『鬼あざみ』諸田玲子 ○

「悪」に魅入られた女を中心に‘鬼坊主‘を首魁とした盗人集団が生まれる。
『鬼あざみ』諸田玲子は江戸を駆け抜けた、盗人集団の中心的存在だった「おもん」の物語である。

第1章でおもんが「悪」の世界へ入り込む過程を、第2章でおもんの情夫で盗人集団の首魁である‘鬼坊主‘の頭角から最後までを語る。

「江戸時代の人々は、お上にたてつく勇気のある悪人に熱狂する」という、庶民の「ケレン味好き」「鬱憤を晴らす対象をいつも求めている」といった志向が物語を盛り上げていたと思う。特に、最後の‘鬼坊主一味‘のあでやかな死刑前の引き回しときの言動は、江戸時代に関わらず、人気を博するものだろうと思う。それが、江戸の町の人々へのアピールだけではなく、‘鬼坊主一味‘の中心だった「おもん」へのアピールだったというのが、とても気に入った。

(2007.1.23 読了)
鬼あざみ
楽天ブックス
講談社文庫 著者:諸田玲子出版社:講談社サイズ:文庫ページ数:356p発行年月:2003年06月この


楽天市場 by ウェブリブログ



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック