蒼のほとりで書に溺れ。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『スタープレイヤー』/恒川光太郎 ◎

<<   作成日時 : 2016/07/30 21:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今までの恒川光太郎さんとはずいぶん違う作風になったけど、面白い…!私はこういうの、大好きだなぁ♪
シミュレーション?RPG?、・・・ゲームのジャンル分類に詳しくないのでよくわからないんですが、ゲームっぽい展開でサクサク読めます。
謎の白い大男から籤を引いて『スタープレイヤー』を当てた途端、異世界に飛ばされた主人公・斉藤夕月(ゆづき)の物語。
十の願いを叶えてくれる「スターボード」を駆使して、彼女はこの世界をどう生きていくのか。

願いを十個かなえてくれるという、スターボード。
願いを無限に増やすとか、物理法則を破壊するとか矛盾するものとかでない限りたいてい願いは叶い、一つの願いに含められる願いのバリエーションはとても幅が広く「何かを一つ限り」ではなく、〈○○が乗ったテーブルのある家とその周りの庭園〉などというセット注文ができるという。
しかも、どんな願いも審査さえ通れば叶えられ、代償も要求されない。

最初は、自分の住む家やその周りの庭園(無駄に宝石など使ったゴージャスなもの(^^;))、自分を美人に改造して体内外を若返らせ(笑)、かつて自分を襲って後遺症の残る怪我を負わせた犯人を呼び出して送り返す…などという個人的なことに願いを使っていた夕月だけれど、ほかのスタープレイヤー〈マキオ〉や原住民や外来民(ほかのスタープレイヤーに呼び出された普通の地球人)と出会い、願いの使い方を考えるようになる。
マキオの暮らすタワー村との交流を続けるうちに、他のスタープレイヤー勢力や原住民国家などの存在も知るようになり、否応なしににその勢力抗争に巻き込まれる夕月。
国家間戦争、亡国王子の亡命、スタープレイヤーの存在を知っている危険な男とその配下の襲撃、新しい願いで新たな街とそれを結ぶ鉄道や戦いで失われた命の復活などを叶え、決戦に備える。
決戦では、足元をすくわれた夕月だったが、タイミングよく救いの手が現れ、おかげで侵攻してきた軍を撃退し、完全勝利を収めることができ、時を経て二年後、亡国の王のもとに連合国を建国する。
そして、残りのスターの数を秘めたまま、夕月は最後の願いと称して、国のための願いを実行する。

ここで物語は終わりを告げる。夕月は、スタープレイヤーたちが建国したという〈ヘブン〉に行くという計画を実行しよう、としている。

続巻『ヘブンメイカー 〜スタープレイヤーU〜』が楽しみですねぇ。夕月の物語なのか、ヘブンを作った人々の物語なのか、どちらでもきっと面白くて、わくわくするでしょうね!
〈願いをかなえてくれる存在=フルムメア〉については結局、本書でほとんど分からないままでしたが、今後で分かっていくのかしら。

夕月のスターボードの案内人、石松君のキャラがいいです(笑)。
「あっし」とか「でやす」とか喋り、着物を着ているというその造形も妙にほほえましいですし。「案内人プログラム」なので感情もないはずなんだけど、必要な時に呼び出して願いに関する相談にも乗ってくれ、夕月とのやり取りが軽妙でいいコンビですよね。石松君が出てくると、場が緩む感じがして、好きです。
スタープレイヤーそれぞれにいろんな案内人がいるのですが、その組み合わせはどういう法則なんでしょうねぇ(笑)。ランダムだったとしたら、素晴らしい奇跡の組み合わせですよ、夕月と石松♪

とにかく、一つの『願い』にいろんなことを盛り込めちゃうのが、すごい。
死人を生き返らせ、病人を完治させ、地形を変え、巨大な建物を建てその中に収める大量の書籍を取り寄せ、食べ物もエネルギーもなんでもどれだけでもOKっていう・・・。それ願い1つじゃないし!というツッコミはナシな方向らしいです(笑)。
私だったら、どうするかなぁ。夕月みたいに肉体改造は…するな、たぶん(笑)。
何をするか、色々妄想しました。どれだけだって一つの願いに含めちゃえるということを知ってるから、いくらでも妄想広がりますよねぇ(^^;)。
でも、私はやっぱり今の現実社会がいいなぁ…。家族と離れちゃうのは嫌だし。
戻ろうとしたら、存在消えちゃうわけだし。

なので今後も、スタープレイヤーたちの活躍は物語で読んでいきたいですね(笑)。

(2016.07.27 読了)

スタープレイヤー [ 恒川光太郎 ]
楽天ブックス
恒川光太郎 KADOKAWABKSCPN_【KADOKAWA3倍】 発行年月:2014年08月 予約


楽天市場 by スタープレイヤー [ 恒川光太郎 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『スタープレイヤー』/恒川光太郎 ◎ 蒼のほとりで書に溺れ。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる