『頭のうちどころが悪かった熊の話』/安東みきえ ◎

「頭をうって、記憶を失っちゃった熊さんが、大事な〈レディベア〉をさがす」という単純な物語の中に、気持ちがほっとするような経過が描かれていく。大人にも読み応えのある童話、とは確かにこういう物語をさすのだな、と思う。示唆に富んでいる、という言い方では、何だか物足りない気がする。
かわいらしい動物たちの7つの物語は、あっさりと描かれているようで、それぞれにふんわりとした印象を残す。独立した物語ではあるけれど、少しずつリンクしているのもいい。

『頭のうちどころが悪かった熊の話』は、大人のための寓話。
「頭のうちどころが悪かった熊の話」
「いただきます」
「ヘビの恩返し」
「ないものねだりのカラス」
「池の中の王様」
「立派な牡鹿」
「お客さまはお月さま」
どの物語でも、動物たちがその特質をいかんなく発揮しつつ擬人化されていて、妙に滑稽で、少しだけ物悲しい。
物悲しいけれど、きついところはなく、とらえどころのない優しさが漂ってくる感じがする。

一番気に入ったのは「お客さまはお月さま」。友達になったお月さまを助けようと奮闘する、月の輪熊の話。
おかげで、星まで付いてくるようになってしまうのだ。月の輪熊の家は、月と星がいっぺんに入るには小さいというのに(笑)。
この熊は「頭のうちどころが悪かった熊の話」の記憶喪失のした熊の友達。あ、物語がぐるっと回ってきた感じがしますね。

もちろん、メインタイトル「頭のうちどころが悪かった熊の話」も良かったですね。どんな相手かも忘れてしまったのに、とにかく大事な[レディベア]を探し続ける、熊。そして、最後には探し続けた〈レディベア〉に思いっきりはたかれて幸せを感じるという、オチがつく。しかも、記憶を失ったのは、その奥さんの一撃を受けたからなのだ。でも、熊にとって〈レディベア〉はなくてはならない、大事な存在。そばにいるだけで、幸せを感じられるんだから、素晴らしい関係なんだな。そういうの、いいな~。

多分、読む人によって、色々と違う感想が出てくるんだろうな、と思います。私は、単純に、擬人化された動物たちの微笑ましさに目が行ってしまったのですが、深く読めば、人生や世の中と折り合うコツも見えてくるのかもしれませんね。

(2007.10.17 読了)
頭のうちどころが悪かった熊の話
楽天ブックス
著者:安東みきえ/下和田サチヨ出版社:理論社サイズ:単行本ページ数:134p発行年月:2007年04


楽天市場 by ウェブリブログ



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年10月20日 22:45
読み手の気持ちによって、いろんなものが見えてくるような、お話たち・・。シンプルだけど、深みがあって、いい感じの物語でしたねえ・・。熊って、やっぱりお話に出てくるといい味出します(笑)
2007年10月20日 23:03
ERIさん、ありがとうございます。
試しに、ウチの4歳児に「頭のうちどころが~」を読んでみました。
記憶喪失の意味が理解できなかったようですが、「熊さん、会えて良かったね~」という感想が出てきました。彼的には、どうも記憶喪失熊は「迷子」だった模様(それは君のことだよ、ご次男様)。
やぎっちょ
2008年01月11日 23:08
そういえば全然関係ないのですが、「森の熊さん」という歌がキライなんです。。。あれって自分が熊だから、危険だから「お嬢さんお逃げなさい」って言うんですよね???
なのに落し物拾って親切にするのって・・・作戦?心理戦??とか思ってなんかずるい気がするんです。

歌の解釈、間違ってますか??(ってここで聞くな!!)
2008年01月11日 23:14
やぎっちょさん、こんばんは(^^)。
おお「森の熊さん」新解釈ですね?!
いやいや、オトナの世界に当てはめると、ソレはアリですよ!
あの歌詞には「甘い言葉は罠だぞ、気をつけろ」的な警告があったんですね~、うう~ん、大人の深読みって、ス・テ・キ♪
藍色
2008年01月22日 01:55
こんばんは。
大人が読んでも十分に楽しめる内容でした。
とても大切なことを語っているのに説教臭くないところもよかったですね。

トラックバックさせていただきました。
2008年01月22日 22:20
藍色さん、ありがとうございます(^^)。
ただ、動物の物語があって、だからと言ってそれを教訓くさく押しつけることなく、って言うのが良かったですね♪
june
2009年02月17日 22:56
シュールで結構ブラックなのに、読み終えて優しい気持ちになれるのはなんでだろうって思ってたんです。滑稽さとともにどこか物悲しさがあるからですね。きっと。
一見ナンセンスなような深いような・・というのが好きです。
2009年02月18日 21:55
juneさん、ありがとうございます(^^)。
可愛い動物さんたちの、実はブラックな現実。
そして、そこはかとなく物悲しいという。
幼児にはわからないけれど、大人には響くそのナンセンスさが、良かったですよね。

この記事へのトラックバック

  • 頭のうちどころが悪かった熊の話 安東みきえ 絵・下和田サチヨ 理論社

    Excerpt: 理論社らしい丁寧な装丁の、可愛い本。 どれも短編。読むのに時間はかからないのに、ぴりっとブラックな味わい。 そう・・ピリ可愛く、何やら不思議に愛しい物語たち。 柔らかい肌触りに引かれてうっとり撫.. Weblog: おいしい本箱Diary racked: 2007-10-20 22:28
  • 頭のうちどころが悪かった熊の話 安東みきえ

    Excerpt: 頭のうちどころが悪かった熊の話 ■やぎっちょ書評 ジャケとタイトルに吸い寄せられるように魅かれて読みました。 タイトル秀逸だと思うんだけど。そう思いませんか? 中身はすっごく短い童話のよう.. Weblog: "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! racked: 2008-01-11 23:04
  • 頭のうちどころが悪かった熊の話 安東みきえ

    Excerpt: 絵・下和田サチヨ 収録作品:頭のうちどころが悪かった熊の話/いただきます/ヘビの恩返し/ないものねだりのカラス/池の中の王様/りっぱな牡鹿/お客さまはお月さま 熊、トラ、カラス、ヘビ、おたまじ.. Weblog: 粋な提案 racked: 2008-01-22 01:55
  • 「頭のうちどころが悪かった熊の話」安東みきえ

    Excerpt: 頭のうちどころが悪かった熊の話クチコミを見る 動物寓話っていうんでしょうか。説教臭い話は好きじゃないんですが、これはそんなに説教臭くなかったです。ちょっとナンセンスだったりシュールだったり毒もあ.. Weblog: 本のある生活 racked: 2009-02-17 22:53