『きみはポラリス』/三浦しをん ◎

書評で「ただならぬ恋愛短編」とあり、「ただならぬ、って最近はただならぬ恋愛は多いぞ?」とふと反抗心から手に取った作品でしたが。あっちゃ~、確かに「ただならぬ」でしたわ・・・。うん、これはただならないね。いやいや、うん。

あ、すみません、何言ってるかよく分かりませんね。びっくりしちゃったんですよ。三浦しをんは、以前『ロマンス小説の7日間』を読んだ時に、ふう~ん・・・って流しちゃってたものですから。
今回の『きみはポラリス』は面白かったです。ほんとに「ただならぬ恋愛」で。

最初と最後が対になるだけで、残りの9編は登場人物も設定も全然違うんだけど、それぞれに「ただならない」んですよ。三浦さんは「恋愛をテーマにした短編」の依頼が多いそうで、この11編はそれぞれ依頼されたテーマあるいは自分お題に沿って書かれたそうです。普遍的な恋愛じゃないこの物語たち、非常に惹かれますね。

「春太の毎日」なんか、すごくいい。途中まで、春太の正体気がつかなかったのに、妙に春太に肩入れしてしまった。だって、優しいんだもの、春太。~~そう。何度でも。麻子が生きて幸せでいる限り、何度でも暖かい春は巡ってくるんだよ。~~ (本文より引用)
なんてね。すごくロマンチックだ。犬のくせに。

もちろん「永遠に完成しない二通の手紙」「永遠に続く手紙の最初の一文」両方とも良いですねぇ・・・。私、同性愛には苦手意識を持ってるのに、物語にすんなりと入りこめたのにはビックリ。岡田の寺島へのひそやかな愛情が、最もだたならぬ感じですね。このまま寺島は気がつかないでほしいですね。岡田はずっとただならぬ思いを秘めて秘めて、秘め続けてほしい。かわいそうすぎ?

あ、そうだ。装丁がすごくいい雰囲気でした。何だろう、こういう博物誌的な感じ…好きです。ほんわか・ぼお~っとしててもいいですよ、って感じで。(←水無月・Rはいつもぼ~っとしすぎやって。)

(2007.08.26 読了)
きみはポラリス
楽天ブックス
著者:三浦しをん出版社:新潮社サイズ:単行本ページ数:301p発行年月:2007年05月この著者の新


楽天市場 by ウェブリブログ



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年08月27日 00:46
こんばんは!!しをんさんは、基本的にロマンチストだと思いますよ(*^m^*)
以前は、小説よりエッセイの方が面白い、って感じだったんですが、最近小説が俄然面白くなってきました。こういう風に化ける作家さんて、嬉しいです♪
2007年08月27日 20:48
ERIさん、こんばんは(^^)。
TB&コメント、ありがとうございます。
ほほう、最近面白くなってる作家さんなんですね。しかもロマンチスト。
いいですねぇ~。よし、ほかの作品も読んでみようっと!
june
2007年10月03日 23:18
こんばんわ♪
恋愛小説、しかもこのお題でなんでこういう話に??というのが結構ありましたが、それも含めてすごいなぁと思いつつ読みました。

「ロマンス小説の7日間」を積んであるんですが、
>ふう~ん
なんですね。読もうかどうしようか・・。
2007年10月04日 22:27
juneさん、こんばんは(^^)。
『ロマンス小説~』は多分、人によって好き嫌いの落差が激しいんじゃないかな~、という感じだと思います。
私的には、主人公の女の子の彼氏が意味不明…って感じで。結構重要な役割なんですけどね。
水無月・R的には「微妙~」な作品でしたが、どうでしょうか…。

『きみはポラリス』は、「ただならぬ恋愛」のバリエーションの数多さに、度肝を抜かれましたね~。とにかく、すごいですよね。これは!
(最近世間的に注目を浴びてるBLもメじゃないですよ。…って言ったら、BL好きな皆さんに怒られるかしらん。)

この記事へのトラックバック

  • きみはポラリス 三浦しをん 新潮社

    Excerpt: 恋愛をテーマにした短編集です。 どうやら、三浦さん、恋愛をテーマにした作品を依頼されることが多いらしい。 いくつかはあちこちで読んだこともある作品もあったんですが、こうやって並ぶと また、それぞ.. Weblog: おいしい本箱Diary racked: 2007-08-27 00:44
  • 「きみはポラリス」三浦しをん

    Excerpt: きみはポラリス 「きみはポラリス」という何とも甘いタイトルに、しをんさんがいったいどんな恋愛小説を??とドキドキしたのですが、読んでみたらやっぱりしをんさん、ただの甘い恋の話ではありません。みご.. Weblog: 本のある生活 racked: 2007-10-03 23:29
  • きみはポラリス 三浦しをん

    Excerpt: きみはポラリス ■やぎっちょ読書感想文 アンバランスを感じる・・・ 「あの」エッセイを書く人が、「この」物語を書くのか!! と、すごい久しぶりによんだしをん殿の本で思った。本当にエッセ.. Weblog: "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! racked: 2008-06-11 21:32