蒼のほとりで書に溺れ。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『鹿男あをによし』/万城目学 ◎

<<   作成日時 : 2012/09/24 20:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 8

ぎゃひ〜!おっ、おおおおっ、面白すぎ!
素晴らしいです、万城目学さん!
『鴨川ホルモー』『ホルモー六景』での格調高きトホホの香り(笑)で、私の心はがっつりとわしづかみにされちゃったんですけど、本作『鹿男あをによし』も、最ッ高!
いやぁ、ホント楽しかった!万城目さん、ハマるわ〜!大爆笑しながら、読みました。

大学の研究室での失敗で神経衰弱と言われ、奈良の女子校へ臨時の理科教師として赴任した、主人公・おれ(あれ〜、そういえばこのヒト名前ない?)は、初日に遅刻した女生徒から云われなき敵意を向けられる。担任するクラスからも総スカンを食らって落ち込んでいるうちに、姉妹校との体育会系部活対抗戦[大和杯]の準備が始まり、剣道部の顧問になり、・・・そしてある日突然、鹿に話しかけられる。
鹿は彼に「目」を持って来いというミッションを与える。奈良は鹿、京都は狐、大阪は鼠、それぞれの使い番や神獣、謎が謎を呼ぶ展開で、女子高生たちの部活対抗戦の清々しい戦い、先生方の恋心、人間のエゴ、邪馬台国・卑弥呼の秘密や、姉妹校各校がいにしえの宮城跡近くに建っていることや、ミッション失敗により鹿化する鏡の中の自分など、様々な要素がからんで、物語が進行していく。

いやぁ、ホント面白かった!
主人公・おれがちょっと頑なな青年なのがいい(笑)。若いのに融通が利かなくて、ちょっと弱気になりやすくて、だけど頑張ってるのがいい。頑張ってるのに途中までは全く報われない感じで、ああ、トホホの香りが芳しいですなぁ(笑)。
剣道部の指導なんかは真摯で、結構カッコいいんですけどね〜。
不思議な女生徒・堀田イトがなんでそんなに彼を敵視するのか、というのはだいぶん後になって判るんだけど、その敵意にあたふたしたり怒りを感じたりするのも、〈フツウ〉の青年ぽくていい。
そんなフツウの彼に課せられた意味不明のミッション、その失敗に対するペナルティが、鹿化(笑)。
しかも、話しかけてくる鹿は見かけは雌なのに、声はおっさん。更にポッキーを欲しがる。
・・・なんでやねん(笑)。

奈良・京都・大阪という古都にまつわる、土地神と神獣、卑弥呼と神獣たちのかかわりが語られるいくつかのシーンが好きです。
そっか、みんな「ヒメ」が好きで、千八百年も彼女の頼みを聞いて、大なまずを封じる儀式を続けてきたんだねぇ。なんか、ほろりとするよ。なんだかんだと言いつつ、お互い喧嘩したりしながらも、人間が忘れてしまっても、ずっとヒメの願いをかなえ続けてきた、神獣たち。いいよねぇ。
ぐるりと回る六十干支を、何度も何度も繰り返し、彼らは忠実に沈めの儀式を続けてきた。そういうファンタジーって素敵だなぁ。

剣道の試合のシーン、迫力がありましたねぇ。堀田イトのゆるぎなき強さもいいんだけど、怪我をしているのに善戦する主将もいい。鹿化する自分をなんとかしたいという思いをすっかり忘れて、「あきらめるな!」って叫ぶおれもいい。青春だよねぇ。うん、武道少女は、青春だよ〜。爽やかで、力強くて、素敵だなぁ。
そんな青春物の堀田が危機一髪のシーンで登場し、「マイシカです、先生」と得意げに言うのには、大爆笑した。緊迫したシーンが一挙に緩むというか、場面にメリハリがついてイイですなぁ。鹿が迷惑そうなのもよかった(笑)。

ところで、生徒や保護者や各校の先生方から、絶大な支持を受ける奈良女学館教頭・リチャード(←もちろんあだ名である)。主人公にも親切で紳士的なんだけど、主人公の下宿先のばあさんは「リチャードには気を付けた方がいいよ」という。ばあさん、なかなかに推察力があるよ。リチャード、実は重要な人物でしたからねぇ。
このばあさん、「『坊っちゃん』とは何ぞなもし」なんてさらっと言ってのけてしまうような、キレの良さがあるんだけど、年の功だろうか、見守る温かさがとても強い。私も、こういうばあさんになりたいものです。

主人公・おれ、下宿先のばあさんとその孫の重さん(美術教師)、同僚の藤原君、姉妹校の美人剣道部顧問のマドンナ、もちろん堀田やリチャード、三校共通の大津校長、おっさん声でしゃべる雌鹿・鼠(神獣)のババアなど、登場人物(神獣は人物と言わないような気もするけど)たちのキャラが、とても立ってて、面白い。個性豊かだよねぇ。
神獣たちなんて、喧嘩してもお互い1800年の長きにわたる付き合いだから、ちょっとしたやり合いでじゃれ合いのようにも見える。

何はともあれ、無事に「鎮めの儀式」が完了し、ナマズのしっぽは抑え込まれ、鳴動していた日本列島は治まった。・・・が、鹿化したおれと堀田のどちらかしか人間顔に戻れない(まあ他人には見えないんだけど)と判明、おれは堀田を人間顔に戻してやる。お、いい先生だねぇ。
そして、関東に戻ることになったおれを追って、新幹線京都駅まで来た堀田がやった〈印の消し方〉。きゃ〜、青春物だわ〜。アレよね、古今東西、呪を消すのに有効な手段の第一位といえば、コレですもんねぇ!
しかしヒメも考えたものですな。鹿には〈印のつけ方〉だけを教え、鼠には〈印の消し方〉だけを教える。3種属の神獣それぞれが、圧倒的優位に立たないように、という配慮なんですねぇ。
いや、そんな配慮が凄いとかいうより、消し方が、大変ロマンティックでしたよ♪ニヤニヤしちゃいましたね。

うわ〜。長々書いたけど、内容にあまり触れてないし、書きたいことも全然言及しきれてないや(笑)。
まあ、言えるのは、とにかく面白かった、っていうこと。神代の昔から人知れず続けられてきた儀式のてんやわんや。楽しかったです。
私たちがフツウに生活してるこの日常にも、もしかしたらこんな素敵な話が隠れてるのかもしれないな、なんて思います。私が気付いてないだけで。
そう思ったら、もっと楽しくなりました。

あ、そうそう。
大津校長の実家で、姉妹校の先生方が集まって「大和杯」の打ち合わせをするのが、京都の料理屋「狐のは」。『ホルモー六景』で、泣き虫おたまがアルバイトしてた料理屋さんですね!うわ〜つながってます、万城目さんワールド。ということは、ほかの作品も?これから読むのが楽しみだなぁ♪

(2012.09.23 読了)

鹿男あをによし [ 万城目学 ]
楽天ブックス
幻冬舎文庫 万城目学 幻冬舎発行年月:2010年04月10日 予約締切日:2010年04月03日 ペ


楽天市場 by 鹿男あをによし [ 万城目学 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
鹿男あをによし 万城目学
鹿男あをによし オススメ! 「さあ、神無月だ――出番だよ、先生」 神経衰弱と断じられ、大学の研究室を追われた28歳の「おれ」。 失意の彼は、教授の勧めに従って2学期限定 ... ...続きを見る
苗坊の徒然日記
2012/09/24 21:13
鹿男あをによし
 万城目学 2007 幻冬舎 十二支十干は60で一巡りする。節目の年には作法がある。1800年前に始まり、300年前、作法が守られなかったときには災難があった。神様たちには人知を超えた思惑があり、人知れず祭祀は連綿と続けられてきた。『鴨川ホルモー』に続く二冊目は、ばかげているようにさえ見える、けれども続け保つに相応の伝統を扱っている点で前作と通底している。ぐいぐい読ませる面白さ。何重にも仕掛けられ ...続きを見る
香桑の読書室
2012/09/24 21:52
鹿男あをによし(万城目学)
うふふふふ。と読んだ。うははは。ではなく、うふふふふ。 ...続きを見る
Bookworm
2012/09/25 12:48
終わりよければ
先日、万城目学さんの講演を拝聴してから、 最初に手に取った万城目学作品である。 だんだん彼の未読作が 残り少なくなりつつあることが寂しい。 ...続きを見る
活字の砂漠で溺れたい
2014/04/08 12:47

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは^^
TBとカキコありがとうございました。いただいて恐縮なのですが、読んだのが前すぎて薄ぼーんやりとした内容しか覚えていないのが申し訳ないですー。
でも「おれ」がトホホだったのは覚えてます^m^水無月・Rさん、お好きそうですね☆
鹿化を治す方法がそこだけラノベっぽくて可愛かったです。
万城目さんの作品でリンクがあるのは知りませんでした!これは「ホルモー六景」を先に読んでいないと分からないですよね。羨ましいです!
苗坊
2012/09/24 21:15
水無月・Rさん、こんばんは。
そうですよー。リンクがありますよ。ばっちりですよ。とりあえず、『プリンセス・トヨトミ』と『かのこちゃんとマドレーヌ夫人』を続けてお願いします。にまにまできるはずですから。
そういえば、ドラマではリチャード役を児玉さんがされていました。鹿がひとことだけしゃべっちゃうシーンもあったりして、原作ファンはにやりとしたものです。
誰もが気付いていないだけで実はあるかも?という感覚は、万城目ファンタジーの魅力だと思います。
香桑
2012/09/24 21:55
苗坊さん、ありがとうございます(^^)。
ええ、トホホでございました〜♪
好きですねぇ、ハイ(笑)。
鹿化を解くのは、やっぱりアレですよぅ〜。確かにラノベっぽいですね(笑)。
万城目さん、面白すぎ〜(#^.^#)。
水無月・R
2012/09/24 21:57
香桑さん、ありがとうございます(^^)。
おお、リンクしてるんですね、それはやっぱり読まないと、ですね♪楽しみです。
ドラマ、観てないんですけど、ちょっと見たかったかな〜(笑)。
万城目さんの作品は、リアルな日常にいきなりあらわれるファンタジーなのに、何故かすごく自然っていうのが、面白さの一因ですよね。
水無月・R
2012/09/24 22:21
「面白かったー!」というのが凄く伝わってくるレビューですね〜♪思わず再読したくなっちゃいましたよ^^;
万城目作品は、実は本当にあるんじゃないか!?と思ってしまう不思議さがありますよね〜。ちょっとワクワクしちゃいますね。

ドラマではイトちゃんが鹿に乗ってやってきたシーンがあって、思わず「マイシカーっ!」と叫んで大興奮しました(笑)
すずな
2012/09/25 16:49
すずなさん、ありがとうございます(^^)。
はい〜、とても面白かったです!
「マイシカ」出たんですね〜。
ああ〜!やっぱりドラマ観たかったわ〜(T_T)。
万城目作品、関西在住には魅力的すぎます〜。
水無月・R
2012/09/25 22:27
水無月・Rさん こんにちは そうそう、他の物語との繋がりに気が付くとさらに興味倍増ですね 笑 僕もホルモー六景、再チェックしてみよう!!!
yori
2014/04/08 12:51
yoriさん、ありがとうございます(^^)。
万城目ワールドが、あちこちでつながってることがわかってきて、大変楽しい今日この頃です♪
これから先の作品も、期待ワクワクです(#^.^#)。
水無月・R
2014/04/09 20:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
『鹿男あをによし』/万城目学 ◎ 蒼のほとりで書に溺れ。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる