蒼のほとりで書に溺れ。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『有川浩脚本集 もう一つのシアター!』/有川浩 ◎

<<   作成日時 : 2011/06/08 21:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 8

いやぁ・・・すんごい勢いで読み切っちゃいましたよ!小説じゃなくったってやっぱり、
鉄血宰相、ゲ・キ・萌・え〜!!
もうホント、有川浩さんはスンバラシイですよ!
なんとのこの『有川浩脚本集 もう一つのシアター!』『シアター!』『シアター!2』、これらの作中劇「掃きだめトレジャー」をシアターフラッグが地方高校で公演する、という演劇の脚本(うわぁ説明下手っ)なんですよ。まあつまり、「シアターフラッグの演劇が読めるよ!」ってことですね(←イロイロ端折り過ぎ)。
しかしさすが水無月・R大絶賛!読んだら即萌え!萌えの女神降臨!有川浩さんですなぁ、水無月・R、白旗振り回しまくり(笑)。
てなわけで、いつもの如く萌えのたうつ大長文が始まっちゃいますんで、この先はお付き合い頂ける心の広〜い方だけ、よろしくお願いします♪

今作で、私の妄想脳が相当なレベルに達していることが判明いたしました(笑)。
だってさ〜、読んでて超ナチュラルにリアル大和田さんと『シアター!』『シアター!2』の登場人物紹介のイラストが共演してるんですよ、私の脳内で。
・・・水無月・R、どんだけ妄想脳(笑)。しかも、鉄血宰相・司はモチロン眼鏡男子に脳内変換済みですよ、ふふふ。
あ〜、え〜と・・・ありとあらゆる意味で、いい大人としてアレな気がするな。
けどまあ、誰も私に真っ当さを期待してるわけないので、全然問題ナ〜シ!ですけどね〜♪(あ、でも、theater劇団子の皆さんにはごめんなさいですね。劇団員さんで顔が分かるの、沢城みゆきさんぐらいなので、イラストに変換させて頂いちゃいました…失礼いたしました)

脚本なので、セリフとト書きだけで、物語が進行。元々、有川さんは会話のテンポの良さが際立ってる作家さんなので、それだけでも、面白い。
更に、ところどころ註釈が入り、稽古時に変わった内容とか、本番で作者が全く意図しないところで観客大ウケとか、役者のキャラ把握に原作者がビックリしたとかの裏話など、演劇ならではの面白エピソードがたくさん投入される。この構成、演劇という生モノが見えてくる感じがして、良かったです。
脚本って、ほとんど読んだことがなかったんですが、無理なくというかすっごく面白かったですよ!

「シアター!」シリーズではありますが、なんと『三匹のおっさん』から、ゲストとして清田祐希が登場!結構、重要な役ですよ〜♪イマドキ少年だけど、きちんと自分で色々考えられる、いい子ですよね〜祐希って。おっさんたちの薫陶を受けてるから、だよねぇ!

しかしねぇ〜、あの「掃きだめトレジャー」を公演しようとするのだけど色々と不可解な妨害が入り、劇団員(+鉄血宰相)が右往左往、ってのがホント、面白いのよ。次々トラブルが襲いかかる、そのコメディータッチがたまりません。
ゴミオとゴミコとか、ホント笑った!小宮山&ゆかりがいい味出してるよなぁ〜、やっぱりあれですか♪リアル夫婦漫才ですか(←あ、時期的にどうだろう?)。
巧の発想力、そしてそれに応える劇団員たちの演技力、どちらもともに素晴らしいです。

そして、私的・注目株な茅原が、またいいんだなコレが!不気味・・・というか、シンプルな発言(&行動)で仲間をどん引きさせるのに、キモチ悪い存在ってわけじゃないというのが、すごいです。私も是非、茅原に「ニヤリ」されてみたいです(笑)。相変わらずのスズ・リスペクトっぷりも、さすが茅原な感じで、いいです。私も、スズの天然うっかりは可愛いと思いますしね〜。案外、私と茅原、波長が合うんじゃないかと思います(←えぇ〜?)。

千歳が司を「オジサン」と呼んでからかうシーンが、いっぱいありましたねぇ。からかうんだけど、即行返り討ちにあっちゃったりして、可愛いのなんの。逆に鉄血宰相をやりこめるシーンもあり、何か二人の関係がこんなところでもうまく育ってる感じがして、うふふふ・・・でした。
鉄血宰相とディープインパクトの会話が多くて、私は大変満足でございましたよ♪

ノリノリで楽しい中にも、チクリと痛い注意喚起もある。
田沼先生の娘・絵里が千歳を「見たい」と言ったことに対しての、司の言。高校生相手に、ちょっと厳しいかなぁという気もするけど、千歳を一人の人として見ず、「有名な声優」という括りで野次馬的に「見てみたい」と言った絵里の発言は、確かに失礼。
それと千歳の〜・・・いくら好きでも、身勝手に愛そうとしたら、こんなふうにいろんな人を傷つけるってことこと・・・一生忘れないで〜 (本文より引用) というセリフですね。
田沼先生の若いころの話も、よくわかった。最後の生徒に対する演説も。夢を追いかけ続けることは、生半可な気持ちでやってはいけない、本気でやろうというなら応援するという、先生の気持ちは、本物。そういう先生(大人)がいてくれるこの高校の生徒たちは幸せだな、と思いました。

あ、そうそう。
学校の事務員さんがトホホの香り豊かでしたね〜(笑)。最後に戻って来て「ごみ集めてきました〜!」って・・・。そしてもう要らないと言われ、「ちくしょ―――!」と叫びながら退場。
割と脇役の人なのに、ちゃっかりトホホ好きのアンテナが反応しちゃいましたよ♪脇キャラ好きでトホホ萌えの私としては、はずせないツッコミ処(笑)。

さて、読了して、ついつい劇団子さんのホームページを見に行き、「もう一つのシアター!」のDVDをチェックしてしまいました・・・。
そしてもちろん、欲しくなるのでありますよ。舞台映像だけじゃなく、有川さんのトークイベントや、スピンオフmovie「ゴミオとゴミコの一日」、そしてブックレット付きとなると、私の購買欲をつつきまわすんですよねぇ。ただ・・・さすがに高いよ(笑)。只今、真剣に、お小遣いのさいふと相談中です(^_^;)。そして多分、欲望に負ける・・・。
DVDの感想UPしてたら「ああ・・・水無月・Rの奴、やっぱり負けたんだな」って、失笑してやってください(^_^;)。

(2011.06.06 読了)

ははは・・・。負けたさ、負けたともさ。
DVD買って、見ちゃったともさ。そんでにゃはにゃは笑い、「ゴミオとゴミコの一日」に癒されましたともさ。
笑ってくれ、こんな私を!っていうか自分で自分を笑うよ、予想通りすぎて・・・。
・・・弱過ぎる。誘惑に弱過ぎる。


有川浩脚本集 もう一つのシアター! (メディアワークス文庫) (文庫) / 有川浩/〔著〕 石山英憲/脚本設定
CD&DVD NEOWING
★書籍商品の購入に関するご注意コチラ↓より、初回盤・特典の詳細、在庫情報・出荷状況をご確認ください。


楽天市場 by 有川浩脚本集 もう一つのシアター! (メディアワークス文庫) (文庫) / 有川浩/〔著〕 石山英憲/脚本設定 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



水無月・Rの『シアター!』シリーズ記事
『シアター!』
『シアター!2』
『有川浩脚本集 もう一つのシアター!』(本稿)
演劇DVD『もう一つのシアター!』観ました〜!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
もう一つのシアター!:有川浩脚本集
 有川 浩 2011 メディアワークス文庫 脚本設定はTheatre劇団子の石山英憲さん。Theatre劇団子との出会いからインスパイアされて、有川浩が書いた『シアター!』。その世界を、今度はTheatre劇団子が演じるという、キャッチボールが生み出した作品。この脚本も有川さんが書いたんだっけ?と首をかしげながらページをくって、事情を納得。いろいろと原作を踏襲されている点で、原作のファンはスピンアウトとして読む価値がある。 もともと脚本形式で書かれたものはちょっと苦手だ。歌舞伎やミュージカルは見 ...続きを見る
香桑の読書室
2011/06/11 01:38
有川浩脚本集 もう一つのシアター!(有川浩)
有川浩さんがTheatre劇団子さんをモデルに書かれた小説「シアター!」「シアター2」。それをTheatre劇団子さんが「もう一つのシアター!」として舞台化。これは、その脚本を1冊の本として纏めたもの。 ...続きを見る
Bookworm
2011/06/15 12:31
有川浩脚本集 もう一つのシアター! 有川浩
有川浩脚本集 もう一つのシアター! (メディアワークス文庫)著者:有川 浩アスキーメディアワークス(2011-05-25)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 春川巧が主宰を務める小劇団『シアター ... ...続きを見る
苗坊の徒然日記
2011/08/07 15:25

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
またまたお邪魔します。(^_^)
私もDVDすっごく迷っています。
買いたい。でも…。
毎日のようにサイトを覗きに行っては……。
私も多分買ってしまうかも。。。
なおみ
2011/06/09 09:27
なおみさん、ありがとうございます(^^)。
ようこそいらっしゃいました♪
おお、DVD購入を迷ってらっしゃると!お仲間ですねぇ!
私、9割がた負けると思います・・・(^_^;)。
水無月・R
2011/06/09 14:23
こんばんは☆
私はまだお財布さんに怒られていません。
DVDの誘惑に買っています!笑

でも、見たくなっちゃいますよね。
これが実際にはどうだったのか。
脚本だけでも十分に楽しめるけれど、それでも欲が出ちゃう。
それに、そんな形でも応援したくなっちゃいます。

用務員さんは確かによかった……。
香桑
2011/06/11 01:50
香桑さん、ありがとうございます(^^)。
・・・欲望に負けることにしました(笑)。
この後、劇団子さんのホームページに行ってお買い物してきまっす!(^_^;)。
有川さんのトークイベントはもちろん、「ゴミオとゴミコの一日」を見たい・・・。
ええ負けましたとも!(←開き直ってるよこのヒト!)

そうですよね〜、いいですよね、トホホの香りしますよね、用務員さん(笑)。
水無月・R
2011/06/12 22:51
「脚本」に躊躇しつつ読み始めたら、意外や意外!楽しく読めてちょっと驚いてます。やっぱ有川作品なんだなーと思いました。
鉄血宰相が良かったですね〜!千歳とのやりとりや、先生の娘さんへの鋭い一言などなど、ホントしびれましたーっ!にまにま。

DVD…こちらにきたら、ますます見たくなっちゃいましたよー^^;、「ゴミオとゴミコの一日」は見たいですよねぇ…うむむむむ。。。
すずな
2011/06/15 12:44
すずなさん、ありがとうございます(^^)。
註釈が良かったですよねぇ。
人が演じる演劇という生き物のライブ感が伝わってくる感じが、面白かったです。
そして、やっぱり鉄血宰相は素敵過ぎる(笑)。
DVD、まだ見てないんですけど、もう舐めるようにケースを眺め、ブックレットを熟読しておりますよ(^_^;)。
現在、DVDを一気に見る余裕がないので、少し先になると思いますが、いずれ感想UPしようと思ってます♪
水無月・R
2011/06/15 22:32
こんにちは^^
いや〜面白かったですねぇ。さすが有川さんです。まったく違和感を感じませんでした。
劇団子のことは本当に全く知らなかったのですが(すみません)
注釈を読んでいて皆さんが「シアター!」を大事に演じていることが分かりますよね。
DVDもあるんですね〜欲しいな〜。
でも、私は今もっと凄い誘惑に苛まれているので買うとしたらもうちょっと先になりそうです^m^
苗坊
2011/08/07 15:28
苗坊さん、ありがとうございます(^^)。
脚本というものに慣れていないので、読みこなせるかなぁ・・・なんて思ったんですけど、全然問題なかったですねぇ。
註釈が、面白かったですよね。舞台演劇のライブ感が伝わる感じでした。
DVDは・・・面白かったですよ〜♪
水無月・R
2011/08/07 21:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
『有川浩脚本集 もう一つのシアター!』/有川浩 ◎ 蒼のほとりで書に溺れ。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる