アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「ほのぼのファンタジー」のブログ記事

みんなの「ほのぼのファンタジー」ブログ

タイトル 日 時
『人外境ロマンス』/北山猛邦 ◎
『人外境ロマンス』/北山猛邦 ◎ 『人外境ロマンス』なんていう、不穏そうなタイトルとは裏腹にさわやかな水色を基調としたきれいな表紙。 物語も、人外と人とのロマンスを可愛らしく描いたもので、気持ちよくどんどん読めました! 北村猛邦さんは、初めて読んだんですけど、いいですねぇ。奥付の紹介では本格トリックのミステリを書く方のようですが…こういう作風の作品、他にもあるかしら、読んでみたいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2017/02/19 19:55
『かむさりやまのおまじない』/三浦しをん(原作)・山岡みね(文・絵) ◎(絵本)
『かむさりやまのおまじない』/三浦しをん(原作)・山岡みね(文・絵) ◎(絵本) 三浦しをんさんの『神去りなあなあ日常』の中で、〈おやかたさん〉である清一さんの息子・山太が神隠しにあった時のおはなし。 さんたが『かむさりやまのおまじない』をとなえると・・・? 山岡みねさんの文と絵でさんた(山太)の楽しい冒険が始まります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2015/05/19 19:36
『かのこちゃんとマドレーヌ夫人』/万城目学 ◎
『かのこちゃんとマドレーヌ夫人』/万城目学 ◎ とても、かわいいお話である。タイトルは『かのこちゃんとマドレーヌ夫人』だけど、他の登場人物&動物も、ほのぼのしてて、微笑ましくてイイですなぁ。 万城目学さんと言えば、私的には「格調高きトホホの香り(笑)」が素敵な作家さんなんですが、本作はトホホというより「ほのぼの〜♪」です。 猫のマドレーヌ夫人と小学1年生のかのこちゃんの視点から、とある町の日常が描かれるのですが、本当に何気なくて、だけどいろんな出来事に満ちて、キラキラしています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 6

2013/07/20 22:14
『それからはスープのことばかり考えて暮らした』/吉田篤弘 ○
『それからはスープのことばかり考えて暮らした』/吉田篤弘 ○ この作品、以前吉田篤弘さんの『百鼠』を読んだときに、イマイチ私には合わないなぁ〜というレビューを書いたんですが、その時に雪女さんという方からコメントで「別の作品でいいのがありますよ」と教えて頂いたので、「読みたい本リスト」入りしてました。 『それからはスープのことばかり考えて暮らした』という長いタイトルが印象的です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/07/28 23:33
『つづきの図書館』/柏葉幸子 ◎
『つづきの図書館』/柏葉幸子 ◎ 絵本の登場人物たちが「自分の物語を読んだ子の続きを知りたいいんだ〜!」と、飛び出してきた。 司書の桃さんは、彼らの願いをかなえようと色んな行動を起こすのだけど、何せ相手は絵本の登場人物たち。ドタバタと彼らに振り回されながら、桃さん自身も変わって行く。 柏葉幸子さんて児童文学の作家さんという認識でしたが、『つづきの図書館』は主人公・桃さんが40代ということもあって、とても親しみを持って読めました。一応、N市図書館ではYAのジャンルに分類されてましたが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 5

2010/05/24 22:42
『ぎょうれつのできるパンやさん』/ふくざわゆみこ ◎ (絵本)
『ぎょうれつのできるパンやさん』/ふくざわゆみこ ◎ (絵本) また、絵本です(*^_^*)。 ふくざわゆみこさんの絵本は、かわいい動物がいっぱい出てくるので、ウチの次男(先日卒園!)のお気に入りです。 本作『ぎょうれつのできるパンやさん』も、出てくるパンは美味しそう、動物さんたちはかわいい、と大変彼の気に入り、しかも表紙カバーの折り返しに「ニワトリさんのたまごパン」のレシピがのっていたため、「おかーさん、たまごパン作ろう」と盛り上がってしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/22 22:28
『りかさん』/梨木香歩 ◎
『りかさん』/梨木香歩 ◎ 「「りかさん」  梨木香歩」について ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 3

2007/02/06 22:21

トップへ | みんなの「ほのぼのファンタジー」ブログ

蒼のほとりで書に溺れ。 ほのぼのファンタジーのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる