蒼のほとりで書に溺れ。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『月の輝く夜に/ざ・ちぇんじ!』/氷室冴子 ◎

<<   作成日時 : 2013/02/24 17:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

子供のころから、読書は好きだった。
だけど、中学生になったころ氷室冴子さんの作品と出会って、私の読書好きに拍車がかかったと言っていい。
そんな大切な作家さんが亡くなって、もうだいぶ経つ。
ファン待望の文庫未収録作品と古典『とりかへばや』の新釈物語である『ざ・ちぇんじ!』を併せたこの『月の輝く夜に/ざ・ちぇんじ!』

「月の輝く夜に」
年の離れた恋人の、入内を控える娘を預かった貴志子。誰もがやるせない思いを抱いて、すれ違い、涙を流している。
「ざ・ちぇんじ!(前編)」
大臣家の若君と姫君は、実は男女入れ違い。それでも出仕と入内までして、栄達するが。
「ざ・ちぇんじ!(後編)」
若君と姫君が入れ違ったままではいられなくなり、本来の性別に戻ることに。華麗に大団円。
「少女小説家を殺せ!1」
横暴な少女小説家にたかられて(笑)いる、女子大生の日々。
「少女小説家を殺せ!2」
何とか少女小説家と縁を切ろうとする、女子大生の苦悩(笑)。
「クララ白書 番外編 お姉さまたちの日々」
お嬢様女子校の実力者たるお姉さま、学校や親友を守るために奮闘する。

『ざ・ちぇんじ!』はそれこそ、コバルト文庫初版の頃に読みましたねぇ。内容も、きちんと覚えてた。だけど、とても楽しめました〜!凄いなぁ、氷室さんて…!
そうそう、私が古文好きになったのって、氷室さんのおかげだと思うんですよね。中学時代、『なんて素敵にジャパネスク』シリーズやこの『ざ・ちぇんじ!』にハマったから、高校も古文に力入れてるところ、大学もその関係に進んだ…のかもしれないな、な〜んて、ね。うん、でもホントにきっかけの一因ではあると思います。氷室さん、今の私があるのは氷室さんのおかげでもあります。ありがとうございました!
実際、平安時代の姫君があんなに活動的に動き回ってたかというと、そうはいかないんだろうけど。それでも、宮廷生活や貴族の在り方など興味深く読んだもの。まあ「冗談はよしのすけ」なんて台詞はあの時代にも、今の時代にもないけど(笑)。そのあたりは、あのころのコバルトだなぁ、って思いましたねぇ、今回。
やっぱり、ラストの入れ違え作戦、面白いわ〜。原作があるとはいえ、あのころの中学生にも、そしてオバハンになってしまった今の私にも、ドキドキと高揚するこの展開!
そして、きちんと大団円を迎えて、ほっとする終わり方。予定調和かもしれないけど、なんかいいねぇ、こういうお話。

表題作の一つ「月の輝く夜に」は、全ての登場人物が心に屈託を抱えて、時に涙を流し、その涙を隠して微笑んだり、時代や慣習の中に囚われて、それでも生きている。悲しみ苦しみ、受け入れながら。切ない思いいっぱいで読みました。

「少女小説家〜」、笑いながら読みました。自分を過信する少女小説家・火村彩子センセ(笑)。その暴走ぶり、傍若無人な横暴さ、それに巻き込まれる女子大生・米子。勢いがあって、他人事だから楽しいんだけどねぇ。誰かこの少女小説家たちを止められる人はいないのか(笑)。

「お姉さまたちの日々」も、実務家のお姉さま・虹子さんの苦労がしのばれて(笑)。苦労人だなぁ、虹子さん!それから麗人・濃子さんも(^_^;)。そして、白路さんの天然ぶりに、爆笑。あの華麗なる上級生のお姉さま方にも、こんなストーリーがあるんですねぇ。面白かったです。

もう、氷室さんの新しい作品を読むことが出来ないのは、本当に残念。
『冬のディーン 夏のナタリー』が未完であることは、特に。ちょうど自分も大学はいるころだったから、丁度タイムリーだなぁ、なんて思っててあの作品、好きだったから。

しかし、この文庫、すんごく分厚いです(^_^;)。まずそのことに驚いた。京極夏彦か!とツッコミを入れたくなりました(笑)。だから、読むのに時間がかかったってことでもないんですけどね〜、ちょっと忙しくて、2月入って初の読書感想になりました。しかも文章化するの遅すぎ…。

(2013.02.17 読了)


月の輝く夜に/ざ・ちぇんじ!/氷室冴子【もれなくクーポンプレゼント・読書家キャンペーン実施中!】
オンライン書店boox
著者氷室冴子(著)出版社集英社発行年月2012年09月ISBN9784086016681ページ数65


楽天市場 by 月の輝く夜に/ざ・ちぇんじ!/氷室冴子【もれなくクーポンプレゼント・読書家キャンペーン実施中!】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
うわ、これはーっ!と、思わず叫びそうになりましたよ^^;この作品集が刊行されてるってことを知らなかったとは…不覚;;;とちょっと凹んでしまいました。
ということで、ちょっとこれは探してみなければ!
すずな
2013/02/25 12:46
すずなさん、ありがとうございます(^^)。
〈コバルト文庫〉の時代を築いた氷室さん。私たちの世代には絶大な人気がありますよね。
あらあら、凹む必要はないですよ〜♪
私も、なんだったかしら、偶然知ったんですよ。ええ、ぜひぜひ読んでくださいませ。
楽しかったですよ♪
水無月・R
2013/02/25 22:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
『月の輝く夜に/ざ・ちぇんじ!』/氷室冴子 ◎ 蒼のほとりで書に溺れ。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる