蒼のほとりで書に溺れ。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ドS刑事 〜桃栗三年柿八年殺人事件〜』/七尾与史 ○

<<   作成日時 : 2016/05/21 22:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

あれ〜?なんだろう…物足りない感じがするんですけど。
いや、死体の数とか状態とかに関しては、相変わらずお腹いっぱいなんですけどね(^_^;)。
七尾与史さんの『ドS刑事』シリーズの4冊目。
TVドラマもちょっと見ましたが、やっぱり小説の方がいいです(笑)。だって、原作通りには絶対映像化できませんもんねぇ、イロイロ放送禁止になっちゃう(^_^;)。
『ドS刑事 〜桃栗三年柿八年殺人事件〜』は、前作『ドS刑事 〜三つ子の魂百まで殺人事件〜』のラストに出てきた「あしゅら男爵状態男女一体死体」の事件から始まりました。
「あしゅら男爵」…一応知ってるけどさ〜(笑)。アレがリアル死体か・・・。ううむ、大変グロいですなぁ。

何故物足りないかを考えてみました(笑)。
今回の事件は2つ+α。
1つ目が「あしゅら男爵状態男女一体死体」から始まる、双子縫い合わせ死体に関わる一連の事件。
2つ目が、3係が慰安旅行に出かけた城華町で起こる「女性連続撲殺事件」。
そして、この二つの事件の合間に切れ切れに挟まれる1979年の城華町の「女性連続絞殺事件」。
どっちも、ちょっと駆け足な感じなんですよね。1つ目をとっとと片づけて2つ目の発生に間に合いたいという、黒井マヤの都合(笑)のおかげで。そして、2つ目は連続殺人の展開が雑すぎですよ。
2つ目と1979年の事件の真の黒幕の方は、だいぶ前に予測はついてて、最後まで読むとその予測は当たってたんですよ。ただねぇ、どうも被害者の選び方とか、殺し方が雑だとかで、イマイチな印象でねぇ。
あと、2つ目の事件で旅館の娘・千鶴をマヤが可愛がってたことに絶対深い意味がある!って思ってたのが、とくにはなくて残念だったとか、そんなことも原因かなぁ。
それとあれだ、代官様とマヤの関係が進展しなかったこと、もあるかな(笑)。
代官様陥落寸前、って思ってたので、もうちょっとグラグラしてる感じがあったら面白かったかなと。
陥落しちゃったら面白くなくなっちゃうので、グラグラしつつも踏みとどまっててほしいんですけどね(笑)。

パワーアップしたのは、ドM ・エンジェル浜田の不死身度ですかねえ(笑)。
この人東大卒なのに、どうしてこんなに「ピュアお馬鹿さん」なんでしょう。
マヤのデコピンによる裂傷の為常に額には包帯が巻かれ(どんだけ威力があるデコピンなんだろう(笑))、マヤや事件の危機には必ず身を挺して(挺させられて)瀕死の重傷を負うのに、それでも必ずヘラヘラしながら復活するという、ね。
しかも「姫様は僕の包帯姿に惚れてるんですかね」って、なんでそんなにポジティブに勘違いしてられるのか…。まあ、浜田にはこのまま変わらずにいて欲しいですねぇ。たとえどんなに強力なデコピンを食らおうとも、代官様がグラッグラに揺れて危なっかしげでも、マヤの嗜虐がグレードアップしようとも、しぶとくヘラヘラしててくれたら、とても安心できますな。

「フィボナッチ数列」って、何故か知ってたんですが、次は55年後か〜。
真の黒幕は、どうやって真犯人たちに犯行を決意&実行させてたんでしょうねぇ。事件発生の時期や場所は指示して守らせてたのに、被害者の選び方や殺害方法に関してはテキトーだったのがちょっと、雑だったな〜って思います。現時点で二十歳の後継者が行方不明、55年後は75歳、しかも拠点はもう使えないし実行犯にあてがないとなると、もう発生しないのかしら。マヤは「フィボナッチ数列は人間界を含めた自然界を支配するのよ」と言ってますが…ちょっと心配だな(笑)。

あ、あと気になったのが双子縫合殺人の「死体は縫合された後まだ生きていた」って状況。マジですか、半身や首を切断されても生きてるって可能なの…?!切断面を瞬間氷結?でもそれじゃ縫合しにくいと思うし…。ていうか、それ具体的に考えたら、気持ち悪くなってきちゃったよ・・・(-_-;)。

(2016.05.20 読了)

ドS刑事(桃栗三年柿八年殺人事件) [ 七尾与史 ]
楽天ブックス
七尾与史 幻冬舎発行年月:2015年04月 ページ数:311p サイズ:単行本 ISBN:97843


楽天市場 by ドS刑事(桃栗三年柿八年殺人事件) [ 七尾与史 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ドS刑事 〜桃栗三年柿八年殺人事件〜』/七尾与史 ○ 蒼のほとりで書に溺れ。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる