蒼のほとりで書に溺れ。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『緑ヶ丘小学校大運動会』/森谷明子 ○

<<   作成日時 : 2012/01/17 14:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

う〜わ〜・・・。
タイトルの『緑ヶ丘小学校大運動会』から受ける、のどかなイメージとは裏腹に、小学校の運動会という明るくも騒然とした一日の裏側で一部の保護者による不穏な動きが描かれ、最後にとんでもない隠れた真相が…!
森谷明子さんの作品はいくつか読んできましたが、今回はまた、今までとは違った印象ですね〜。

運動会開始直前に、マサルとイッキが優勝杯の中から見つけた、薬のケース。これは殺人の証拠なのか?子供たちの行動と推理は錯綜する。
運動会の人出に乗じて、薬のケースを回収しようとする一部の保護者達。なぜ彼女らは、そんなにあわてているのか。
ケース回収する保護者が間違ってその内容のメールを送ってしまった、マサルの父でもあり、県の薬務課職員でもある・石田真樹夫。県内で多発する、違法ドラック売買との関連を疑い、調査を開始する。
いやぁ、小学校の運動会という少々やかましいけれどほのぼのとした一日の裏側に、こんな事件が進行していたとは!
目次がプログラムになっていて、その通りに運動会は進行していくんだけど、その間に子供たちの迷推理やケースをどこへ隠すかのドタバタ、薬ケースを回収する保護者の焦りや、前日急死したという保護者の情報、自分の子供を思って暴走しかける親たちのあれこれがあり、事件を追う真樹夫の奔走がある。
色々な事態が詰め込まれ、それぞれが大変な思いをしているものの、つつがなく運動会は進行していく。

子供たちは、微笑ましいんですけどねぇ…。子供らしい恋心のアレコレとか、話が長い教頭に対する不満とか、何とか薬のケースを大人に見つからないように知恵をひねったり、競技中にお互いを見直したり、友情が育まれたり。メインの登場人物たち6年生は最後の運動会だから、「やりきった」という達成感を目指して色々頑張ってるし、イキイキしててすごく感じがいいんですが…。
対する、保護者に関しては、もう全然同情の余地なし。運動会中はメールのやり取りだけなので彼女らの事情は明らかにはならなかったけど、運動会後の展開でわかった。軽い気持ちで違法と知りながらも、薬の売買に手を染めるなど。
そして、実は事件は二重に存在し、重い方の事態を回していた、意外な人物が浮かび上がる。その人物の抱える、問題点も。

数年前に母親を亡くした父子、同居の気兼ねから親子関係がうまく行ってない母子など、色々な親子関係も描かれる。実際の小学生の親である私としては、なかなかイタイなぁ…ウチはうまくやれてるのかしら、とちょっと変な心配も出てきた。
でも、真樹夫とマサルの親子が、この事件を通じてより強く関係を結べるようになった、という感じがしてよかったですね。

ただ、問題の重い事態の方の真犯人の方は、物語的にケリがついてないので、読後感がよくないですね…。
この後、真樹夫がなにかするかもしれないけど、彼には捜査権はないですからね。

ところで。
最近の運動会って、まあ、地域性とかありますけど、こんな感じですね〜。度重なる転居のおかげで、自分の子供の小学校の運動会を4校分体験してますから、ホント分かります。
まず、子供と一緒にお昼ご飯を食べない。それから、写真(ビデオ)撮影が大変(場所取りとか、学校ごとに全く異なるルールとか)。そして、とにかく学校側はサクサクとプログラム進行させようとする。
色々世知辛い感じがしなくもないけど、まあ仕方ないですね。最近はご近所も色々とうるさいし、怪我が出れば保護者もうるさいし、やれひいきだなんだと口を出してくるモンスターペアレントは続々出てくるし。
学校も、色々大変なんでしょう(^_^;)。
そうそう・・・、自分の子供はともかくよその子供の競技なんてそっちのけで、おしゃべりに花を咲かせちゃって喧しすぎる保護者ってのも、います。・・・ビデオに声が入るから、他所でやってくんないかなぁ。

子供たちの活躍にはワクワクしつつも、自分たちの母親が犯罪に手を染めたという事実を知ることになってしまった子がいることや、過激なダイエットをしてしまう子供の問題、そしてもちろん問題の真相の方も、引っかかることが多くて「面白かったー!」と一概に言えないのが残念ですね…。
それと、しょうがないんですけど、登場人物が多くて、把握するのが大変でした。しかも子供たち同士は名前をカタカナ呼びするのに、親たちは漢字なのでイメージが合わせにくくて…いや、私のアタマの容量が小さすぎるのかもしれないんですけどね(^_^;)。

(2012.01.16 読了)

緑ヶ丘小学校大運動会
双葉社
森谷 明子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 緑ヶ丘小学校大運動会 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
緑ヶ丘小学校大運動会(森谷明子)
面白かった! ...続きを見る
Bookworm
2012/01/18 12:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
タイトルからは想像できないような内容でしたねー。でも、実際の運動会でもこんなことがあるかも…と思えたりして、リアリティはありました。
おっしゃるように子供たちの方は、微笑ましく読めたんですが、保護者の方が重すぎましたね;;;

私の住んでる地域は田舎なので、まだ一緒に昼食を取りますよ〜。でも、写真&ビデオ撮影の場所取りは大変そうです。私はもっぱら応援部隊なのでそちらの苦労してませんが(笑)
すずな
2012/01/18 12:35
すずなさん、ありがとうございます(^^)。
そうなんですよ、ホントに子供サイドの話はいいのに、大人サイドになると、どうにもよろしくありませんでしたね〜。
この後イッキのお母さんたちはどうなっちゃうんでしょう。もちろん犯罪はいけないことですが、そのことで家庭や環境が乱れないことを祈りますね。同じ母として。

いやぁ、一緒に昼食どころか、町内会から応援の大人にビールが出たときは度肝を抜かれました。そんな地域もありました(笑)。
水無月・R
2012/01/18 15:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
『緑ヶ丘小学校大運動会』/森谷明子 ○ 蒼のほとりで書に溺れ。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる