蒼のほとりで書に溺れ。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『キノの旅 (15)-the Beautiful World-』/時雨沢恵一 ○

<<   作成日時 : 2012/09/19 19:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

時雨沢恵一さんの「キノの旅」シリーズ15冊目。
長い長い旅だけれど、色々な国や地域、そして色々な人々との出会いのバリエーションは、本当に豊かですよねぇ。末永く、続いてほしいと思っています♪
喋るモトラド(自動2輪車)・エルメスとパースエイダー(銃器)有段者・キノの淡々と続く旅。
そして、妙齢美人な師匠とハンサムな弟子のえげつない事件が起こりまくる旅(笑)。
日本刀使い(そういえば最近使ってないよねぇ)で亡国の王子・シズ様と喋る犬・陸と無口な少女・ティーたちの組の永住地を探すも。
淡々と綴られてゆく、それぞれの旅。それぞれらしく、様々なことに出会い、関わり、断罪せず、通り過ぎてゆく。

『キノの旅 (15) -the Beautiful World-』
口絵「見つけてしまった国」
師匠組・シズ様組・キノ組がある国を訪れる。さて、キノの答えは。
口絵「白い国」
貝を消費しなくてはいけない国。その原因って?
プロローグ「戦って死ぬということ・b」
絶叫する男。彼の自殺を止めた少年。
第一話「ケダモノの国」
師匠とハンサムな弟子が、ヒグマの出る国を訪れる。何をもってケダモノと呼ぶのか。
第二話「マニアの国」
キノがナイフ形パースエイダーを手に入れた、いきさつ。
第三話「過去のある国」
師匠に聞いて訪れた、廃墟のはずの国。だが住人がいて、彼らは800年住み続けた歴史があるという。
第四話「フォトの日々」
とてつもなく運のいい、気のいい女の子と喋る折り畳み式モトラドの話。
第五話「ジャーナリストの国」
その場にいない人のことを悪く言うほど、簡単なことはないよねぇ。
第六話「犯人のいる国」
単純なトリックだけど、知らないと、こうなることもあるのね。
エピローグ「戦って死ぬということ・a」
プロローグの少し前。長らく戦いの続く国で、シズ様組が出会った軍人。
「おしながき」
「キノの旅」シリーズに出てくる様々な料理の、メニュー表?え〜と、・・・あとがき?

今回、シズ様は普通だった。ちょっと残念だ(笑)。やっぱりシズ様の魅力といえば、トホホだと思うんですよねぇ。
何故か超トホホな状況に陥っちゃうところとか、ティーがひらがなであっさりと言い放つ真理とで明かされるトホホ感とか、すっごく素敵なんですよぅ〜。今回、普通にまともな大人っぽかったので、ちょっと残念だわ。いや、クールでハンサムで常識もある、非常に素敵な人なんですけどねぇ(笑)。

「フォトの日々」が、良かったですねぇ。
一生懸命、馬鹿正直なほどに生きてきたフォトのことを、相棒の喋るモトラド・ソウが語る。正直な女の子が、いろんな大変なことを乗り越えて、町の人たちに愛されるような日々を送れるようになったって、すごくいい話だよだなぁ。キノ達旅人組の物語とは、違うなぁ(笑)。たまには、こういう話もいいですよねぇ。
ところで。
どうしてモトラドが喋るのか、モトラドたち自身も知らないんですね(笑)。

「犯人のいる国」は、予想外の展開(笑)。知らなきゃ、疑いようもないよねぇ。しかも、2段オチか〜。っていうか、3ツ子どまりとは限らないよね〜(^_^;)。早めに退去したキノ、危険予知能力高過ぎ(笑)。

「ケダモノの国」は、何が或いは誰がケダモノか?、っていう、ねぇ。
この章では、師匠たちはあんまりえげつなくなかったけど、一国の一大事のはずなのに、クールなのが格好いいですな。クールっていうか、他人事(笑)?師匠と弟子の、ポンポンちゃきちゃき進む会話が楽しくてたまりません。

ちなみに「おしながき」の様々な料理、美味しそうなのもあれば、危険な香りがかなりしそうなのまで色々ですが、カレー味のマカロニスープは、今回の師匠組の旅に出てたメニューでしたね。私「ペミカン」というものを知らなかったんで、ちょっとググってみました。・・・干し肉やドライフルーツなどを脂で固めた物、ですかぁ。高カロリーですなぁ。脂は調理に入る前に軽く取り除いた後、じっくり加熱して飛ばすらしいですけどね。カレー味にしたら、脂のくどさが消えるかな。ちょっと食べてみたいけど、やっぱりカロリーが怖い(笑)。
それはそうと、「おしながき」と「あとがき」では、もはや「がき」しか合っていませんが、そこんとこどうなんでしょう、時雨沢さん〜?

(2012.09.16 読了)

キノの旅(15) [ 時雨沢恵一 ]
楽天ブックス
the Beautiful World 電撃文庫 時雨沢恵一 アスキー・メディアワークス 角川グルー


楽天市場 by キノの旅(15) [ 時雨沢恵一 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
キノの旅]X -the Beautiful World- 時雨沢恵一
キノの旅〈15〉 (電撃文庫)著者:時雨沢 恵一アスキーメディアワークス(2011-10-08)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 口絵「見つけてしまった国」 温泉など資源のある国。でも、国民は気 ... ...続きを見る
苗坊の徒然日記
2012/09/20 11:32

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは〜^^
「フォトの国」私も好きでした。
以前助かった少女とモトラドはどうなったのかな時になっていたので。このコンビの物語も定期的にあるのかと思ったら早めに永住する国を見つけちゃいましたね^^シズ様もここに来ればいいのに。
モトラドがしゃべれることをモトラドが知らないというのには私もウケました^^
苗坊
2012/09/20 11:33
苗坊さん、ありがとうございます(^^)。
旅ではなくても、物語になる日々、というのもいいものですね。辛くて数奇な運命をたどっても、フォトがいい子だから、安住の地を見つけられたんでしょうね。(あ、シズ様組がいい子じゃないという意味ではないです!)
フォトがふわふわと幸せな日々を、一生懸命生きてる横で、ティーが「ばくだんはひつようか?」とか言ってたら、シュールですね♪
水無月・R
2012/09/20 20:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
『キノの旅 (15)-the Beautiful World-』/時雨沢恵一 ○ 蒼のほとりで書に溺れ。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる