蒼のほとりで書に溺れ。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ヘブンメイカー 〜スタープレイヤーU〜』/恒川光太郎 ◎

<<   作成日時 : 2017/03/20 23:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

〈もし、スターボードを手に入れたら〉の妄想が止まらない、水無月・Rでございます(^^;)。
でも、小心者なので、一等賞のスタープレイヤーは辞退したい(笑)。籤を引かなきゃ大丈夫なのかしら。
恒川光太郎さんが繰り広げる、スタープレイヤーの世界。
本作『ヘブンメイカー 〜スタープレイヤーU〜』では、前作『スタープレイヤー』と同じ惑星の、別の場所での物語が始まります。

ある時、全く知らない街で目覚めた、日本人の老若男女たち。全くの異世界にあるその街(つくりは日本の街そっくり)を〈ヘブン〉と名付け、そこで生活しはじめた彼らの物語と交互しながら、「サージイッキクロニクル」という、スタープレイヤーとなった日本人青年・佐伯逸輝の物語が描かれていく。

二つの物語は、ヘブンの物語の主人公・鐘松孝平の名前がサージイッキクロニクルにも出てくることで、最初から繋がりがあることが分かったのですが、サージイッキの物語がだいぶ先行していて、どうまとまってくるのか、結構気になりつつ読み進めてましたね。
やっと繋がったあたりから、巨大建築物・バベルからサージイッキが消え、バベル住人たちの間に発生した内紛に〈人間〉の勝手さ醜さが浮き彫りになってきて、なんとも居心地が悪い思いをしました。どうして、差別や見下しが横行するんだろうなぁ、下品で嫌なことだなぁ・・・って。
対照的なのが〈ヘブン〉の人々。誰かが独裁することもなく、それぞれが持つ得意分野を生かした活動をしたりして、発展したヘブン。
そこを目指して現れたのは、「斉藤夕月」という女性。ほほう、そういう流れなんですねぇ。 

スタープレイヤーは、他のスタープレイヤーと出会ってお互いに自分になかった発想を得たり、「どう願いを使っていくか」を考えるようになったり、プレイヤーとして成長していく。

しかし、「プレイヤー」とあるからには、いつしか〈スタープレイヤー〉同士で競い合うような物語も出てくるのでしょうか・・・。結構壮絶な戦いが発生する可能性もあるので、それはちょっと・・・いやかなぁ。
今のところ、大体のスタープレイヤーは平和的で自分とその周りの幸せを願う公正な人々だけど。

前作に比べて、スターの使い方が壮大になってますねぇ。10回しか使えないけど、いろんな願いを含めることが出来るから、思いつく限りほぼ無限に叶えられるわけで、ホントに神の域ですよね。
そんなスターボードを手にした人間が、どんな願いをして、世界にどう関わっていくか・・・。
思っていた以上に、スタープレイヤーの人数は多そうだし、どうも選ばれる人の元の時代もある程度幅広そうなんですが、相変わらず〈スターボードで願いをかなえてくれる存在=フルムメア〉の情報がほとんど明らかになりません。
ということで、次回作も期待していいのでしょうか?恒川さん!!

私がスターボードを手に入れたら(笑)。
まずは、自由に過ごせる時間と空間を確保し、読みたい本リストのすべてを呼び寄せ(笑)、読書に専念しても健康を保てる肉体に改造(食べても太らないとか、座って読書してばかりでも保たれる筋力とか)するな!
…ただし、スターボードはこっちの人間世界では使えません。ということで、現状に未練がありまくりの私には、やっぱりスタープレイヤーの資格はないようですな(笑)。

(23017.03.18 読了)

ヘブンメイカー [ 恒川光太郎 ]
楽天ブックス
スタープレイヤー2 恒川光太郎 KADOKAWABKSCPN_【ニコカド2016_3倍】 発行年月:


楽天市場 by ヘブンメイカー [ 恒川光太郎 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ヘブンメイカー 〜スタープレイヤーU〜』/恒川光太郎 ◎ 蒼のほとりで書に溺れ。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる