『白の鳥と黒の鳥』/いしいしんじ △

あ~~。え~~と、その。好きな方、ごめんなさい!
『みずうみ』が、すごく良くて、期待のままにいしいしんじ2作品目だ~♪、というノリで読み始めたのがいけなかったのかも・・・。
あの・・・だめでした、この『白の鳥と黒の鳥』は。「大人の童話」を19編を集めた、短編集。なんか、消化不良だ・・・。

何だかね、とりとめがないんですよ、非常に。思わず、「だから、何?」と仏頂面で返したくなるような物語が、多くて。短編だから、独特の世界観を感じる前に終わっちゃう、ってことなのかな~。しかも19編がそれぞれ違った傾向で、分かりにくい。
書評で「大人のための童話」とか「非現実かつ空想的」なんて書いてあったので、もっと違う感じを期待してた。癒し系か、シュールでリアル感があるのに幻想的とか、そんな感じをね。だから余計にガックリ。

まあ、19編全部がダメダメだったわけじゃないです。
「紅葉狩り顛末」とか「緑春」とか、よかったです。

「紅葉狩り顛末」は、なんと野生の紅葉(?!)が暴れまわり、役所からの依頼でそれをしとめる老猟師と役人の話。山に入っても、ダルダルな猟師2人に、いら立ちを募らせる役人。だが、翌日獲物の匂いを嗅ぎ取ったかのように豹変する猟師たち。緊張の時を過ごし、仕留めたはヒグマ。その2時間後、みごと巨大なモミジの葉脈を撃ち抜く。ちょっと待て、紅葉が暴れるって、紅葉は植物じゃん(笑)。老猟師2人がダルダルで、それにイライラする役人にも笑える。しかも、最後には紅葉の葉脈を撃ち抜くって、暴れ熊か?!このナンセンスさはいい。

「緑春」は、最後に「緑」と「茶色」が一緒になって『緑茶』になるというオチに、「えぇ?今までの緑のグチは、何だったの~!色であることの苦悩じゃなくて、最後は色じゃなくて語呂合わせかよ!?」と、激しくツッコミを入れてしまいましたよ。なんじゃこりゃ~!な、後から沸々とわき起こる苦笑い。こういうの、結構好きかも。

え~、感想もあらすじもあったもんじゃないんですが、この辺りで終了といたしましょう(笑)。

(2007.12.19 読了)
白の鳥と黒の鳥
楽天ブックス
著者:いしいしんじ出版社:角川書店/角川グループパブリッサイズ:単行本ページ数:205p発行年月:2


楽天市場 by ウェブリブログ



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年12月21日 20:25
確かに短編だとあの世界観を味わいにくいかもですね~。今んとこ読んだなかでは「雪屋のロッスさん」ていうのが短編集では一番いいと思いました。未読なようでしたらぜひ!
2007年12月21日 21:02
まみみさん、ありがとうございます(^^)。
むむ、『雪屋のロッスさん』ですね。図書館で検索してみます。
読んだらTBさせて頂きますね~♪

この記事へのトラックバック

  • 「白の鳥と黒の鳥」 いしいしんじ

    Excerpt: 白の鳥と黒の鳥posted with 簡単リンクくん at 2005.10.29いしい しんじ著角川書店 (2005.1)通常2-3日以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る Weblog: 今日何読んだ?どうだった?? racked: 2007-12-21 20:23
  • 白の鳥と黒の鳥<いしいしんじ>-(本:2007年99冊目)-

    Excerpt: 白の鳥と黒の鳥 出版社: 角川書店 (2005/02) ISBN-10: 4048735748 評価:68点 面白いことは面白いが、あまりのまとまりのなさに読み終わっていったいなんだっ.. Weblog: デコ親父はいつも減量中 racked: 2007-12-22 00:58