱり願わくば、宮木さんには「ままならぬ切ない系」の物語を書いてほしいな・・・と思います。
ここまでぶっちゃけ過ぎな物語は、面白いけどあまり残らないので・・・。

(2009.12.22 読了)

野良女
楽天ブックス
宮木あや子光文社この著者の新着メールを登録する発行年月:2009年07月登録情報サイズ:単行本ページ


楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
野良女 〔宮木 あや子〕
野良女光文社 2009-07-18売り上げランキング : 26032おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 幸せになるまで死ねません! 恋も仕事も夢見る少女じゃいられないアラサー女子の、心の叫びがこだまする! 笑って泣いて仲間と飲んで、明日もがんばる痛快作。 (... ...続きを見る
まったり読書日記
2009/12/26 20:25
野良女(宮木あや子)
初読み作家さん。いくつかのいきつけ読書ブログ様で見かけることが増えて、ちょっと気になっていた作家さんでした。たまたま図書館の新刊コーナーで遭遇したので手に取ってみたのです。・・・がっ!なんだか、今までのと作風が変わってるんじゃないのかな;;;タイトルからしてちょっと違うような・・・とは思ってたんだけどねぇ。うーん。 ...続きを見る
Bookworm
2009/12/31 06:49
野良女
宮木あや子 2012 光文社文庫 恋愛始めるのも、終わらせるのも体力いるよね。(p.224) ほんまにだ。なんだろう。ほろ苦い気持ちになった。それは、私から見れば彼女たちが、まだまだ十分に若くて、むしろ楽しいのはこれからなんだよって思ってしまったからだろうか。 30歳を目前にした独身女性が5人。恋人が最近いない遣水、恋人は一回り以上年上の朝日、遠距離恋愛中の坪井、DV男とつきあう桶川、不倫中の横山 ...続きを見る
香桑の読書室
2013/03/06 10:14
野良女 宮木あや子
野良女著者:宮木 あや子光文社(2009-07-18)販売元:Amazon.co.jp 恋だ!仕事だ!婚活だ!彼氏いない歴二年の鑓水。年上社長と同棲中の朝日。遠距離恋愛に焦る壺井。DV男にハマる桶川。果てな ... ...続きを見る
苗坊の徒然日記
2013/06/13 20:47

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
アラサー女子で独身ですが、会話の大部分に付いて行けず…でした( ̄▽ ̄〃)なんでも話せる女友達がいるって点では、ちょっとうらやましくもありますが(笑)
宮木さんってこういうのも書けるのねと意外な発見もありましたが、宮木さんじゃなきゃ描けない作品の世界を期待したいですね!
エビノート
2009/12/26 20:38
エビノートさん、こんばんは(^^)。
あ〜よかった、こういうアラサーは特殊例なんですね(^_^;)。
友情の確かさは、いい感じでしたよね。私も、うらやましかったです。
宮木さんの描く「とらわれた想い」の世界、また読みたいですね♪
水無月・R
2009/12/26 22:24
あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします!

…と、年末のバタバタに取り紛れてコメントをしそびれたあげく、新年のご挨拶もすっかり遅くなってしまいました。すみませんm(__)m

思わず笑っちゃうアラサー女のお話でしたが、それだけって感じで^^;;;
この著者の他作品をため込んでいるので、早く手をつけたいと思っています。読んだら、こちらにもお伺いしますね〜。
すずな
2010/01/09 12:55
すずなさん、明けましておめでとうございます。こちらこそ、よろしくお願いします!

いえいえ、お気になさらず〜♪今年も、楽しく本の話をさせてくださいね(*^^)v

『野良女』、とんでもない「野良」っぷりでしたねぇ(笑)。
他の作品は、切ない系で素晴らしくいいので、ぜひお読みくださいね。いらしていただけるのを、楽しみにしています。
水無月・R
2010/01/09 22:10
水無月・Rさん、ご無沙汰しています(^^;;
そうなんですよー。読んでいる間は笑っていたのに、閉じると感想を述べるのが難しいんですよね。
私も読んでいる最中に、これ誰だっけ?と混乱してしまいました…。
この本、なんとなく過渡期のようなイメージです。
香桑
2013/03/06 11:58
香桑さん、ありがとうございます(^^)。
そうですね〜、『憧憬☆カトマンズ』レベルまでぶっちぎる過渡期なのかもしれないですね♪
そういう意味で、貴重な作品なのかも(笑)。
悩んでるけど、真剣に前向きに進んでく彼女たちは、素敵だと思いました。やっぱりちょっと、ぶっちゃけ過ぎだとは思いますけど(^_^;)。
水無月・R
2013/03/06 12:14
こんばんは。私もようやく読みました。
私はアラサーですけど、ここまであけすけな会話をしたことがありません^^;
こんなにアラサーって肉食なものなのかと思いました。
私も切ない感じの作品の方が好きです…
苗坊
2013/06/13 21:40
苗坊さん、ありがとうございます(^^)。
自分がアラサーだったころ、全然肉食じゃなかったので(笑)、ジェネレーションギャップかしらねぇ・・と思ってたんですが、そういうわけじゃないんですね(^_^;)。ヨカッタヨカッタ。

ちょっとこの作品はやっちゃったなぁ感がスゴイんですけど、もうちょっとマイルドになった最近の笑える系の作品は、結構好きです。
切ない系はもちろんですけどね♪
水無月・R
2013/06/13 22:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
『野良女』/宮木あや子 ○ 蒼のほとりで書に溺れ。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる