『メルカトル』/長野まゆみ ◎

久しぶりに、長野まゆみの幻想系作品です。リアル感の薄い、幻想的で繊細で、美しい物語です。ああ、いいですねぇ、こういうの、大好きです。

あらすじを書こうと思ったんですが、長くなりそうなので、部分的にだけ。
欧羅巴らしき、とある土地の地図収集館に勤め始めた主人公・リュス。彼の周りで、不審な人々が不思議な策略を廻らし始める。地図会社を興した『メルカトル』一族、国民的セクシー女優(30代)、女刑事、人気ファッションモデル(10代)、ドラッグストアのアルバイト少女など。彼らと、孤児であるリュスの関係は?いったい、何人の登場人物が、誰の変装なのか。孤児であるが故に、すべてにおいて控えめで、目立たず淡白に生きる、リュス。そのリュスを巻き込んで渦巻く、不可思議な出来事。誰が本当の事を言っているのか。誰が偽りを語っていて、真実はどこにあるのか?

こういう、そこはかとない浮遊感のある、長野まゆみ作品は、いいですねぇ。日頃の俗世の垢をそぎ落とされるような気持ちがしてきます。登場人物たちの、繊細な美しさ、奥ゆかしさが、非常に、いい。世俗的な押し付けがましさがない、透き通った感じが。

しかも、今回は主人公・リュスと不思議な少女・ダナエのほのかな恋愛が根底に流れています。水無月・Rは小市民で、物語の中の恋愛は出来たらノーマルカップルであって欲しいタイプなので、嬉しかったです。安心して読めたというか・・・(笑)。
ネタバレになりますが、ダナエはファッションモデルのルゥルゥなんだけど、少年少女の憧れのルゥルゥではなく、意固地なダナエに恋心を抱くリシュ、すごくよかった。二人の関係はまだまだだけれど、爽やかで思いやりのある関係が築けるのでは、と何となく思いますね。

(2007.07.01 読了)
メルカトル
楽天ブックス
著者:長野まゆみ出版社:大和書房サイズ:単行本ページ数:189p発行年月:2007年04月この著者の


楽天市場 by ウェブリブログ



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

まみみ
2007年07月08日 22:41
水無月・Rさんこんばんは^^
長野さんの久しぶりの幻想系作品だったのですね。何も考えず手にした作品でしたが、なかなか楽しめました。
わたしも小市民なので、ノーマルカップルの方が安心して読めます。そうでない場合、いくらその設定が小さかろうがなんだかドキドキしてしまうので(笑)
2007年07月09日 22:09
まみみさん、こんばんは(^^)。
長野作品は、遠未来のSF調な作品や、現実世界でボーイズラブや、何処の国とも特定できないパラレルで繊細な世界観のある幻想系や、色々書かれています。
どれもが、ガラス細工のような、美しい描写が楽しめる、よい作家さんですよね。
高校生の頃から、ファンです。
エビノート
2008年10月09日 21:54
こんばんは。
リアル感は薄いけれど、それを補って余りある素敵な雰囲気の作品でしたね~。リュスの暮らす街を歩いてみたい、ミロナ地図収集館の地図を眺めてみたいと思っちゃいました。
バラバラに見えるいろんなことが繋がってゆくストーリーも素敵でした。
2008年10月09日 22:27
エビノートさん、ありがとうございます(^^)。
リュスの暮らすミロナの街。なんとなくイタリアっぽいけど、もっと幻想感が漂う、美しい土地なんだろうなぁ~と思います。
行って、あちこち彷徨ってみたいです♪

この記事へのトラックバック

  • 「メルカトル」 長野まゆみ

    Excerpt: メルカトルposted with 簡単リンクくん at 2007. 6.25長野 まゆみ著大和書房 (2007.4)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る Weblog: 今日何読んだ?どうだった?? racked: 2007-07-08 22:39
  • メルカトル 〔長野 まゆみ〕

    Excerpt: メルカトル長野 まゆみ大和書房 2007-04売り上げランキング : 239412おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 地図収集館で働く青年リュスの周囲で次々.. Weblog: まったり読書日記 racked: 2008-10-09 21:46