蒼のほとりで書に溺れ。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『PK』/伊坂幸太郎 ○

<<   作成日時 : 2012/12/05 22:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 4

伊坂幸太郎さんらしい作品だなぁ〜。
あちこちに張り巡らされる伏線と関係性、時系列も同時進行ではない物語が、…複雑でした(^_^;)。
読み終わって、タイトルの『PK』にもこんな意味があるんだ!とハッとしたりして、いやぁ…ちょっと疲れました(笑)。

「PK」「超人」「密使」の3つの物語が、一見、別々のお話のように見えて実は大変複雑に関係しているのですよ。
で、この物語のこの人が、ここに出てきて・・・あれ、この人はここで・・・うん?と、私の貧弱なアタマではついていけなくて(-_-;)。時系列が難しい・・・。
なんかね〜、細かいエピソードが入れ替わり立ち代わり描写されていくので、読んでて疲れてしまった・・・ってのもあります。
ああ、最近ホント、脳ミソ退化しつつある気がする〜(-_-;)。
有体に言うと、伊坂作品じゃなかったら、読了できなかったかも〜。

「密使」の耐性菌蔓延から世界を救うための2つの方法には、びっくりしました。1つ目のゴキブリ戦法は、それってどうなのよと思いますが(笑)。あまりにも迂遠すぎて、風が吹けば桶屋が儲かる的な感じですけど、やってる人たちは超真剣なんですよね〜。ちなみに、その奥さんがゴキブリから逃げる人かどうかは、チェック済みなんでしょうか?水無月・Rの家庭では、妻の私が、ゴキブリ退治係なんですけど。
2つ目の方法もゴキブリ関係だけど、こっちの方がストレートに近いと言えば、そうかな(笑)。
まあ、これで世界が救われるなら、それでいいんですけどね。一応、ハッピーエンドかな。
そして、このハッピーエンドのために重要な働きをする人が「超能力」を持ってるんだけど、その能力…大変しょぼいです(笑)。だけど、世界が救えるんだから、世界というモノも、複雑怪奇に廻り廻って、実は何でもないようなことが重要になるんですよね(^_^;)。

嘘くさい超能力が出て来るのに、、物語がうさん臭くならないのが、やっぱり伊坂さんの筆力。サッカーの試合結果メールが「将来殺人を犯す者の氏名住所・殺人をする日」に変換されて見える者、その見える者を救う青い服の赤マント男(スーパーマン?)、握手をするとその人から6秒だけ時間が盗める者、うわ・・・書いてて「なんてテキトーな能力なんだ」と思わざるを得ないのに、なんだろう「世の中みんな頑張ってるんだよな、うん」と思えてしまう。

ただな〜、面白かったのかどうか、よくわからないというのが実情ですね(^_^;)。
いつかこの物語の、別サイドの物語が生まれそう。その時は私、読むんだろうか(笑)。

(2012.12.14 読了)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
PK 伊坂幸太郎
PK著者:伊坂 幸太郎講談社(2012-03-08)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る その決断が未来を変える。連鎖して、三つの世界を変動させる。こだわりとたくらみに満ちた三中篇を貫く、伊坂 ... ...続きを見る
苗坊の徒然日記
2012/12/05 22:31
PK(伊坂幸太郎)
中篇三部作。 ...続きを見る
Bookworm
2012/12/06 12:41
それは何なのか?
小説「PK」を読みました。 ...続きを見る
笑う社会人の生活
2013/11/05 00:47

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは^^
この作品は最初は読んでいて難しかったです。入り込むのに時間がかかりました。
でも、人と人の交錯の仕方が上手いなーと思いました。さすがですよねー。
ここはこう繋がってるんだーっていうのが「ラッシュライフ」を思い出しました。
最後も一応ハッピーエンドで良かったです^^
苗坊
2012/12/05 22:35
いや〜ホントに入り組んでて、読みながら理解するのが大変でした;;;読み終わっても、それで本当にあってるのか不安で、誰かと答え合わせをしたい気分になりましたよ〜(笑)
でも、伊坂さんらしい作品で楽しめました。
すずな
2012/12/06 12:53
苗坊さん、ありがとうございます(^^)。
難しかったですよねぇ(^_^;)。
最後にパタパタと物語が収束し、おお〜そういうことだったのか〜!と。
いや…実を言うと、まだよく判ってない部分もあったりして。あはは。
水無月・R
2012/12/06 22:02
すずなさん、ありがとうございます(^^)。
伊坂さんらしかったですよね〜。
パタパタと収束していくラストが、良かったです。
水無月・R
2012/12/06 22:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
『PK』/伊坂幸太郎 ○ 蒼のほとりで書に溺れ。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる