アクセスカウンタ

<<  2017年4月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
『まばたき』/穂村弘 酒井駒子・絵 ◎ (絵本)
『まばたき』/穂村弘 酒井駒子・絵 ◎ (絵本) モンシロチョウが、花から飛び立つ瞬間など、『まばたき』ぐらいの短い瞬間を描く絵本。 穂村弘さんというと、私的には雑誌『ダ・ヴィンチ』の「短歌ください」の選者さんでなじみがあり、どんな絵本なのだろうと、ふと気になって図書館から借りて来ました。 酒井駒子さんのやや暗く静かな絵が、とてもいい雰囲気です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/27 18:38
『陽気なギャングは三つ数えろ』/伊坂幸太郎 〇
『陽気なギャングは三つ数えろ』/伊坂幸太郎 〇 人間嘘発見器・成瀬。演説の達人・響野。スリの名人・久遠。正確無比な体内時計の持ち主・雪子。 伊坂幸太郎さんの9年ぶりの〈ギャングシリーズ〉第3作、『陽気なギャングは三つ数えろ』は、この4人組の2年ぶりの銀行強盗で、幕を開ける。 銀行強盗そのものは成功したのだが、ひょんなことからゴシップ記者と知り合いになってしまい、彼らは脅され追い詰められる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2017/04/24 18:50
『源氏姉妹』/酒井順子 ◎
『源氏姉妹』/酒井順子 ◎ 水無月・Rは、アンチ源氏の君である。 女性にだらしがなく、自業自得なのに、なにかっちゃ「自分はかわいそうな男なのだ」とべそべそ泣いて、誰もが自分に靡くのが当然みたいな態度で常に自信満々。 イラつくわぁ…。たぶん、現実でこんな奴と知り合いだったら蹴とばしてるよなぁ、と常に思ってます(笑)。 そんな私が握りこぶしで同意しまくった、酒井順子さんの『源氏姉妹(しすたあず)』。 源氏との肉体関係を通して「姉妹」となった女性たちの物語。私と同じくアンチ派の酒井さんが、思いっきり源氏をメッタ斬りしてく... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2017/04/13 17:24
『校閲ガール トルネード』/宮木あや子 ◎
『校閲ガール トルネード』/宮木あや子 ◎ あ〜、面白かった!! 楽しかったし、考えさせられたし、ホントに素晴らしいシリーズですよ、宮木あや子さん!! 社会人3年目にして、念願の「女性ファッション誌の編集」に異動となった悦子が、直面する現実とは。 『校閲ガール トルネード』、まさにトルネードのごとき展開でした! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

2017/04/07 18:14
『書楼弔堂 〜炎昼〜』/京極夏彦 ◎
『書楼弔堂 〜炎昼〜』/京極夏彦 ◎ 毎度のことながら、凶器になるレベルの製本ですねぇ、京極夏彦さん!!いやもう、京極さんの作品は、そういうものだと思っておりますけどね(笑)。逆にそうじゃなかったら、寂しいかも?! 『書楼弔堂 〜破曉〜』に続く、『書楼弔堂 〜炎昼〜』。 書舗「弔堂」への案内人は、前作の元旗本の高遠氏から弔堂の近隣に住む元薩摩藩士の孫娘・塔子に変わり、彼女は明治の著名人或いはいずれ著名人になる人々と「その人のための唯一冊」を繋いでゆく。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/02 15:34

<<  2017年4月のブログ記事  >> 

トップへ

蒼のほとりで書に溺れ。 2017年4月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる