『塩の街』/有川浩 ◎

まず、最初に。
有川さん、ごめんなさいぃ!!
水無月・R、「世の中に有川ムーヴメントを起こしたい」などと言いつつ、デビュー作、読んでなかったのです。
わぁぁ、ごめんなさいごめんなさいごめんなさいっ!

これが、デビュー作品・・・? 単行本化に際して手を入れた部分もあるとはいえ、やっぱり、すごいよ、有川浩 文章も、ストーリーも、登場人物も、設定も、・・・なんて、完成度の高い・・・。

私、『空の中』とか『海の底』とかの巻末の既刊広告の「世界とか、救ってみたくない?」にだまされてた。なんか、もっととんでもないファンタジー話だと思ってた。いや、世界中に塩の柱が降ってきて、それを見た人は塩になってしまうという設定は、確かにとんでもないんだけど。そういうことじゃなくて。
でも、よく考えてみると『空の中』『海の底』も巨大生物の設定はすごいけど、その他はほとんど現実的な設定だったよなぁ。

ある日突然、宇宙から飛来した塩の柱。その影響か、人々が塩柱になり、朽ちていく。社会が崩壊しつつある東京で生活する真奈と秋葉。2人の元へ現われては塩と化した2人の男。その背景。そして、二人(真奈・秋葉)と世界の運命を変える客が現れ、塩の柱に対する作戦が開始する。真奈と秋葉の間に流れる、じれったさ、おお!これこそ有川節!歳の差や立場の差、そんなんどーでもいいんだわ!悩んだり、悔しがったり、だけど、まっすぐに生きていく、すごく力強い。「愛は世界を救わない。」だけど、「相手を救いたいと思ったら、ついでに世界を救ってた。」うん、最強の恋愛だ。

後半の、「塩の街、その後」もいい。世界を救った後、真奈と秋葉がどうなったか、気になるところですから。
野坂夫妻の話もノブオの話も結構良かったけど、個人的には入江さんの話ですよ。うっわ~、アタマ良すぎてついていけない~。だけど、その割切りと言うか悪漢ぶりには、頭が下がる。間違っても、惚れたりはしないけどね・・・。
有川さんは「入江ではギブアップ」とおっしゃってますが、主人公じゃなかったら、アリかしら?ノブオの取材話、物語になったらいいなぁ~と思ってて、そこへ入江さんがエキセントリックな取材対象として出てきたらどうだろう、とか。

あ~~、全然感想になってないぞ。実は、読み終えて、1日経ってるんですよ。いつもだったら、読み終わったその日に感想書いてUPしてるんですが、『塩の街』は、それが出来なかった。たぶん、有川さんの単行本化の気迫に、自分の力が及ばないのがわかっちゃったからです。時間置いたら書けるかな、と思ったんですが、無理みたい・・・(笑)。

ほかの作品ほど「読んだら即萌え!」ではないんですが、やっぱり、「活字でのベタ甘ラブロマ」(設定はとてつもなく深刻だけど)はいいですね~。真奈も野坂夫人も、はちきんだ~。萌え~。(←理性の方、大丈夫か、水無月・R。)
【蒼のほとりで書に溺れ。】では恒例の説明ですが、
はちきんとは、「男勝りでサッパリとした気性の女性をさす、土佐弁」です。
有川作品には、はちきんな女性がいっぱい出てきます。
そのたびに萌えまくりな、水無月・R。
ああ、私もはちきんになりたい・・・(私じゃ覚悟が足りんな・・・)。


なにはともあれ、有川浩はすごい!なのです。
ファンタジーでSFで社会派で、ベタ甘ラブロマ。
これに参っちゃってる人はたくさんいますよね!
もちろん、水無月・Rもそうです。
これからも、大絶賛なのです

(2007.07.25 読了)
塩の街
楽天ブックス
著者:有川浩出版社:アスキー・メディアワークス/角川GPアスキー・メサイズ:単行本ページ数:421p


楽天市場 by ウェブリブログ



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

やぎっちょ
2007年07月27日 02:51
たとえば・・・(妄想中)
「君のためにちょっと世界を救ってきたよ」とか・・・むきゃーー!!(壊)
読まれたのは単行本ですか?もし電撃文庫で読まれたのなら、単行本はアナザーストーリーが4つ入っているらしいですよ。ちょっとずるいですよね・・・。
2007年07月27日 09:31
こんにちは。
これがデビュー作ってのは、スゴイですよねー!
「その後」でも相変らずの萌えモード全開にヤラレまくりでした(*^_^*)
白い怪鳥
2007年07月28日 00:32
TB、ありがとうございました。
こちらからも、お返しさせていただきます。
2007年07月28日 22:39
やぎっちょさん。
コメントありがとうございます!
そうなんですよ、とにかく萌えワールド全開なわけで、「世界を救ったのは君のためvv」って感じで、ホントやられました。
やっぱり有川浩はやめられません!
2007年07月28日 22:42
すずなさん、TB&コメント、ありがとうございます。
その後の秋葉と真奈も、何というかお互いが大事だ~と全身で叫んでるような、そんな物語でしたね。いやいや、ホントに萌え~です!
2007年07月28日 22:48
白い怪鳥さん、TB&コメントありがとうございます。
有川さんのデビュー作、いろんな意味で感激しながら読みました。そして、これからも、有川作品を読んで悶えまくりたいと、思ったのでした。
有川節最高!
miyukichi
2007年08月03日 00:09
 こんばんは。
 TBさせていただきましたー♪

 ほんと、これがデビュー作とは思えないくらい、上手いですよね。

 有川さん、これまで読んでハズレがないんですよね。
 それってすごいですよね^^

 http://blog.goo.ne.jp/miyukichi_special
2007年08月03日 00:32
みゆきちさん、こんばんは(^^)。
TB&コメント、ありがとうございます!

単行本の方も、いいですよ~って私はどこの廻し者?!『塩の街』のその後が、丹念に描かれてます。入江さんがまた(?)年の差カップルのキューピットを務めています♪
まみみ
2007年08月17日 19:17
こんばんは^^コメント等ありがとうございました!
水無月・Rさんは「間違っても惚れない」と言ってましたが、間違って惚れかけた私です。いやぁ、男の趣味悪くて…でも入江には相手にされなさそうですけどね(笑)
次は「空の中」読もうと思ってます!楽しみです♪
2007年08月17日 22:54
まみみさん、こんばんは(^^)。
TB&コメント、ありがとうございます。
入江は、見てるだけが一番よさそうな…水無月・R小心者なので…(笑)。頭イイですけど、顔も相当良さそうですよね。

おお、次は『空の中』ですか!土佐弁たくさん出てくるし(それに萌えるのは私だけか)、「じれったい愛」がもうどうしようもなく、悶えさせてくれますよ(*^_^*)、きっと。
香桑
2008年02月10日 23:39
こんばんは。ようやく単行本Vr.を読みましたので、TBよろしくお願いいたします。
秋庭父子のやり取りには頬が緩んでしまいました。
文庫本だけで満足しちゃうのはもったいなかった。早く読んでおけばよかったーっ。と、思いました。
じゅずじ
2008年05月22日 08:44
世のため、人のため、、、なんて言葉は実感としてわかないけど、「あなた」のため、
最後まで一緒にいたい…

なんてわかりやすい言葉だ(^^ゞ

もうそれだけで地球が救われるような気がしました(笑
2008年05月22日 22:31
じゅずじさん、ありがとうございます(^^)。
何というか、本当に素晴らしかったです。
有川さんて、本当にすごいなぁ・・・。
「その後」がもう、なんというか、言葉も出ません。
でも、その後のその後も、世界は続いてゆくから、物語はあるんでしょうねぇ。(←妄想中)

この記事へのトラックバック

  • 塩の街<単行本>(有川浩)

    Excerpt: ・・・ふぅ。 いやぁ~。いやいや、いやいや。読み応えありました。ありすぎました。 文庫の単行本化なんでね、既に文庫版を読んでて再読なんだよね。にも関わらず、ぐじぐし派手に泣きながら読んでるアタシっ.. Weblog: Bookworm racked: 2007-07-27 09:26
  • 「塩の街<単行本>」を読む

    Excerpt: 『塩の街<単行本>』 有川浩/著(メディアワークス刊)塩の街電撃hpに掲載された短編を含む、単行本<リニューアル>バージョンです。あとがきを読むと判りますが、文庫版からだいぶ変更されているようです。や.. Weblog: 怪鳥の【ちょ~『鈍速』飛行日誌】 racked: 2007-07-28 00:28
  • 塩の街 -wish on my precious-/有川 浩 [Book]

    Excerpt:  有川 浩:著 『塩の街 -wish on my precious-』  塩の街―wish on my preciousメディアワークスこのアイテムの詳細を見る  有川さん、これがデビュー作だったん.. Weblog: miyukichin’mu*me*mo* racked: 2007-08-03 00:07
  • 「塩の街」 有川浩

    Excerpt: 塩の街有川 浩 メディアワークス 2007-06売り上げランキング : 4597Amazonで詳しく見る by G-Tools 内容説明 【電撃小説大賞〈大賞〉(第10回)】塩が世界を埋め尽くす.. Weblog: 今日何読んだ?どうだった?? racked: 2007-08-17 20:08
  • 塩の街<有川浩>-(本:2008年12冊目)-

    Excerpt: 塩の街 出版社: メディアワークス (2007/06) ISBN-10: 4840239215 評価:90点 第10回電撃大賞<大賞>受賞作にて有川浩のデビュー作でもある『塩の街』が、.. Weblog: デコ親父はいつも減量中 racked: 2008-01-19 02:10
  • 塩の街

    Excerpt:  有川 浩 2007 メディアワークス 積んだまま数ヶ月。発売直後に購入したま Weblog: 香桑の読書室 racked: 2008-02-10 23:33
  • 【塩の街】 有川浩 著

    Excerpt: 世界が終わる瞬間まで、人々は恋をしていた。 その中の一つの恋が世界を救った。 そのことを僕はこれから書こうと思う。 なくしかけて、初めてわかる愛ですなぁ… 第10回電撃大賞<大賞>.. Weblog: じゅずじの旦那 racked: 2008-05-22 08:39
  • 「塩の街」ネタバレ感想

    Excerpt: ハードカバー版 「塩の街」 のネタバレ感想です。 もう、最初っから最後まで思いっきりネタバレしてます! ちなみに他の有川作品 「空の中」 「海の底」 「図書館戦争」 など ネタバレしています.. Weblog: ペンギンウォーク racked: 2012-07-01 23:47