『シールド(盾)』村上龍 ○

実は、村上龍作品を読むのは初めてである。代表作も読まないうちに、絵本形式の一風変わった作品を読むというのは結構冒険かな、と思わなくもなかったが、以前新聞で見た書評が気になって、仕方なかったので。
span style=font-size:larger>村上龍『シールド(盾)』
人の、一番大切なものを守る「盾」とは何か?「盾」がなければ、それは干からびてしまう。「盾」には、人にそなわる「内の盾」と集団に属することで得られる「外の盾」の2種類がある。

絵本形式ではあるが、長文だし、内容の意味深さから行って、大人向け。
但し、きちんと言葉を読み取り、想像力を持つのなら、中学生くらいから読むのもよいと思う。
「内の盾」「外の盾」どちらが必要かとか大切か、ということではなく、大切なものを守る「盾」の使い方が一番大事なのだ、という物語だったとおもう。

(2006.12.10 読了)
シールド(盾)

盾(シールド)
楽天ブックス
著者:村上龍/はまのゆか出版社:幻冬舎サイズ:単行本ページ数:149p発行年月:2006年03月この


楽天市場 by ウェブリブログ



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック