『弱法師』/中山可穂 ○

書評に「過剰な愛の果ては死さえ甘美」とあって読みたくなった、『弱法師』中山可穂の作品を読むのは、初めてだと思います。能の名作をモチーフに描いた三篇からなっていますが、能の知識はなくても、困ることは全くありませんでした。

「弱法師」
脳腫瘍に犯された少年のために、その母と結婚し、診療所を開く医師。母を死に追いやってしまった、少年。医師を残して、メール友達と心中を図る。取り残される医師。
「卒塔婆小町」
原稿を突き返されてくさる新人作家が墓地に迷い込むと、そこには伝説の女編集者がホームレスとなっていた。その女から、伝説の源となった、作家との物語を聞く。身を削ってまで、編集者への愛のためだけに作品を描く作家とその最期。
「浮舟」
私の伯母は、私を病弱な母の代わりに育ててくれた。母の死に際して、真実が明らかになる。母が愛していたのは父だけではなく、伯母もだったのだ。母と伯母の狂おしいまでの愛を知り、姉弟を等しく愛するというその苛烈な心の揺れゆえに母は病を重くし、それでも2人を愛したのだと知る、私。

3篇ともに、過剰な愛の果ての死を描いてる。息詰まるほどの、気も狂うほどの愛情が、死をもって昇華されるどころか、より濃密になっていく。・・・非常に、息苦しかったです。一気に読んで、眩暈がしそうになりました。こんな熾烈な愛は、私には耐えられない。

過剰な愛には共感できかねたが、どれも良かったと思う。あえて言うなら、「卒塔婆小町」が一番よかったかな。作家と編集者の苦渋に満ちた、お互いが向いているところの違う愛情の、狂おしさが鬼気迫って、感じられた。こういう、緊張感のある文章を書ける作家は、すごいと思う。

(2007.5.30 読了)
弱法師
楽天ブックス
著者:中山可穂出版社:文藝春秋サイズ:単行本ページ数:293p発行年月:2004年03月この著者の新


楽天市場 by ウェブリブログ



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年06月16日 19:14
おお!水無月さんも中山可穂読むんですね!すごく嬉しい~!(>▽<)で、トラバしようと思ったら私・・・意外と中山可穂の書評書いてない・・・ということに気がつきました;;これから書きます・・・で、トラバしますね。中山氏は全制覇してますが「ケッヘル」はいいですよ!最高♪
2007年06月16日 23:09
空蝉さん、コメントありがとうございます。
実は、中山可穂って初めてだったのです。
例によって「書評」に乗せられ初読み、というパターンで。でも読んでよかった!と思っていますので、他の作品も読みたいですね。
おススメの『ケッヘル』、今度図書館行ったときに探してみます。
2007年06月19日 17:15
さっそくトラバさせていただきました。久しぶりに中山氏のを読んで・・・この暑いのにさらに脳内温度が・・・(~_~;) 中山氏の作品はどれも好きです♪ケッヘルはサイン会行きました(笑)ケッヘルは私にとって第二の『砂の器』です♪
香桑
2007年12月31日 12:26
こんにちは。TBをお願いします。
「浮舟」の薫子が、源氏物語の薫よりも、よほどいい漢といいますか、魅力的でした。
「卒塔婆小町」も傑作で、読後に酔うようにぼうっとして言葉になりません。
『白い薔薇の淵まで』や『マラケシュ心中』に比べると、読者の身を削られるような痛々しさはやわらいだ気がします。多分。
2008年01月04日 22:40
香桑さん、ありがとうございます。
確かに薫子は漢前でしたねぇ。
この3篇、どれも痛々しいまでに、苛烈な愛を描いていて、私は非常に息苦しい思いをしたのですが、他の作品は、もっとすごいんですよねぇ。(まだ『ケッヘル』しか読了してないのです・恥。)もっと読みたい中山可穂作品。読みたい本リストは長くなるばかり~、トホホ(^_^;)。

この記事へのトラックバック

  • 『弱法師』 by 中山可穂

    Excerpt: とうの昔に読んでいた作品だが縁あって再読。やはり中山氏の作品は痛い、強い、熱い。 登場人物の放つ言葉は、こちらがこっ恥ずかしくなるくらいまっすぐの直球であり・・・まっすぐであるがゆえに脆く折れや.. Weblog: ■空蝉草紙■ racked: 2007-06-19 00:55
  • 弱法師

    Excerpt:  中山可穂 2007 文春文庫 「弱法師」「卒塔婆小町」「浮舟」の3つの中篇のタ Weblog: 香桑の読書室 racked: 2007-12-31 12:21