『日の名残り』/カズオ・イシグロ ◎

『日の名残り』は、水無月・Rに自省することを思い出させた、と言ってよい。

あるとき、新聞の書評に『わたしを離さないで』が、掲載されていた。「不思議なムードを持つ作品」という書評に心惹かれたが、すぐには予約せず(水無月・Rは購入派ではなく、図書館から借りてくる派である)、時間がたった頃、また別の書評(今度は新聞ではなかったように思う)で『日の名残り』を知った。『わたしを離さないで』も良さそうだが、『日の名残り』の方がもっと、水無月・Rの好みにあいそうだ、とこちらを先に読むことにした。

伝統的な英国執事が「執事の品格」(品格、一時期流行った言葉ですね・・・)とは、と考慮しながら、かつての仕事仲間(メイド頭)を訪ねる旅に出る。執事やメイドが屋敷を切り回していた、よき時代を振り返りながら。多くの仕事をこなし、家中を管理する執事は、1日を振り返ることの出来る夕刻、その時間や雰囲気を、素晴らしく思う。
執事が置かれている現在は、英国の伝統的な屋敷を米国人が買い取り、出来るだけ合理的に運営しようとしていて、中々思うように仕事が運ばない。
かつて、執事とは屋敷内の全てを取り仕切り、主人のために屋敷内を整え、賓客をもてなし、さりげない極上のサーヴィスを提供していた。が、時代が変わり、執事を持たない紳士も増えてきたのだ。だが自分は、新しい米国人の主人の心に沿った仕え方が出来るのではないか・・・。

執事の品格がイコール主婦としての心得になるかといえば、そうではない。更に言えば、水無月・Rはあまり模範的な主婦ではないし、そうなろうとも思っていない。
が、『日の名残り』を読んで「執事の提供する心地よさ」を多少なりとも、提供できるようになりたい、品位を保った言動をしたい、と自省したのである。描かれる言葉や表現の美しさ、登場人物たちの正しい心の持ちよう、どれをとっても胸を打たれるものがあった。

(2006.10.16 読了)

日の名残り
楽天ブックス
ハヤカワepi文庫 著者:カズオ・イシグロ/土屋政雄出版社:早川書房サイズ:文庫ページ数:365p発


楽天市場 by ウェブリブログ



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック