蒼のほとりで書に溺れ。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『サファイア』/湊かなえ ○

<<   作成日時 : 2012/11/09 17:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

宝石の名を持つ短編が七つ集まった短編集、『サファイア』
湊かなえさん、初の短編集ってことでいいのでしょうか。
湊さんらしい、読後にどす黒さが残る物語もあれば、ほのぼのとするもの、怪訝な気持ちになるもの、苦しみの後に光がさすもの…と、色々なバリエーションがあり、楽しめました。まあ…ちょっと心が重くなるようなものもありましたが(^_^;)。

「真珠」
妙な女の話を聞く男。女は「ムーンラビット社」のサニタリー用品の素晴らしさを語るが。
「ルビー」
隣にできた老人介護施設に暮らす老人が、母に赤いブローチを贈った。
「ダイヤモンド」
雀の恩返し?
「猫目石」
隣人の飼い猫を助けた家族。隣人が告げる家族の秘密。
「ムーンストーン」
過ちを犯した女性。彼女が中学生時代に得た友達。
「サファイア」
恋人を失った女性が、その理由を探そうとする。
「ガーネット」
「サファイア」の続き。彼女を救ったのは、物語と、そこから引き寄せられた、真実。

「ルビー」は、いつもの湊さんとはちょっと違って、ほのぼのとする終わり方で、私は一番好きでした。
「ダイヤモンド」の雀女は、存在したんですかね。ファンタジーだとすると、あのラストは湊さんらしい落とし方だと思うんですが、男の妄想(自己憐憫からの)だったとすると、もっと湊さんらしいと言えるかも。
「ムーンストーン」は、騙されましたね〜。だけど、つながりが弱いというか話がバラバラ感があって、もうちょっと膨らませてここで終わりじゃなくて、裁判のことまで話を広げて二人の友情を描いてくれた方がいいな〜って、物足りない気がしました。

「サファイア」で暗澹たる気持ちになった後、更に「ガーネット」で登場人物が続いて、ちょっとうわぁ〜って思ったんですよね、実は。なんというか、もう主人公の血を吐くような苦しさ、追い詰められていく過程、うわ〜、湊節だな〜辛いな〜痛いな〜、って読み進めていったら、最後に浮上する。全てが救われたわけではないけれど、主人公がこれから物語を書き続けていく、前を向いて生きていく、というラストを迎えることが出来て、良かったと思う。
あえてこの本のタイトルを「サファイア」にしたあたり、さすが湊さんだなぁ!って感心したの、私だけかしら。

ところで「ガーネット」の冒頭、これって湊さんがデビュー作『告白』を出した時の、経験だったりするんでしょうか。確かに、問題作でしたけど、こんな批判の仕方、一方的で酷いなぁと思います。

そういえば、七つの宝石のうち、「猫目石」だけが宝石じゃなくて、本物の猫の話でした。
あれ?と思う気持ちと捻りが効いてていいという気持ち、3:7ぐらいですね〜。どうせなら宝石で揃えた方が良かった気もするし、でも猫の存在と隣人の陰湿さとそして家族が呼び寄せた結末、というドロドロっとした感じは、宝石よりもベランダで光ってる猫の目そのものの方が、ぞわぞわ来る気がする。
湊さんらしい、ブラックな物語ですね。
家族の方は、これからも平穏無事に暮らしていくんだろうなぁ・・・、怖い怖い。

いろんな湊さんを読めて、面白かったです。
でもやっぱり湊さんなら、ドロドロで、被害者意識が肥大化してて、些細な悪意が廻り廻る物語、読みたいかな(^_^;)。

(2012.11.08 読了)

サファイア [ 湊かなえ ]
楽天ブックス
湊かなえ 角川春樹事務所発行年月:2012年04月 ページ数:281p サイズ:単行本 ISBN:9


楽天市場 by サファイア [ 湊かなえ ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
サファイア(湊かなえ)
宝石をテーマにした7編の短編集。 ...続きを見る
Bookworm
2012/11/12 12:45
「サファイア」 湊かなえ
サファイア (ハルキ文庫) あなたの「恩」は、一度も忘れたことがなかった―「二十歳の誕生日プレゼントには、指輪が欲しいな」。 わたしは恋人に人生初のおねだりをした…(「サファイア」より)。林田万砂子(五十歳・主婦)は子ども用歯磨き粉の「ムーンラビットイチゴ味」がいかに素晴らしいかを、わたしに得々と話し始めたが…(「真珠」より)。 人間の摩訶不思議で切ない出逢いと別れを、己の罪悪と愛と夢を描いた傑作短篇集。 ◆◆◆ たしかな闇と、光がある。 素敵な装丁から、発売以来気になっていた1冊。 湊かなえさ... ...続きを見る
BOOKESTEEM
2016/04/12 20:56

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
「宝石」というテーマでしたが、バラエティに富んだ短編集でしたね〜。湊作品を堪能したなぁと思いました。
「ルビー」は湊さんには珍しく(笑)ほのぼのラストでしたね。でも、こういうのも好きだし、いいなぁと思いました。
私は「サファイア」「ガーネット」の連作が特に好きでした。
すずな
2012/11/13 12:42
すずなさん、ありがとうございます(^^)。
バリエーション豊かに、いろいろな物語が読めましたね。
ほのぼのもいいし、黒〜い物語もいいし、短編もお上手ですね〜。
で・も、やっぱりガッツリ長編で黒い黒い物語の方が、私的には好みです(笑)
水無月・R
2012/11/13 15:17
こんばんは〜^^
猫目石、思わぬラストにぞわぞわしました。
「家族」を切り取るうまさはさすが湊さんですね。外から見る家族と内から見る家族ではまたまるで違っておもしろいし、家族という共同体って改めて考えるとなんだか不思議な気さえしてきます。
確かに「サファイア」をタイトルにするのは秀逸ですよね。たぶん他のどの宝石でもここまで読了後に心にしっくりこなかった気がします。
yoco
2016/04/12 20:55
yocoさん、ありがとうございます(^^)。
ぞわぞわしましたよねぇ、猫目石(^_^;)。
さすが、湊さんです♪
それぞれの宝石によって広がる物語が、印象的で、ちょっと怖かったりほっとしたり、いろいろと楽しめました。
水無月・R
2016/04/12 22:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
『サファイア』/湊かなえ ○ 蒼のほとりで書に溺れ。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる