蒼のほとりで書に溺れ。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『宵山万華鏡』/森見登美彦 ○

<<   作成日時 : 2010/03/23 21:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 30 / トラックバック 8 / コメント 12

京都のお祭り「宵山」の日、幼い姉妹はそれぞれの冒険をし、おバカな「偽祇園祭」は計画&実行され、ある人はひたすら宵山の日を繰り返し、別世界に「宵山様」が存在し・・・。
森見登美彦さんが描く、不思議なファンタジーワールドは自在に姿を変え、伸び縮みし、何かを飲み込んだり、放出したりしている。
うわぁ〜、世界の外側にあるはずの『宵山万華鏡』を覗いてみたら、こんな世界が広がっていて、いつの間にか自分も万華鏡の中にとらえられてしまっていた・・・てことになりそうだ。

2つずつ組になる物語が3組、それぞれにリンクしながら、いつ間にかズレている。あ〜、この感じは同じモリミーの『きつねのはなし』に似てるような気がする・・・。そしてまた、〈京都〉から弾かれた疎外感が、ちょっと。ううう、〈京都〉ってホントなんていうか、いけずさんだなぁ(泣)。
いつもの「モリミーが大好きだぁ!」という手放しの、萌え全開ってわけにはいかないのが、本作。

「宵山姉妹」
バレエ教室の帰り、宵山で姉とはぐれた妹は、赤い浴衣を着た女の子達と一緒に宵山を巡る。
「宵山金魚」
「超金魚」を育て上げた友人・乙川に宵山を案内してもらうはずが、祇園祭司令部に捕まって連れまわされる。
「宵山劇場」
偽祇園祭。あふれかえる妄想と、それを実現させる為に東奔西走する若者たち。
「宵山回廊」
十五年前、従妹は宵山で失踪した。叔父は今年の宵山を何度も繰り返しており、そこで失踪した時の姿のままの娘を見たという。
「宵山迷宮」
骨董屋から探して返してほしいといわれている水晶玉、繰り返す宵山。
「宵山万華鏡」
バレエ教室帰りの姉妹の姉の方は、大坊主や舞妓と共に宵山を巡り歩き、「宵山様」にの元に辿り着く。妹が「ひかれ」そうになるのを、懸命に取り戻す。

私は、モリミーの作品によく出てくる〈腐れ大学生〉が、好きである。阿呆で意味のないことに一生懸命で、トホホなあの人たちが出てくれば、諸手を挙げて大喜びしてしまう。
「宵山金魚」と「宵山劇場」で、その壮大に阿呆な妄想の実現化に惚れぼれし、山田川さんの妄想力には鼻血が出そうになりました(笑)。そして、山田川さんのあふれる妄想を実現化する為に、意地になって己の調達力に無駄に加速をかける小長井のトホホ加減がもう、スンバラシく萌え♪
ええ、本作で水無月・Rの心をとらえたのは、小長井ですわ!トホホなのに、物資調達・妄想実現力に長け、山田川さんや丸尾ともやりあえる弁舌(ただしいつも負ける)、白塗り高藪さんを慰める心優しさも持っていて、なかなかに・・・いい奴じゃありませんか。

しかし、奥州斎川孫太郎虫・・・。蜻蛉の仲間で、漢方薬として子供の疳の虫に効く・・・って、ウィキペディアで調べちゃったよ(^_^;)。酒の肴として黒焼きにした食べることもあるそうですが・・・ちょっと勘弁してほしいです。いや、ありなんだけど・・・個人的に、嫌です。
それをバリバリ食べさせられた高藪さんて、哀れだ・・・。

トホホ炸裂、愛と笑いとツッコミどころ満載な「宵山金魚」「宵山劇場」から一転して、宵山の1日を繰り返す「宵山回廊」と「宵山迷宮」は、やや色合いの違う、センチメタルなものになっていました。
同じ1日を繰り返し続ける、って言うと、恒川光太郎さんの 『秋の牢獄』を思い出しますね。
過去に見失った娘を、繰り返す宵山の万華鏡の先に見る叔父、赤い浴衣の少女達の中に従妹を見出し、あの時と同じように「私は行かない」と告げてしまった千鶴。叔父はその後を追って行ってしまった。
同じく宵山の1日を繰り返す、画廊主の柳さん。何度も「水晶玉を探して欲しい」と告げてくる杵柄商会の乙川という青年は、「宵山金魚」の乙川のはずなのだけど、なんだか不穏な感じ。「金魚」では、お気楽で意味もない騙しに熱中する、子供のような人なのに、「迷宮」では薄気味の悪い男になっている。コレは外側の世界から万華鏡で見る沢山の世界の中の、別の世界の別の男なのかしらん・・・。

「宵山万華鏡」では、姉妹の姉の方が「金魚」と「劇場」の世界に入り込んだのかと思いきや、どうも別世界というか「繰り返す宵山」の総本山(?!)の方に迷い込んだようである。
おかしな世界を巡り巡って、宵山様に会い、怖ろしいことに気付き、達磨を万華鏡にぶち当てるという機転を利かせて、脱出。更に赤い浴衣の子供たちから妹を奪還し、一緒に宵山から駆け出すのだ。

6つの短篇が、それぞれ対立したり干渉したり、融合したりズレたりしながら、〈京都〉の宵山を彩る。面白いというよりは、幻想的で、不思議な物語だった。
失われたもの、取り戻したもの。迷い込んで、出て行った姉妹。偽の宵山様と、本物の宵山様。
どれもが、幻視で、どれもが、現実。

ただな〜、やっぱり私は、「愛と笑いとツッコミ処満載」なモリミーの方が好きだなぁ。あの突き抜けた笑いがないと、ちょっと物足りない気がするな・・・。

(2010.03.22 読了)

宵山万華鏡
楽天ブックス
森見登美彦集英社この著者の新着メールを登録する発行年月:2009年07月登録情報サイズ:単行本ページ


楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 30
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

トラックバック(8件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
宵山万華鏡 森見登美彦 集英社
「きつねのはなし」を思わせる、京都を舞台にした 短編連作です。全ての短編がリンクしながら、ぐるぐる 繋がっていきます。クルン、と万華鏡をひっくり返すように 形を変えながら、いろんなモチーフが複雑な模様を描く。 凝ってますねえ〜。この、読んでいるうちに、頭がくらっと して、京都の小さな路地に入りこんでしまう感じ。 いい意味で、微妙にうざくて上手いです。 ...続きを見る
おいしい本箱Diary
2010/03/24 00:31
「宵山万華鏡」森見登美彦
宵山万華鏡クチコミを見る ...続きを見る
本のある生活
2010/03/25 20:28
宵山万華鏡(森見登美彦)
京都の祇園祭前夜、宵山を舞台にした連作中篇集。 ・・・中篇と短篇の違いがわからなーい(笑)短編集だと思ってたんだけど、解説?では中篇集ってなってた。なんとなーくは分かるけど、ページ数とかできちんとした決まりがあるんでしょうか。 ...続きを見る
Bookworm
2010/03/30 12:44
宵山万華鏡 / 森見登美彦
「きつねのはなし」系なので、いつもの阿呆っぽさはなし。でも、これはこれでかなりいける。 最初は気にしてなかったけれど、読み終わったあとで装丁をみると、まさしく宵山で万華鏡。妖しく、不思議感いっぱいの美しい表紙。 ...続きを見る
たかこの記憶領域
2010/04/20 11:12
構成の妙
小説「宵山万華鏡」を読みました。 ...続きを見る
笑う学生の生活
2010/05/02 23:19
「宵山万華鏡」 森見登美彦
&amp;nbsp;森見さんの『宵山万華鏡』が出たのは昨年7月、京都祇園祭の頃だった。本を手に取ってみると、動かすたびに角度によってキラキラと光ってみせる。これは面白いと、迷わず買う。7月の夜をともに過ごすはずだった。気がつけばキラキラと雪が光るいまは冬。そんなこともあるさ。 祇園祭宵山の京都。熱気あふれる祭りの夜には、現実と妖しの世界が入り乱れ、気をつけないと「大切な人」を失ってしまう―。幼い姉妹、ヘタレ大学生達、怪しげな骨董屋、失踪事件に巻き込まれた過去をもつ叔父と姪。様々な事情と思惑を抱... ...続きを見る
コンパス・ローズ  compass ro...
2010/05/09 17:32
宵山万華鏡
 森見登美彦 2009 集英社 京都の祇園祭と偽祇園祭の狭間で迷子になってみませんか? ちょっと不思議な世界にくるくると惑わされる。見える景色がくるくる変わる。これはこうで、あそこはこうで。この人があの人で、あそこにいたのがこの人で、あの人はここにいて。一つ一つは短くてあっという間だけれども、それが次に重なりあう。万華鏡のように景色が変わる。そういう連作短編集だ。 私の頭の中の京都の地図は通りの名前しか記載されていないので、町名で書かれると戸惑う。京都在住経験者以外には、上る下がる、東入る西入る... ...続きを見る
香桑の読書室
2010/08/02 00:15
宵山万華鏡
 森見登美彦  集英社 ...続きを見る
とつぜんブログ
2013/12/26 19:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは!
皆で、おバカさんな事をしてる熱が、だんだん「狂」を帯びてくるところが、上手く描かれてましたねえ。
「〈京都〉ってホントなんていうか、いけずさんだなぁ」っていう水無月・Rさんの感想に、うんうん、頷きました(笑)
京都でけっこう長い間働いてましたが、どうも、大阪もんには、最後までようわからんところがありましたねえ。でも、そんな受け入れ難さというか、ちょっといけずなところも、京都の魅力です。昔、島原の遊郭につれていって貰ったことがあって。お目にかかった大夫さんは、それはそれは美しくて、柔らかい言葉で、付け入る隙が全くなかったです(>_<)そんなことを、ちょっと思い出しました(笑)
ERI
2010/03/24 00:53
ERIさん、ありがとうございます(^^)。
「金魚」「劇場」で、盛り上がってたところが、「狂」にすり替わる怖ろしさ。面白かったけど、やっぱり怖いなぁ〜。並行世界なのか、交差する世界なのか・・・。

実は京都に結構近い所に住んでるんですが、初詣ぐらいしか京都には行ってないですねぇ。表の大通りしか歩けない・・・(^_^;)。
うわぁ!ERIさん、太夫さんに会ったことがあるんですか!・・・一般の女性は、絶対に太刀打ちできないんでしょうね(笑)。
水無月・R
2010/03/24 23:07
魅力的なのに、絶対入れてもらえない疎外感って私も感じました。だからまた京都にひかれるんですけど。今回もまたいろいろな顔を見せてくれました。
色彩豊かな描写もファンタジックで美しくて、無性に京都に行きたくなってしまいました。疎外されてもいいですから・・。
june
2010/03/25 20:28
juneさん、ありがとうございます(^^)。
この作品の〈京都〉は面白いんだけど、どこか不穏。でも、魅力的ですよねぇ。
ただし、「宵山万華鏡」の中だけは・・・入りたくないですね(笑)。
水無月・R
2010/03/25 23:48
「金魚」と「劇場」での笑いと盛り上がりはとーーっても楽しめたんですが、その反動なのか、他作品が今一歩;;;って感じで・・・。
私も、もりみーの「付き抜けた笑い」が大好きなのでちょっと残念でした。
すずな
2010/03/31 05:25
すずなさん、ありがとうございます(^^)。
モリミーの描く、トホホなまでに無駄に回転数上げてる感じが好きなので、ちょっと残念でしたね〜。
不気味さと「突き抜けた笑い」は、両立しないのかもしれないですね。
水無月・R
2010/04/08 22:59
水無月・Rさん こんにちは〜。
京都っていけず、ってわかるような気がします。
京都が好きでも一観光客にすぎない私には、こんなモリミーが書く不思議な世界は見せてくれないだろうなぁ、と。
ほとばしる妄想力!すんばらしいです(笑)
たかこ
2010/04/20 12:15
たかこさん、ありがとうございます(^^)。
いやぁ、トホホっていいですよね・・・(笑)。頑張ってるのにトホホ・・・♪
モリミーの突き抜けてゆくあの「しょーもなさ」はが大好きです、私(^^)。
京都はやっぱり、いろんな意味で一見さんお断りなのかな〜。
水無月・R
2010/04/20 22:42
こんばんは〜
すっかりご無沙汰でTBとコメントのお返しも超々遅っ!ですみません。他のことで忙しくて最近やっと読書も復活している状態です。
さて、モリミーが見せてくれる万華鏡をわくわくしながら覗き込んでみたら、せつなさと妖しさと笑いと莫迦ばかしさがひとつになって、和洋中華をたらふく食べた満腹感でいっぱいです。
森見錦絵が美しかった。
小長井くんのトホホ感はモリミー作品には欠かせないテイストでいいですね。報われなくてちとかわいそですが^^;
雪芽
2010/05/09 17:47
雪芽さん、ありがとうございます(^^)。
いえいえ、お気になさらず〜(#^.^#)。
おバカな世界、不気味な世界、透明にさびしさを湛える世界・・・渾然一体となった魅力と不穏さ、確かに満腹〜(^_^;)ですよね。
小長井は良いですよ!小長井!トホホには愛があるのですよ(笑)。
ホント、モリミーの描くトホホ男子は良いです。大好きだなぁ♪
水無月・R
2010/05/09 22:14
こんばんは☆
私、小長井にも素敵男子を感じましたが、一番好きなのは最後の「万華鏡」なんです。
これまでの種明かしのようでいて、余計に煙を巻いてしまうファンタジーらしい一章です。

『千と千尋の神隠し』のようなものだと思いました。
子どもが人ごみで迷子になった時、同じように心細くて、世界はこんな風に異世界に変貌するんじゃないかな、って。
香桑
2010/08/02 00:31
香桑さん、ありがとうございます(^^)。
最後の「万華鏡」の章はホント、一見同じに見せて、実は別の並行(交錯する?)世界を描いていて、少々ぞっとしました。
そうですね、きっと迷子になって不安を覚えたとたん、世界は違うものになってしまうのでしょうね。
水無月・R
2010/08/02 22:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
『宵山万華鏡』/森見登美彦 ○ 蒼のほとりで書に溺れ。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる