『愛しあう』ジャン=フィリップ・トゥーサン ×

フランスで注目の作家だそうだ。カナリ前に新聞の書評に載っていて、その書評を読んで、興味を持ったのだが、ジャン=フィリップ・トゥーサン『愛しあう』は、どうも水無月・R的にはハズレだった。
ファンの方、いらしたら、ごめんなさい。

何がダメって、全然登場人物たちの気持ちが理解できないことだ。売れないカメラマン(?)と著名なデザイナーのカップルが、パリからコレクション発表のために東京を訪れるのだが、そこで別れが発生する。で、いろいろと水無月・Rには理解不能な不毛な遣り取りやセックスや涙があるのだが、「?で?」なのである。
理解できない水無月・Rが今時の小説感覚を持っていないからなんだとは思うが・・・。

(2007.1.24 読了)
愛しあう

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック