蒼のほとりで書に溺れ。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『密室の如き籠るもの』/三津田信三 ○

<<   作成日時 : 2010/10/10 23:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

土着民俗系ミステリー(注:水無月・R的勝手な分類項目です)の、三津田信三さんの、『◎◎の如き●●もの』シリーズ。
本作『密室の如き籠るもの』(みっしつではなくひめむろと読む)は、このシリーズ初の短編集。
ただ・・・おしむらく、短編にしたら「土着民俗」な部分が薄まってしまったような・・・。
陰鬱〜に、めっとした怨念ぽい感じで怖い、ってのが私的には魅力だったんで、ちょっと残念。

「首切の如き裂くもの」
御屋敷町の路地で、若い女性の首を切り裂くという連続殺人が起きる。犯人とおぼしき人物の自殺で幕を閉じたのだが、その路地に怪しい現象が起き、更に起こった殺人。刀城言耶、出版社からの依頼を断れず、現場を観察していた人の話を聞き、謎を解く。
「迷家の如き動くもの」
山中を超えて薬を売り歩く女性二人。数時間差で同じ場所から見たはずなのに、一人には家が見え、一人には見えず。あとから来た2人の行商人も、見たものと見ていないもの。謎を話し合っているところに、刀城言耶登場。人間を喰らうために山中をさまよう「迷家」の謎を解く。
「隙魔の如き覗くもの」
隙間を覗くと、過去か未来を幻視してしまう女性教師。彼女の学校の校長が殺され、容疑者としてあげられたのは、同僚教師たち。彼らのアリバイは彼女の証言で確立されたはずだが・・・。刀城言耶、隙魔を利用したトリックを崩す。
「密室の如き籠るもの」
人ならぬ気配を持った後妻。密室のはずの蔵の2階で、彼女は死んでいた。自殺か?他殺か?関係者の証言から、刀城言耶が導きだした答えは・・・。そして、彼と屋敷の主人が守ったものとは。

土着民俗系なのは、「迷家の如き動くもの」ぐらいかなぁ。謎解きの仕掛けは、2視点ものという案外単純だけど、思いつかないという意味では、なるほどな〜と思ったんですけどね。
どれが良かったかというと、微妙・・・です。ミステリーとしては、それぞれに面白い謎の解き方をしてるとは思うんですけど、どうも「三津田さんならおどろおどろしい展開」と勝手に期待してて、それを裏切られちゃったので・・・。

ただし、いつもの二転三転する推理、というスピード展開の面白さは健在ですな。論理的に謎に相対し、自分の推理の過程をたどり、気づいた矛盾点から元へ戻って別の推理を展開し、そして、「真実と思われるもの」を提示する。だけど・・・その「真実と思われるもの」は、『思われる』であって、確実な証拠があるわけではない・・・。

今まで出てきた長編に出てきた人物もいるんですが、イマイチ影が薄いですね(笑)。
それより、ミステリー誌『書斎の死体』を出版する怪想舎で刀城言耶を担当する編集者・祖父江偲ですよ。関西出身で自分を「うち」と言い出したら、もう止まらないハイテンション女史。何とか刀城言耶に謎解きさせよう、推理小説を書かせよう、とあの手この手でそそのかすその手管は、天晴れというしかありません。どうも刀城言耶も祖父江偲には頭が上がらないようで(笑)。

次作では「じっとりと怖〜い・土着民俗系」で、最後の最後で「合理的解釈の転覆」を図って頂きたいものです。あ〜いえ・・・そのう、個人的期待ですけどね〜(^_^;)。

(2010.10.09 読了)

密室の如き籠るもの
楽天ブックス
商品副データ講談社ノベルス三津田信三講談社この著者の新着メールを登録する発行年月:2009年04月登


楽天市場 by 密室の如き籠るもの の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



水無月・Rの『◎◎の如き●●もの』シリーズ記事
『厭魅の如き憑くもの』
『凶鳥の如き忌むもの』
『首無の如き祟るもの』
『山魔の如き嗤うもの』
『密室の如き籠るもの』 本稿
『水魑の如き沈むもの』
『生霊の如き重るもの』
『幽女の如き怨むもの』

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『密室の如き籠るもの』/三津田信三 ○ 蒼のほとりで書に溺れ。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる