蒼のほとりで書に溺れ。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ワンナイト』/大島真寿美 ◎

<<   作成日時 : 2017/08/18 14:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

とある夜に、「結婚を考えている人たちの、真面目な合コン」があり、そこで知り合った男女の「その後」が描かれる。
大島真寿美さんは、たぶん初読みですね。
登場人物たちの内心をテンポよく描写する文章が楽しくて、サクサクと読めました。
〈たかが合コン、されど合コン〉な『ワンナイト』
実はわたくし、合コンというものに参加したことがなく(笑)、大変興味深く読ませていただきましたわ(^^)。

30代半ばに入っても、オタク街道まっしぐらの妹・歩を心配したステーキハウスのオーナー夫妻が、お客さんのツテをたどって開催した合コン。
男性は、客である野畑の部下・戸倉と野畑の知人・米山、ステーキハウスに酒類を卸している酒問屋の息子・小野。
女性は、客の住井とその友人の宮本、そして歩。
あまり盛り上がることもなく、可も不可もない状態で終わったように見えたその合コンだったが、そこから6人とその周りの人々に、様々な変化が訪れる。

いやぁ・・・一番笑ったのが、戸倉と合コンをドタキャンで逃げ出した平泉の衝撃エピソードですよねぇ!
いや、なんか途中から「平泉さんて…もしかして?」と気付いてからは、笑いをこらえるのに必死だったんですけど。衝撃の告白があっても、ちっとも理解できてない戸倉の「フツー」っぷりがもうホント、たまらなかったですね。
何故か「お付き合い?・・・なのかな?」な歩との交際に平泉が混じっちゃうのが、すごい(笑)。
しかも、オチでは平泉にも年配のパートナーが出来て、4人でシェアハウスとか・・・とっても自由ですよね〜!恋愛のドロドロがない、それでいてしっかりとした人間関係が築けているのが、素敵だなぁと思いました。
一応、合コンのメインだった歩が、歩なりの幸せな人生を掴んでるっていうのは、ハッピーエンドですね(笑)。
低空飛行ながらも自分の好きなように生きて、住む場所も手に入れて、ちょっと特殊かもしれないけど家族も得て。羨ましい気もするけど、私は色々欲深なので、歩みたいな人生は無理だろうなぁ(笑)。

歩・戸倉のカップル以外にも、くっついたり離れたり、結婚してたのが合コンでの出会いがきっかけで離婚しちゃったり、結婚してみたらちょっとガッカリしたり、色々な出来事が起こって、彼らの人生は変わっていく。
30代半ばともなると、周りからの「結婚プレッシャー」を感じて焦ったり、開き直ってみたり、色々と難しい。真面目に結婚したいと思っていたって、縁とタイミングが合わないと、叶うものでなし。
男女の関係というのは、ホントに「縁は異なもの味なもの」ですなぁ。

1章ずつ、参加者が語り手になって物語が進んでいくんですが、同じ出来事もそれぞれの立場や思考が違うから、「物事って多面体だよなぁ・・・」と面白かったです。それぞれの内心の吐露が、率直すぎて笑えるし、とてもリアルでした。表面上は取り繕ってても内心は焦ってたり、傍から見たら大事件なのにまあいいかぁ〜って思ってたり。ニヤニヤしながら読んでましたね。

ラストにかけて、合コン参加者6人がそれぞれの人生を充実させている様子が描かれていて、良かったです。まあ・・・米山に関しては、幸せなのかどうか、充実してるのかどうか、微妙な気もしますが、吹っ切れたんじゃないですかね(笑)。

物語は、合コンの頃は子供だった、歩の姪(ステーキハウスオーナーの娘)・奈々が合コンに参加しようと出かけるシーンで締めくくられます。
どんなことが起こるかわからない、どんな出会いがあるかもわからない。
そんな場へ出かけていく奈々の明るく前向きな気持ちが溢れるラストが、爽やかでとっても良かったです。

(2017.08.17 読了)

ワンナイト [ 大島真寿美 ]
楽天ブックス
大島真寿美 幻冬舎ワン ナイト オオシマ,マスミ 発行年月:2014年03月 ページ数:236p サ


楽天市場 by ワンナイト [ 大島真寿美 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ワンナイト』/大島真寿美 ◎ 蒼のほとりで書に溺れ。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる