『図書館危機』/有川浩 ◎

待ちに待った、『図書館シリーズ』の第3作目、『図書館危機』ですよ!!
有川浩さん、ありがとう。ありがとう
水無月・R、ヨロコビのあまり、半分以上壊れておりますよ。

1作目『図書館戦争』、2作目『図書館内乱』に引き続き、ますます図書隊の「図書館の自由」を守る戦いは、規模を拡大している。

しかも、主人公(熱血バカ)・笠原郁の「憧れの王子様」が、なんと上官(怒れるチビ)・堂上だったことが分かり、郁の乙女な迷いがヒートアップ。同僚(頑な少年)・手塚や親友(情報屋)・柴崎、さらにはもう一人の上官(笑う正論)・小牧までを巻き込んで、なんともベタな「じれったい愛」を大展開です。
ええ、そういう記述がある度に「キャ~~!」「うぉ~、じれったい~!!」「ベタや!ベタ過ぎる~!!」と叫び散らし、子供たちに気味悪がられましたともさ。
ココまで行っちゃうと、ベタな恋愛はエンターテイメントなのだ、と気が付いたわけですよ。
お互いに気になるくせに、素直になれない。うっわ~、ホント、ベタだわ~。でも、それが気持ちいい♪・・・大丈夫か、水無月・R?

ああ、まっとうな感想が書けそうにない。まともに内容を紹介して、きちんとした感想を、なんて、ムリだぁぁぁ!!すみません、そういうのは他の読書ブロガーさんを検索してください。ゴメンナサイ・・・

今回も、「郁が王子様卒業宣言」したり、「昇任試験で手塚が苦戦」したり、「イケメン俳優と造反語事件で訴訟」があったり。
「郁の故郷で大規模戦闘が予想されて、特殊隊が借り出され」たり、「郁の両親に真の職種を知られて大騒動がおこった」りして、「茨城の図書館で職種のヒエラルキーが発生」してて、「茨城の戦闘部隊が使い物にならなくて再訓練」だったり、「図書館の自由&芸術とメディア良化委員会の大規模戦闘」で郁や手塚も大奮戦して、何とか良化特務機関を押し返したはずが、玄田隊長が瀕死の負傷。
さらに、茨城での混乱の責任を取り、図書隊のカリスマである稲嶺司令が勇退せざるを得なくなり。

図書隊とメディア良化委員会の戦いは激烈を極め、しかも「図書館内乱」で姿を現した、手塚兄・彗の過激思想グループの思惑も絡んで、図書隊の根幹を揺るがすうねりが、膨れ上がってきている。

あと1冊で、決着つくんですか?!ホントですか?!すごい事になってますよ、ホントに。いやぁ、最終巻、発刊予定もまだ出てないようですが、今から楽しみですよ。郁と堂上は、カモミールティー、飲みにいくのかな~。(イヤ、図書隊の本分の方よりそっちがかい、水無月・R・・・。)

ちなみに今回、喧嘩屋中年・玄田が、すごくかっこよかったですね。銃弾を体中に浴び13時間もの大手術、5日間の意識不明の後、目覚めの第一声が「これしきのことで騒ぐなバカどもが」である。素直に、スゲー!と思いました。稲嶺司令の勇退により三監から一監への2階級特進、これからは「原則派」のリーダーとして喧嘩屋中年振りをますます発揮してくれるといいな~と思いますが、リーダーが喧嘩屋じゃ、まずいかしらん。

それと、茨城の防衛部員・野々宮ちゃんも、頑張っててよかったです。最初は「すみません」が口癖の弱腰(抑圧されてたから仕方ない面もある)お嬢さんだったのが、戦闘中の物資の補給に走れる強さ、寮内のヒエラルキー瓦解の後の混乱を乗り越えて自分を強く持つまっすぐさ、とても素敵だなと思いましたよ。ああ、ココにも「はちきん」がいる、・・・と。

(注:はちきんとは、男勝りでサッパリとした気性の女性を指す土佐弁で、水無月・Rの好きな女性のタイプです。有川作品にでてくる女性は、このはちきんタイプが多く、毎回「キャーー!!はちきんだ~!」と黄色い悲鳴を上げております。)

それと、忘れちゃいけない、「手塚&柴崎」ですよ。今回、二人とも「アイツと友達なんだ」って郁に自覚させられましたからね。この2人にとって、友達って相当特別な関係ですよ。いや~、恋愛発展かどうかは置いといて、この2人の関係も、気になるところです。

全然感想になってないけど、コレ以上書くと余計混乱を極めそうなので、今回はこの辺で収めることにします。

イヤ~、やっぱり、いいよ、有川浩作品!!

(2007.4.4 読了)

図書館危機
楽天ブックス
著者:有川浩出版社:アスキー・メディアワークス/角川GPアスキー・メサイズ:単行本ページ数:343p


楽天市場 by ウェブリブログ













水無月・Rの「図書館戦争シリーズ」記事
『図書館危機』  ◎ (本稿)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

2007年04月07日 01:31
確かに、じれったい!!戦闘や、問題提起のキレのよさと対照的なこの恋愛のじれったさが、またいいんですよね・・。一気にカタルシスに持ち込んでくれることを期待しております♪
2007年04月07日 10:53
トラバ返させていただきました♪有川浩、いいですよね♪この前のサイン会にいけなかったのが悔やまれます(><)なんで私の家は東京に無いんだろう・・・(T_T) 手塚がいるような図書館&本屋がある都会に住みたいです(笑)
2007年04月07日 21:45
ERIさん
TBありがとうございます。有川作品の戦闘・ベタな恋愛・そして深い問題提起。すらっと読めつつも、言葉の規制の問題や、女子集団だけでなく集団があれば必ずと言っていいほど起こる「ヒエラルキー」の問題など、考えさせられることが多いですよね。

空蝉さん
TBありがとうございます。
私も、ホント、都会に住みたい・・・。できれば、柴崎みたいなレファレンス能力の高い図書館員のいる図書館がある、文化的な地域に。サイン会なんて、首都圏から離れること数百キロなM市には存在しませんからね~(^_^;)。
2007年04月08日 00:22
水無月・Rさんこんにちは。いつもコメントなどありがとうございます^^
きっちりした感想など書けん!と豪語なさってましたが、いやいやきちんと書かれてるじゃないですか~自分のと比べて恥ずかしくなっちゃいました。ハイ。
もう本当に次回作が楽しみで楽しみで。いったいどう収めるつもりなのか、わくわくしてしまいます。
2007年04月09日 00:54
まみみさん、こんにちは。
TBありがとうございます!
そんなに褒めて頂いちゃうと、水無月・Rますます調子に乗っちゃいますよ?

図書隊及びその関係者の皆さん、是非次回作でも奮戦してくださいね~(戦闘も恋愛も)。最終巻になってしまうのは残念ですが、とっても楽しみですね♪
2007年06月30日 11:25
この巻も事件山盛りだったんだなーと、水無月・Rさんの記事を読みながら改めて思いました(遅いですね^^;)
本当にあと1巻で完結出来るんでしょうか(笑)
いよいよ秋に最終巻(図書館革命)が発刊されるとのこと。楽しみですが、秋はまだまだ先です・・・。
miyukichi
2007年08月04日 03:36
 おもしろかったです!
 ほぼ一気に読んじゃいました。

 次巻、待ち遠しいですよねー。
 私も図書隊の本分よりも、郁と堂上の恋の行方のほうが100倍気になります(笑)

 http://blog.goo.ne.jp/miyukichi_special
2007年08月04日 21:21
みゆきちさん、TB&コメント、ありがとうございます!
もう、たまんないですね!
「活字のベタ甘ラブロマ(図書館シリーズの場合どっちかっていうとラブコメ?)」
のたうちまわって、悶えて、大変でしたよ、ハイ。
最終巻、悶えのあまり、家人達から気味悪がられることが予測できます。一人で読もう・・・(笑)。

この記事へのトラックバック

  • 「図書館危機」を読む

    Excerpt: 「図書館危機」有川浩/著(メディアワークス刊)図書館危機なにはともあれ、玄田隊長!!今回は、コレにつきます。(-.-)中盤から後半にかけては、隊長のかっこよさはハンパないね。いや、ホント。心臓に悪いわ.. Weblog: 怪鳥の【ちょ~『鈍速』飛行日誌】 racked: 2007-04-06 00:53
  • 「図書館危機」有川浩

    Excerpt: えええええ?堂上教官ってば、郁に自分が王子様とばれたからって机に突っ伏した挙句、脳震盪?ださっ!( ̄□ ̄;)!!………と思わず叫んでしまいました。勘違いも甚だしいです。よく読もうよ、自分。有川浩『図書.. Weblog: 読書とジャンプ racked: 2007-04-06 07:22
  • 図書館危機 有川浩 メディアワークス

    Excerpt: ほんまにバタバタしてますが・・。 これは、書かんとあきません。凄い楽しみにしてたシリーズなんやから。 何しろ、前回郁ちゃんの王子様が堂上だということを、彼女自身が初めて 知ったところで終わってま.. Weblog: おいしい本箱Diary racked: 2007-04-07 01:29
  • 『図書館危機』 by 有川浩

    Excerpt: すっかりシリーズ定着した感の第3巻!いや~面白くなってきた。 毎回思うのだけど、有川さんのキャラは素直にかわいい&かっこいい Weblog: ■空蝉草紙■ racked: 2007-04-07 10:50
  • 「図書館危機」 有川浩

    Excerpt: 図書館危機posted with 簡単リンクくん at 2007. 3.13有川 浩著 / 徒花 スクモイラストメディアワークス (2007.3)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワ.. Weblog: 今日何読んだ?どうだった?? racked: 2007-04-08 00:18
  • 図書館危機(有川浩)

    Excerpt: 5回は泣きました。。。 いやね~先に読了した友人が「すずなちゃんは3回以上、泣く」と言っておったので、いちおーご報告を(笑)え~とね、ぶっちゃけると5回じゃ足りないかも・・・。涙腺、すんごく緩いんで.. Weblog: Bookworm racked: 2007-06-30 11:26
  • 図書館危機/有川 浩 [Book]

    Excerpt:  有川 浩:著 『図書館危機』  図書館危機有川 浩メディアワークスこのアイテムの詳細を見る  『図書館戦争』 『図書館内乱』 に次ぐ、  図書館シリーズ3作目。  前作でついに王子様の正体を知って.. Weblog: miyukichin’mu*me*mo* racked: 2007-08-04 03:33
  • 図書館危機

    Excerpt:  有川浩 2007 メディアワークス 目次を見るのももどかしく、ページを繰った。 Weblog: 香桑の読書室 racked: 2007-11-18 01:44
  • 図書館危機<有川浩>-(本:2007年154冊目)-

    Excerpt: 図書館危機 出版社: メディアワークス (2007/02) ISBN-10: 4840237743 評価:86点 前作のラストで、憧れの王子様が、上司の堂上であることを知ってしまった郁.. Weblog: デコ親父はいつも減量中 racked: 2007-12-15 14:08