蒼のほとりで書に溺れ。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『生きる悪知恵』/西原理恵子 ◎

<<   作成日時 : 2013/01/14 17:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

サブタイトルに「〜正しくないけど役に立つ60のヒント〜」とある本書、『生きる悪知恵』
さすが、水無月・R認定・はちきん漫画家西原理恵子さん、歯に衣を着せぬ真っ当さ、だと思います。
〔恒例すぎてしつこい解説:「はちきん」とは、男勝りでサッパリとした気性の、芯がシッカリしている女性をさす、土佐弁です。〕
私は、正しくない、なんてことないと思うなぁ。

確かに、書いてることは「正義感」とか「生真面目」からは程遠いけど、人って年がら年中気を張って生きていけるわけじゃないもんね。まずは自分を守ることから始めないと、この面倒な世の中。ねぇ。
・・・ただね、ウチの中学生の長男がこの本を読みたがってるんですけど、読ませるかどうか、悩むんですよねぇ(笑)。
セックスとか風俗とか、そういう話が書いてあることも勿論迷うところなんだけど(^_^;)、世の中の大変さを知らず手抜きして生きようとする甘ったれの中学生が、この本読んで自分の都合のいいトコだけつまみ食いして、舐めた考えもつのが、目に見えてるんですもん。
この本は、多少は世間にもまれたことのある人じゃないと。
(ちなみに、ウチの中学生がこの本を読みたがってるのは、清水義範さん&西原さんの『面白くても理科』を学校の図書館で借りて爆笑したから、のようです。・・・まずは、そういうの読もうよ、中学生。)

さて、内容の話に入りましょうか。お悩み相談に対しての西原さんの答えが、ふるってます。抜粋します。
「やっとの思いで入社した会社が、いわゆるブラック会社でした」
DV男との離婚と一緒。さっさと見切りをつけましょう。
「妻の飯がマズイんです。はっきり言うべきでしょうか」
焼いてポン酢をかければ何でもうまし。
「なぜか面倒くさい女とばかり付き合ってしまいます」
自分のセンサーを信用するな。
「女子に「キモイ」と言われます」
中2から高2ぐらいの男子は全員キモイ!
「学校の先生がフレンドリーすぎてウザイ。」
‘なりきりホステス‘でかわしのテクを磨け。

アレですね、ポン酢は馬路村のポン酢「ゆずの村」ですよね〜♪私も好きです。
・・・中2〜高2の男子はキモイ。・・・なるほど、確かに(笑)。それでいいんだよ(笑)。
ばっさばっさと、相談を切って捨てているようで、きちんと向き合ってる。愛があるのですよ。
相談者がブレていたり甘ったれたりしてるなら筋が通った状態を示し、馬鹿正直すぎてるなら少し気を緩めて自分を守れるような道を示す。
イロイロと、大変な人生を歩んできた西原さんの回答、実に重みがありますね♪

ただね〜、いくつか「私的にはそれは違うぜ」というのがあったかな(笑)。
孫・孫とうるさい義母には〈そのうち死ぬからほっておけ〉なんだけどさ〜、それがなかなか死なないわよ(笑)。
人生80年なんで。
それとすぐに「子供産め」って回答してるけど、安易に子供産んじゃうと、色々大変よ。安易じゃなくても、子供って手がかかるんだから〜。色々悩ましいしねぇ。私2人で充分ですもん。絶対ムリ。まあ、豪快母になれたら、いいのかもしれないんですけどねぇ…。小うるさい母の私には、なかなか至れない境地でございます。あ、西原さんの回答否定するわけじゃないですよ。

作家さん、漫画家さんからの相談も、西原さんらしい骨太な回答がなされていますよ。
一番笑ったのが作家・綾辻行人さんからの創作活動へのモチベーション維持はどうしてるか、という相談に対して「借金一億四千万あること」と回答してること。
西原さん、男前だ!素晴らしい!
大借金あって、がつがつ仕事を取り、こなす!返すぜ!という気合が素晴らしいですね。

やっぱり、西原さん、好きだなぁ(笑)。
あんまり内容に触れてないですけど、この辺で終わりにします。
気になった方は、読んでみてください。ニヤニヤしつつ、目からウロコも落ちつつ、納得できますよ。

(2013.01.13 読了)

生きる悪知恵 [ 西原理恵子 ]
楽天ブックス
正しくないけど役に立つ60のヒント 文春新書 西原理恵子 文藝春秋発行年月:2012年07月 予約締


楽天市場 by 生きる悪知恵 [ 西原理恵子 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
生きる悪知恵 西原理恵子
生きる悪知恵 正しくないけど役に立つ60のヒント (文春新書 868)著者:西原 理恵子文藝春秋(2012-07-20)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 『ぼくんち』『毎日かあさん』で知られる人気漫画 ... ...続きを見る
苗坊の徒然日記
2013/01/14 18:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは^^
西原さん素敵ですよね〜。肝っ玉が据わっていると言いますか^^;やはり酸いも甘いも経験されてるからなんでしょうね。だから言える言葉なんだろうなと思います。甘っちょろく生きている私なんてこんな答え、とても思いつきません。
息子さんに読み薦めるのは確かに考えちゃいますね^^;でも読んだ感想を聞いてみたい気はします。って、私が勝手に言ってすみません。
苗坊
2013/01/14 18:43
苗坊さん、ありがとうございます(^^)。
西原さん、スゴイですよねぇ。
私も、西原さんの境地には至れないです(^_^;)。
・・・そうですねぇ。
ウチの長男が、もうちょっと世の中の厳しさを知ってからなら、読むの許可しようかなぁ…と思ってます(笑)。
もちろんその時は感想聞きますが、あの人ろくなこと言えそうにない(-_-;)。
水無月・R
2013/01/14 19:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
『生きる悪知恵』/西原理恵子 ◎ 蒼のほとりで書に溺れ。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる