蒼のほとりで書に溺れ。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『桃色トワイライト』/三浦しをん ○ (エッセイ)

<<   作成日時 : 2011/01/28 15:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

本作『桃色トワイライト』で、何が一番共感したって、「少女漫画タイトルの法則」話ですよ(笑)。常々、私も思っていた!「なんで少女漫画のタイトルって、漢字&カタカナとかの二つの名詞の組み合わせなの?」って。さすが三浦しをんさんだわ〜!
しをんさんとお友達のUさんが
〜〜わかんない!意味、わかるようでわかんないー!〜〜(本文より引用)
と、大爆笑したというのも、ホント、うなずけます。私も大爆笑デスよ。しをんさんたちの考えたタイトルとか、実在するタイトルの訳わからなさに!うぷぷ。

一番の共感は「少女マンガタイトルの法則」だったけど、他にもいろいろ「しをんさん!私も、おんなじおんなじ!」と心の中で頷きまくりながら読みましたね〜。
NHK大河ドラマ『新撰組!』で、オダギリジョーに注目してたとか(笑)。確かにカッコよかったですよね、斎藤一。残念ながら「仮面ライダー・クウガ」の放映時はまだ子供がいなかったんで、クウガは見てないんですけどね〜。
ただし、私の中『新撰組!』ナンバーワンは、なんといっても佐藤浩市さんの芹沢鴨なんで、その点はしをんさんじゃなくお友達のHさんに同意だな。ただし、「佐藤浩市と京都不倫旅行」の妄想をするレベルには至ってないんで、やっぱり私、妄想の修行が足りないと思います〜(^_^;)。精進せねば。

ところで、しをんさんのエッセイといえば、しをんさんを「ブタさん」呼ばわりする「BL疑惑のある弟さん」が必ず出てきて、激しく辛辣にしをんさんをこき下ろすんですが、今回も相変わらず切れ味抜群(笑)。
しかし・・・今までノーマークだった「お父さん&お母さん」も相当なキャラだということが判明し、ご登場の章はげらげらと笑わせていただきました。・・・しをんさんファミリー、すんばらし過ぎる。これだけキャラの濃い家庭で育ったら、自分も負けじとキャラ立てていかないと、生きていけないかも(笑)。そうか!しをんさんのエッセイや物語に「愛と笑いとツッコミ処」が満載なのは、そういうことだったのね・・・・!

今回、ちょっとパワーダウンしたかなぁ・・・と思ってたんですが、でもこの原稿書こうと思っていろいろ思い出してたら、やっぱり妄想は暴走してるし、相変わらず漫画に愛を注いでるし、バクチクの追っかけもしてるし、そんなこともないですね。・・・多分、私が「しをんさんショック」に慣れてきたんだと思います(笑)。

ああでも、私は〈物陰カフェ〉では満足できないと思います・・・(^_^;)。いい男が立ち働くのをこそ〜ッと見てるだけ・・・珈琲はセルフサービスって・・・。まあ男性同士の関係を妄想できない小市民なんで、お店に入れてもらうことすら叶わないのかも・・・ですが(笑)。とりあえず、「執事喫茶」ぐらい行ってみるべきかしらん。

(2011.01.27 読了)

桃色トワイライト
楽天ブックス
三浦しをん太田出版この著者の新着メールを登録する発行年月:2005年08月登録情報サイズ:単行本ペー


楽天市場 by 桃色トワイライト の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『桃色トワイライト』/三浦しをん ○ (エッセイ) 蒼のほとりで書に溺れ。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる