『天使と悪魔』上・下/ダン・ブラウン ◎

『ダ・ヴィンチ・コード』につづきまして、『天使と悪魔』、読みました~。ダン・ブラウンは2作品目ですね。と言っても出版はこちらの方が先ですし、シリーズとしてもこちらが1作目なわけですが。
・・・で、ですね。思わず、うなりました。
こっちの方が、面白いやん!と。

今回も、冒頭に「事実」という1文が入っていて、「反物質」の説明がなされてます。さらに、文中にある建造物や彫刻なども、実際に今、ローマにある、ということですから、・・・それら事実をもとに、これだけすごい作品を作り上げる、すごいですね~

『ダ・ヴィンチ・コード』より面白いなと思った処は、「素人にもわかりやすい謎解き&スリル&サスペンス」が猛スピードで駆け抜けていくところですね(より理解しやすかったということです)。宗教と科学の対立とか、半世紀前消滅したはずの秘密結社「イルミナティ」の謎とか。『ダ・ヴィンチ・コード』は「無宗教」な私にはどうも理解しにくい、「キリストは人間であった」についての攻防戦だったので、何もそこまで…みたいな気持もあったのですが、今回は、理解出来たような気がします。

核の数十倍のエネルギーを持つ「反物質」が、スイスの研究機関・セルンから盗み出され、生成した科学者は胸に秘密結社「イルミナティ」の焼印を押されて殺される。イルミナティの紋章の謎を解くべく、アメリカから紋章学の専門家・ロバート・ラングドンが呼び寄せられる。ラングドンは反物質開発者の娘・ヴィットリア・ヴェトラと共に、反物質の行方を追って、ローマ・ヴァチカン市国へ飛ぶ。おりしもヴァチカンでは、急死したローマ法王の後継者選挙「コンクラーベ」が行われるところだった。

過去のイルミナティの悲劇を模した、4人のコンクラーベ候補者暗殺。その暗殺の地への暗号を解きつつ、ラングドンとヴィットリアはローマを駆け抜ける。が、暗号の読み違い、復讐の実行者・ハサシンの巧妙かつ強引な手口により、候補者4人ともが胸にイルミナティの象徴の焼印を入れられた末に、喪われる。

攫われたヴィットリアを追って、イルミナティの本拠地に乗り込んだラングドンは、ヴィットリアの協力もあり辛くもハサシンを破るが、イルミナティの指導者がヴァチカンに乗り込んでくることを知り、急ぎ戻る。ヴァチカンでは前教皇の従者・カメルレンゴがセルン所長・コーラーと対決、胸にイルミナティの4つの象徴を合わせかたどった「イルミナティ・ダイヤモンド」の焼印を押されていた。カメルレンゴは神からの声を聞き、サン・ピエトロ大聖堂の地下深くに隠されていた反物質を発見、爆発寸前のそれをヘリコプターでヴァチカンから遠ざけようとする。同行したラングドンは、最後の瞬間ヘリコプターから飛び降りる。ローマでは、上空での爆発にすべての市民が目を奪われていた。

生還したカメルレンゴを教皇に、というコンクラーベの意見を、選挙を取り仕切るモルターティは押しとどめる。そこへラングドンが恐るべき証拠をもって現れる・・・・。ここからが、大どんでん返し!なのですよ。

超ネタばれ注意です。
なんと、イルミナティは「人々の心を教会に取り戻すには、共通の強大な敵が必要」というカメルレンゴの信仰心故の、行為だったのである!もちろん、反物質も本物、強硬暗殺も、4人の候補者暗殺もすべて、カメルレンゴの仕組んだ罠。

最初、怪しいのはスイス衛兵隊長かな~、と思っていたら途中で死亡。副隊長のロシェを怪しんでいたら、そうと判明、・・・と思ったら、実は意外な人物がイルミナティの脅威を借りて、ローマ・キリスト教世界を脅す自作自演の狂言を行ってたなんて・・・。水無月・R、カメルレンゴの「科学は進歩したが、倫理は置いてけぼりだ」的な演説についついうなずいてしまってたんですけど・・・。全然怪しいと思ってませんでした。ヴァチカン内の裏切り者は誰だ!というのはずっと気にしてたんだけどな~。
ただ、広場にいる群衆の前で神がかって啓示を受けたあたりから、妙に芝居がかかったきな臭さ感じはしてましたが。ヘリコプターに乗り込んで反物質爆破というのも予定調和っぽい感じでしたし。

ダラダラとストーリーを描いて、感想はちょっとでしたが、非常に素晴らしかった!と申し上げましょう。
謎解きも面白かったし、宗教って?という問いかけも良かったし(答えは人それぞれですけどね)、ラングドンの中年(40代だっけ?)とは思えない活躍ぶりもすごかった。何回も死にかけてるし。(あぁ、あれだ、ヴァチカンの資料室で閉じ込められて死にかけたの、あれはカメルレンゴのしわざだよね?)プロの暗殺者と対等に渡り合ったりして、アメリカ人大学教授って、強靭なんだな~(←それは違う、個人差だよ・・・)。

(2007.08.17 読了)
天使と悪魔(上)
楽天ブックス
著者:ダン・ブラウン/越前敏弥出版社:角川書店/角川グループパブリッサイズ:全集・双書ページ数:34


楽天市場 by ウェブリブログ


天使と悪魔(下)
楽天ブックス
著者:ダン・ブラウン/越前敏弥出版社:角川書店/角川グループパブリッサイズ:全集・双書ページ数:34


楽天市場 by ウェブリブログ



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年08月19日 21:36
はじめまして!かときちと申します♪
私もダヴィンチ・コードより天使と悪魔の方が面白いと思っているひとりです♪
コレ読んでイタリアとバチカンに行ってみたいと思いました。…単純ですが(笑)
2007年08月21日 22:42
かときちさん、コメントありがとうございます(^^)。
人それぞれだとは思うんですけど、こっちの方がより面白い!と思う方が他にもいるって、ウレシイです♪

この記事へのトラックバック