『妖櫻記』/皆川博子 ○

『桜庭一樹読書日記~少年になり、本を読むのだ~』で、桜庭さんが紹介していた本の中で、一番気になった作品、『妖櫻記』です。水無月・Rは、耽美なお話(但し、グロくないもの)が好きなので、「妖」とついた時点でチェック!さらに「桜」が「櫻(旧字)」となるともう、読むっきゃない!どんな物語なんだろう~!と、ワクワク。皆川博子を読むのは初めてだし。

南北朝統一後の室町時代。南朝の後継皇統を錦の御旗として、自勢力を拡大しようとする赤松満祐の側室となった野分御前。赤松氏の懐妊中の囲い女・玉琴を野分御前は惨殺する。野分に命ぜられ、玉琴とその嬰児を始末しようと山中に入る兵藤太。玉琴の骸は川に沈め、ふと憐れみを起こして嬰児を立川流の僧に預けて蘇生させる。
赤松満祐の謀反は敗れ、満祐は自害して果てたと見せかけ、落ちのびている。野分は女児・桜姫を出産するが、満祐の子か、行きずりの少年の子かは不明。
その行きずりの少年は、南朝皇統の阿麻丸であった。阿麻丸は南朝再起を謀る祖父や遺臣に違和感を感じ、修験者となる。数年後に京へ戻り、神器(玉璽・八尺瓊勾玉~やさかにのまがたま~)強奪の一端を担う。
紆余曲折を経て、野分、桜姫、阿麻丸、玉琴の子・清玄(立川流本尊~美女の首~を作るため、桜姫の成長を待って付け狙っている)、兵藤太、百合王(満祐の影武者)らが、一堂に会し、物語は怒涛の終末へと向かう。

いや~、すごかったですね。とにかく、たくさんのストーリーが絡み合ってて、イチイチあらすじ書いてたら、それだけで気力が尽きそう。南朝復興への遺臣の執念、吉野の南朝皇統の穏やかな日常、阿麻丸の子種(紛らわしい子種を蒔きすぎだよ)、赤松氏の断絶と再興、野分と玉琴の対決、など、ホント、色々で。しかもちゃんと絡み合い、お互いを増幅しながらまとまるという、作者の筆力。そういう面では、非常に読み応えのある作品でした。
ただ、惜しむらく「妖」と付くわりには、あまり耽美っぽさがなく、ダークさが足りない気がする。まあ、個人の好みの問題だと思うけど。

文庫の解説で、結構ツボを押さえられちゃったので、ツッコミ処が難しいな~。
登場人物で一番気に入ったのは、井光の里で辰砂~朱と水銀~の精製を行う一族の朱丸。精製の際に発生する毒に冒され、顔色悪く体躯も貧弱。阿麻丸を慕う様子がいじらしく、あわれ。敵に捕らわれ、不老長寿の丸薬を飲み尽して果てる、その潔さ。そして辰砂の堀跡にて即身仏となる。その際に鼠が朱丸の身を喰らって死ぬあたり、朱丸の胎内に辰砂の毒がまわっていたと思われる。毒をもって生となしていた・・・としたら、なかなかにダークだな。

それと、俗人の日野卿子。神器強奪の際に南朝勢に攫われ、南朝にて礼儀指南をするのだが、指南役を務めつつも「天に2日なし」と北朝の帝を思って(ほぼ妄想)南朝帝・良成を主上とは呼べず、御所襲撃を恐れ正気を失ったり、自分の指南が至らず後世に嘲笑されるのではと気に病んでみたり、最終的には南朝を裏切って玉璽を朝廷方へ渡す手はずをしたりと、自分の身可愛さに動きまわる、小人ぶり。でも、その気持ちわかるよ、成間(南朝の人々に「なりません」を連発するためそう呼ばれた)の内侍。

物語の最後の最後に、さりげな~く玉璽;のすり替えが描かれたのが笑えた。阿麻丸一党に奪われた本物の玉璽は「獣の爪や骨をつらねた藤蔓の輪」であったが、帝に献上された「新たなる玉璽」は、何だったんだろうね~。気になるな~(笑)。
所詮、モノはモノ。モノに権威を求め、それにこだわる愚かしさを揶揄するような物語の終末、結構気に入ったな。

そうそう、玉琴と野分の気性(怨念)の激しさは、とんでもないですな。玉琴は死んでも活傀儡となって祟り、活傀儡の身を壊されると、怨念のみで野分を病床に就かせ(激しい攻防の末、野分は白髪老衰の体で息を吹き返す)、清玄を利用して桜姫を狙ったり、桜姫の出産の際に取り付いて殺したり。
でも、それをすべて打ち返す、野分。最後には、桜姫を守るため、自らの命を投げうって死後の世界へ行き玉琴をとりおさえる。・・・野分、強すぎる…。烈女とは、野分のためにある言葉かもしれませんな。

(2007.10.05 読了)

妖桜記〈上〉
妖桜記〈下〉

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年11月03日 09:48
こんにちは。
タイトルは覚えがあったんですが、どうも読んでないような気がします・・・。
なかなか複雑なお話のようですね。とっても読んでみたくなりました!
今度、図書館に行ったら借りてこよう。

この記事へのトラックバック