蒼のほとりで書に溺れ。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『モルフェウスの領域』/海堂尊 ○

<<   作成日時 : 2011/05/18 22:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 9 / コメント 6

あの【バチスタ・スキャンダル】から約6年・・・。
桜宮市の「未来医療探究センター」では、コールド・スリープ技術により、一人の少年が人工凍眠していた。
彼をケアする日比野涼子は、世界的なゲーム理論学者・曾根崎伸一郎の提唱した「凍眠八則(モルフェウス・プリンシプル)」に、欠落点があることに気づく。
そこから、彼女の孤独な戦いが始まる。

海堂尊さんの「バチスタ」シリーズ(〈桜宮サーガ〉と言った方がいいのかしらん?)に、また一つの物語が加わりました。
人工凍眠者である佐々木アツシは9歳になった時 『ナイチンゲールの沈黙』での網膜芽腫が再発し、眼球摘出を避けるため、自らの意思で5年間のコールドスリープについた。
人工凍眠を眠りの神になぞらえて、涼子は彼をモルフェウスと呼ぶ。『モルフェウスの領域』に眠る彼、目覚めた後の彼を守るために様々な準備をし、「凍眠八則」の提唱者である曾根崎教授とのメールのやり取りの末、彼から重大なアドバイスを受ける。「スリーパーをひとりぼっちにしてはならない」
その真意を読みとり、彼女のとった行動とは。

最初は、淡々と涼子の事が描かれて行き、中学生ぐらいの頃ノルガ共和国で出会った医務官が多分、 『ブラック・ペアン』のあの人だな、っていうあたりでちょっと興奮しつつも、割と冷静に読めていたのですが・・・(登場人物も極端に少なかったし)。やっぱりアツシが目覚める前後から、事態が急展開していくので、気持も盛り上がっていってしまって、大変でした(^_^;)。
東城大学医学部付属病院では、相変わらず田口センセが愚痴外来をやってるし、高階院長は得意の「丸投げ」で病院中に畏怖されているし、外科のダジャレの佐藤ちゃんは華麗にアツシを目覚めさせ、小児科病棟では如月翔子が看護師長としてオレンジ新棟を統率、廊下トンビの兵藤はやっぱりあちこちで情報を垂れ流している。
そんな中へ、体は14歳になったけれど、精神的にはまだ9歳、但し頭脳は凍眠中の睡眠学習により大学生以上といった、アンバランスな状態の佐々木アツシが入って行くのだから、物語が大揺れするのも当たり前。
しかもアツシの両親は、アツシが凍眠中に、治療費支払い拒否しアツシの親権を放棄、音信不通になっている。
アツシを例外として今後の人工凍眠をつぶそうとする厚生労働省、それに対抗する手段として涼子が取った行動。彼女の代理人として、人工凍眠を管理する『モルフェウス・システム』開発者・西野は自分が管理しているスリーパーの管理維持をアツシに依頼する。

さて、5年後、新しいスリーパーが目覚める時、どうなるんでしょう。人工冬眠は特殊な療法ながら、例外ではなく継続されるのか。その時、アツシはどうするのか。西野は。そしてもちろん、涼子は。
この先の物語も読んでみたいものです。きっと、やっぱり東城大学医学部付属病院が関わって来るでしょうから、また田口センセたちに会えるでしょう。だけど、ここに白鳥が絡んできちゃったりしたら、もう収拾つかなくなっちゃいそうですね(笑)。

しかし、よく考えると、アツシがコールドスリープに入ったのが2010年。今年は2011年ですから、リアルタイムなんですねぇ。・・・さすがに我々の暮らす世界では、人工的な凍眠はまだ実現していないと思うんですが、海堂さんの世界では実用段階に至ってる、と。この違いがどういった分岐点になるのか、まだ見えてきませんが、出来れば現実世界に軸足を置いて欲しいなぁ。まあ、海堂さんがSFに走るとも思えませんが(笑)。

この物語に一つ不満があるとしたら、アツシが目覚めた後、世間がどのようにこの一件を取り沙汰したのか、そしてアツシを守るための戦い(涼子だけではなく東城大医学部病院メンバーたちのも)がどうなったのか、アツシはどう対処したのか、そういったことがあまり描かれてないことですね〜。
5年後のスリーパーとの絡みも含めて、その辺の物語も読みたいですね。

(2011.05.14 読了)

モルフェウスの領域
楽天ブックス
海堂尊 角川書店 角川グル-プパブリッ発行年月:2010年12月 ページ数:261p サイズ:単行本


楽天市場 by モルフェウスの領域 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(9件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【モルフェウスの領域】(海堂尊)を読了!
NHKでは「マドンナ・ヴェルデ」がドラマ化されてるし、海堂さんものはあいかわらずの人気ですね。でもちょっと、食傷気味でもありますけど・・・「ハイパーマン・バッカス」のアツシが5年の眠りから目覚めた。  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング【あらすじ】日比野涼子は桜宮市にある未来医学探究センターで働いている。東城大学医学部から委託された資料整理の傍ら、世界初の「コールドスリープ」技術により人工的な眠りについた少年・佐々木アツシの生命維持を担当していた。アツシは網膜芽腫が再発し両... ...続きを見る
じゅずじの旦那
2011/05/19 10:57
モルフェウスの領域(海堂尊)
諸事情により、バチスタ・シリーズの最新刊より後に出たこちらを先に読むことに。作品同士の繋がりが強い海堂作品なので、どうかな?と一抹の不安を感じながら読みましたが、まぁ、大丈夫だったかな。 ...続きを見る
Bookworm
2011/05/19 12:33
【法律vs最新医療技術】モルフェウスの領域
僕の幸福は、自分が作り上げたものが美しく光り輝くこと。(100ページ) ...続きを見る
ぱふぅ家のサイバー小物
2011/07/12 19:04
海堂尊の医療エンターテイメント
海堂尊は医師兼作家。医療エンターテイメントという小説の衣を纏ってはいるが、近年もっとも医療崩壊の激しい一方で、技術的にも神の領域に近づいたと言われる産科・小児科の諸問題を織り込んでいる。『ジーン・ワルツ』は映画化、『マドンナ・ヴェルデ』はテレビドラマ化された。 ...続きを見る
ぱふぅ家のホームページ
2011/07/13 22:42
海堂尊「モルフェウスの領域」
海堂尊著 「モルフェウスの領域」を読む。 このフレーズにシビれた。 勇者が発見した宝石を、愚者がよってたかって色褪せたビー玉に変えてしまう。 ...続きを見る
ご本といえばblog
2012/04/07 11:14
『モルフェウスの領域』 海堂尊
両眼摘出の危機にある少年は、特効薬の認可を待つために世界初の「コールドスリープ」技術により5年間の眠りについた。未来医学探求センターで彼を見守る務めを担っている日比野涼子だったが、その目覚めの時が近づくにつれ少年の立場が非常に不安定なことを危惧していた。やがて彼女は彼を守るために密かな戦いを決意する――。 ...続きを見る
【徒然なるままに・・・】
2013/02/17 20:34
海堂尊の医療エンターテイメント
海堂尊は医師兼作家。医療エンターテイメントという小説の衣を纏ってはいるが、近年もっとも医療崩壊の激しい一方で、技術的にも神の領域に近づいたと言われる産科・小児科の諸問題を織り込んでいる。『ジーン・ワルツ』は映画化、『マドンナ・ヴェルデ』はテレビドラマ化された。 ...続きを見る
ぱふぅ家のホームページ
2013/11/26 08:57
海堂尊の医療エンターテイメント
【更新】海堂尊は医師兼作家。医療エンターテイメントという小説の衣を纏ってはいるが、近年もっとも医療崩壊の激しい一方で、技術的にも神の領域に近づいたと言われる産科・小児科の諸問題を織り込んでいる。『ジーン・ワルツ』は映画化、『マドンナ・ヴェルデ』はテレビドラマ化された。 ...続きを見る
ぱふぅ家のホームページ
2014/08/01 12:05
海堂尊の医療エンターテイメント
海堂尊の医療エンターテイメント【更新】リンク更新 ...続きを見る
ぱふぅ家のホームページ
2016/08/26 17:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは!
医学の進歩はいろんな波紋を呼ぶことも事実ですね。
はたしてその技術が本当に「ヒト」のためになるのか?
ちょっと疑問もでてくる気がしてます。
これだけ進化すると、厚労省が後手後手に回るのもしかたないかも(^^ゞ
じゅずじ
2011/05/19 11:07
アツシが目覚めてからの記述が少なかったのは残念でしたよね。私もその辺りをもう少し深く読みたかったなぁと思いました。
涼子が目覚める5年後、涼子とアツシがどうなるのかすっごく興味がありますよね〜!是非、早目に(笑)書いていただきたいですね。
すずな
2011/05/19 12:48
じゅずじさん、ありがとうございます(^^)。
医学の進歩と人の関わりは、難しい問題ですよねぇ。
もし人工凍眠が実用化したら・・・〈モルフェウス・プリンシプル〉のような原則は必要だけど、個々の事情は考慮されないのか?って思ったりもしました。
後手後手になるのは仕方ないのかもしれないけど、でも国民のために動いてほしいですよね(^_^;)。官僚亡国だけは、勘弁して欲しいものです。
水無月・R
2011/05/19 22:26
すずなさん、ありがとうございます(^^)。
海堂さんのことだから、書いて下さるんでしょうけど・・・。ただ、いろいろ書くべき出来事がたくさんあるので、なかなか順番が回ってこないかも(笑)。
気になるネタはたくさんありますもんねぇ(^_^;)。
水無月・R
2011/05/19 22:30
モルフェウス読みました!面白かったです。

あの医務官はきっと渡海先生です。よね?
「俺がどうして日本を離れ、大海原を渡り、こんな辺鄙な大地にやってきたのか。その理由は、俺の名だけが知っている。」
あの下りは全部、ヒントになっているんですね。

あ、あと出て来る黒人の少年はあの子ですよね??
タッキ
2011/06/08 01:40
タッキさん、ありがとうございます。
ええ、多分あの人でしょうね。
これからきっと、あの人のあの後を海堂さんが書いてくれるだろう、と期待しています。
黒人の少年は、私は全然気がつかなかったんですが、そうおっしゃる方が多いですね。
彼にも物語がありそうなので、是非海堂さんに頑張って頂きたいものです。
読者として、これからずっと楽しみが続きそうですね♪
水無月・R
2011/06/08 14:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
『モルフェウスの領域』/海堂尊 ○ 蒼のほとりで書に溺れ。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる