蒼のほとりで書に溺れ。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『とっぴんぱらりの風太郎』/万城目学 ◎

<<   作成日時 : 2014/12/10 14:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 6

図書館でこの本を受け取った途端、心の中で突っ込んだ。
「京極夏彦かよ・・・!!」と・・・。
超分厚い。上の棚から落下してきたら凶器になるレベルに、分厚くて重い。これは読むのが大変かも、と思ったがそこは万城目学さんである。登場人物たちの軽妙なやり取り、主人公・風太郎のトホホっぷりに笑う勢いで、結構サクサク読めました。
『とっぴんぱらりの風太郎』ってタイトル、昔話の締めの「とっぴんぱらりのぷう」と掛けてるのね。

いやあ、万城目さんいいなぁ(笑)。
忍者の里・伊賀を追い出された風太郎(働かないでフラフラしてる人を指すプータローと掛けてるよね)が、京の町で不思議な縁の糸に手繰り寄せられていく。
偶然か必然か、口をきくひょうたん・因心居士に指図され、ひょうたん育てる羽目になった風太郎は、伊賀時代から懐いてくる黒弓とともに、豊臣家と大きなかかわりを持つことに。
風太郎と黒弓が祭りを案内した巨漢のひさご様。そのひさご様を連れた風太郎たちを襲ってくる、傾奇者たちの思惑。
そして、大坂夏の陣のさなかの、風太郎たちの戦い。連れ出された女児。

こ、これは『プリンセス・トヨトミ』へ、長い年月を経てつながっていく、ってことなんですね?!ひゃ〜!万城目ワールド、繋がってます♪

因心居士の張り巡らす、用意周到な策略に一つずつ律儀に引っかかり(笑)、巡り巡って大仕事に加担することになってしまった風太郎だけど、人柄の良さというか愛嬌というか、なんだかんだ文句を言いつつ危ない目に遭っても何とか乗り越えていく真面目さというのか、そんなところが愛されてか、最後の戦いは、みんなが命をかけて助けてくれる。
最後の戦いはかなり過酷なもので、読んでて本当にハラハラした。次々に仲間が倒れ、ついには風太郎も。

大阪城炎上の戦い、風太郎一行が次々と追い詰められ、そのたびに仲間が風太郎を守って死んでいくのが切なかった。何処かに救いはないものなのかと、ずっと探しながら読んでいた。そして、あの結末を読んで、とても悲しかった。
ただ、決定的なことは書かれていないから、もしかしたら…なんて期待もしてしまったりしました。

しっかし、風太郎、モテモテだなあ!(笑)
なのに、全然気が付かないところが、酷いよ(^_^;)。でも、気付かないところが、風太郎のトホホクオリティ(笑)。

戦場での描写が惨くて、読むのが辛かった面もあるけど、風太郎とその忍者仲間たちのやり取りの明るさとテンポの良さ、風太郎のいい加減そうで根は真面目なところとか、そういった部分にとても救いがありました。

タイトルから想像していた内容というかノリとは全然違っていましたが、良かったです。

(2014.11.01 読了)

とっぴんぱらりの風太郎 [ 万城目学 ]
楽天ブックス
万城目学 文藝春秋【2014年本屋大賞5位】 発行年月:2013年09月 予約締切日:2013年09


楽天市場 by とっぴんぱらりの風太郎 [ 万城目学 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【とっぴんぱらりの風太郎】(万城目学)を読了!
風太郎の運命は、ひょうたんのみぞ知る? ...続きを見る
じゅずじの旦那
2014/12/10 19:07
とっぴんぱらりの風太郎 万城目学
とっぴんぱらりの風太郎著者:万城目 学文藝春秋(2013-09-28)販売元:Amazon.co.jp 天下は豊臣から徳川へ―。重なりあった不運の末に、あえなく伊賀を追い出され、京(みやこ)でぼんくらな ... ...続きを見る
苗坊の徒然日記
2014/12/10 22:13
400年後へのプロ&#8203;ローグ
万城目学さん初の時代物、 しかも大長編で、尚且つ、伊賀の忍者物となれば 期待は殊の外大きい。 ...続きを見る
活字の砂漠で溺れたい
2014/12/11 17:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
技術をもってしてもフリーターにならざるをえない風太郎。
大阪城炎上あたりまでは飄々としてその性格が楽しめたんですけど、やる時はやりますね。
歴史の繋がりを楽しめました!
じゅずじ
URL
2014/12/10 19:12
こんばんは。
京極夏彦かよ!に笑いました^m^
プリンセス・トヨトミに繋がっていく感じはうわぁぁぁっとなりましたよね。でもその史実を知っている分救いがないのも分かって本当に切なかったです。
でも風太郎や周りの人たちとの関わりが良かったですよね。読んで良かったです。
苗坊
2014/12/10 22:15
じゅずじさん、ありがとうございます(^^)。
大阪城炎上での戦闘は、本当に迫力がありましたね!どうにかみんな助からないかと、ずっと願いながら読んでました。
切ない終わりになりましたが、プリンセスへつながる壮大な物語、良かったです!
水無月・R
URL
2014/12/10 22:25
苗坊さん、ありがとうございます(^^)。
いや、だってねぇ、あの厚みは(笑)。
風太郎の人柄の良さが、物語をうまく運んでいく感じがしましたね。
あっ!『プリンセス・トヨトミ』って気づいたときは、おおぉぉ!って思いました♪
水無月・R
URL
2014/12/10 22:32
こんばんは
確かに京極堂並みの厚さだったようですが、僕は電子版でトライしたので楽勝でした 笑 この一冊でプリンセストヨトミの切なさが増すような気がします!!!
yori
URL
2014/12/11 17:54
yoriさん、ありがとうございます(^^)。
なるほど、電子書籍ならあの凶器体験はしないで済みますね(笑)。
この時から、トヨトミの後継者は『プリンセス』だったんですね♪
水無月・R
2014/12/11 22:06

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『とっぴんぱらりの風太郎』/万城目学 ◎ 蒼のほとりで書に溺れ。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる