蒼のほとりで書に溺れ。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ラブコメの法則』/東山彰良 ○

<<   作成日時 : 2015/03/22 20:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

う〜む、むむむ。思ってたのとちょっと違ったなぁ。
タイトルが『ラブコメの法則』ってあるから、もっとラブコメラブコメしてて笑えるのかと思ったんだけど、ちょっと違ったような気がしますな。
東山彰良さん「このミス」出身の方だそうですが、本作はミステリー色はほとんどナシですね。
映画のうんちくが好きな人は、面白いのかもしれないな〜(残念ながら私は超メジャーなのしかわからなかったデス)。

東京で夢破れて故郷博多に戻り、しがない映画コメンテイタ―として細々生きる主人公・松田杜夫。彼の周りには、強烈な個性あふれる女性親族たちがいて、彼を引きずり回したり、叱咤激励したりしている。
あるとき知り合った、ちょっとビッチ(!)な女性・岩佐まち子に恋をしたのだが、彼女には子供がいたり、元夫が押しかけてきたり、一筋縄ではいかない。映画配給会社を経営する百合子伯母さんを始めとし、夫にだけ夢中な母・日登美、男前な真璃絵叔母、男の影が絶えることない奈津子叔母、地方局アナの従姉や美人モデルの姪や子役デビューを果たしてる姪、とにかく美人で気風がよく強気で情が深くて・・・一人二人ならいいが、こんなの束になってかかってきたら、そりゃ弱腰のヘタレ男になるしかないわ(笑)。
ラブコメ、というよりヘタレ君の受難物語?!

・・・ストーリーを追うべきなのか、ちょっと迷うな(笑)。
まあ、なんていうか、ヘタレなダメ男が子持ちのイケイケ女に恋をして、イロイロどたばた(美人親族が事態を余計混乱させる)しながら、失業の危機も何とか乗り越え、恋の方は?・・・ってカンジなのかな?

博多弁での会話のノリが非常に楽しかったです。登場人物みんな、割とあけすけなことを言ってて、うわ〜って思うことは多々ありましたが(^_^;)。
あとね、気になったのが、「ビッチだって思った女性を好きになるのかどうか」ですよね。いや、まあ、個人の好みなんでいいんですけどねぇ。

3人の叔母(伯母)と母のとんでもない4姉妹を中心に、杜夫の受難と恋が、ドタバタドタバタ・・・・ってことでいいんじゃないかと思います。ははは。

出来ればですね、4姉妹の方の物語を読みたいです(笑)。
どんだけ波乱万丈で、むちゃくちゃで面白い話になることか!
まあその場合も、杜夫はあおりを食らって酷い目に遭ってくれたらいいと思います(笑)。

(2015.03.17 読了)

ラブコメの法則 [ 東山彰良 ]
楽天ブックス
東山彰良 集英社ラブコメ このミス 馳星周 池上冬樹 瀧井朝世 町山智浩 映画 福岡 博多弁 抱腹絶


楽天市場 by ラブコメの法則 [ 東山彰良 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『ラブコメの法則』/東山彰良 ○ 蒼のほとりで書に溺れ。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる