『Story Seller』(小説新潮08年5月号別冊)/アンソロジー ◎

基本的に「本は図書館派!」な水無月・Rですが、有川浩さんの作品が読みたくて買ってしまった『Story Seller』。好きな作家さん&読んでみたいなぁと思ってた作家さんが勢ぞろい。
なかなかにこれは面白そう・・・おお~、期待通りに、面白いぞ~!
読み応えは長編並、
読みやすさは短編並

っていう表紙のキャッチフレーズ、ぴったりですよ~(^^)。

アンソロジーってテーマで選べるから作品的ハズレが少ないし、今まで読んだことのない作家さんの作品をお試し読みが出来るので、結構好きなんですが・・・。
逆に読みたい本リストがまたまた長~くなるという、ワナが待ち構えてます(笑)。

「首折り男の周辺」伊坂幸太郎
首折り殺人の犯人に間違われる、そっくりな気弱男・小笠原稔。小笠原を疑う、安永夫妻。首折り男・大藪の「誰かの役に立ちたい病?」に伝染したか、いじめられている少年(以前大藪に会ったことがある)・中島翔にアドバイスと手助けをする。後日首折り男の死亡記事を読んで驚く少年。
伊坂さんの物語構成の巧さが如実に表れてます。タイトルの首折り男は死んでしまうんだけど、なんだかホッとするような、暖かさにあふれて微笑ましい物語でした。

「プロトンの中の孤独」近藤史恵
『サクリファイス』の外伝だそうですが、実は本編未読。自転車競技…あんまり興味ないなぁ、と思ってたので。
ですが・・・。うわぁ~やっぱりワナにかかったッ!読みます・・・、本編(笑)。
自転車ロードレースチームに所属する男・赤城。赤城と同時期に入団した石尾。チームのエース久米。久米の取り巻きや監督も入り混じった人間関係。
レース内で繰り広げられる、お互いの心理まで織り交ぜた複雑な戦略。こ、これは面白いわ。

「ストーリー・セラー」有川浩
素晴らしい物語でした。別に記事を上げているので、コチラをどうぞ。

「玉野五十鈴の誉れ」米澤穂信
斜陽の旧家小栗家の跡取り娘・純香。傲然と一家を支配する祖母に与えられた使用人・玉野五十鈴。厳格で息苦しい生活の中、才長けた五十鈴との交わりだけが安らぎであったのに、父の縁者の起こした事件で跡取りを廃され、五十鈴とも離れ離れにされ幽閉される。
再婚した母が男の子を産むが、その子は事故により死亡。狂乱した祖母は憤死。家に戻って来た父にそのことを教えられた純香は、五十鈴と再会することを望む。
五十鈴のかたくなさ、事故の原因・・・。ひそやかな湿り気を帯びた恐怖を感じました。

「333のテッペン」佐藤友哉
佐藤友哉さんと東京タワー。先日読んだ『世界の終りの終わり』を思い出しますねぇ。
今回は東京タワーのてっぺんで起きた殺人事件。タワー下の土産物屋で働く土江田。元は裏稼業の男のようである。その土江田と女子高生の推理により殺人事件は解決に至るが。
ぜひ土江田の元の職業時代の話も読んでみたいものです。佐藤さんらしいバイオレンスたっぷりな物語なんだろうなぁ。

「光の箱」道尾秀介
童話作家の圭介。高校の同窓会に出席するために、帰郷する。小学生時代に書いていた「赤鼻のトナカイ」の歌にインスパイアされた物語。中学高校と一緒に過ごした少女・弥生。弥生の巻き込まれた事件。圭介の誤解。
そして、弥生と夫の同窓会出席。・・・物語は大きく拡がる。優しく暖かい、物語の終わり。

「ここじゃない場所」本多孝好
クラスメート・秋山隆二のテレポーテーションを目撃してしまった郷谷利奈。彼を尾行してたどり着いた洋館には、それぞれ奇妙な能力を持っていそうな4人がいた。元犯罪者を処刑する殺人集団「アゲハ」と彼らの関係は?そして利奈に迫る、ストーカー。そのストーカーは隆二たちにより、蹴散らされる。利奈の失恋。
ここに出てくる4人を描いた作品を執筆中だそうです。


これら7編、とてもよかったです。
有川さん・伊坂さんはもう言うことなし!
佐藤さんも、結構好きな作家さんだなというのを再認識。
そして、近藤さんの『サクリファイス』を読まねば~あはは。続編も08年後半から連載開始予定だそうです。
米澤さん・道尾さん・本多さんも、著作リストをチェックしております。
案の定、アンソロジーのワナにはまる水無月・R・・・。
予想通りすぎですよ(笑)。

(2008.06.10 読了)

Story Seller (ストーリーセラー) 2008年 05月号 [雑誌]
『Story seller』シリーズ
『Story seller』 本作
『Story Seller vol.2』
『Story Seller vol.3』

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年06月12日 14:39
こんにちは。
贅沢な雑誌でしたね!
読んだ(買った)動機から、読後の「またリストが長くなるぅぅ;;;」まで私とそっくりですね~(笑)お仲間、お仲間♪
雪芽
2008年06月12日 19:07
こんばんは~
こんな雑誌が出ていたとはチェックに抜かりがありました。最近本屋断ちしてるので。
「サクリファイス」の外伝もあるんですねぇ。有川さん、米澤さん、伊坂さん、好きな作家さんの名前がずらり。これは本屋解禁しなくては!
2008年06月12日 21:44
>すずなさん。
そう、アンソロジーのワナ!(笑)
早速昨日の晩。『サクリファイス』をネット予約(最近やっとネット予約できるようになったM市図書館(-_-;)しました。
うふ。お仲間がいるというのは嬉しいですわ~(^^)。

>雪芽さん。
有川さんの 作者公認の「非」公式サイトである「有川 浩、応援結晶」さんで、有川さんの情報は逐一チェックしている水無月・Rです(笑)。
有川さんが日記も書いてらっしゃいますよ~!
もしご覧になったことがなかったら、「有川 浩、応援結晶」さんに行ってみてください。
URLは、サイトの管理人さんの了承を得ることができたら、こちらのコメントに載せますね。
(←水無月・Rはネット世界で有川浩ムーヴメントを起こそうと地味に活動中!(^^)!)
2008年06月16日 22:33
有川さんの作者公認の「非」公式サイト、「有川 浩、応援結晶」さんのURLです。
(管理人さんにご許可をいただきました)
http://www.geocities.jp/seishusironeko/
有川さんの日記、作品紹介、ギャラリーではなんと『図書館戦争』のCM風動画が見れられます!すごいですよ~(^^)。
june
2009年06月08日 21:11
ものすごい豪華な執筆陣に驚き、その内容のおもしろさにも驚きました。
この頃はおもしろいアンソロジーがたくさんでているけれど、こういうのはいいですよね。
読みたい本リストがどんどん長くなってしまいますが・・。
とりあえず、佐藤さんのほかの作品を読んでみようかと思ってます。バイオレンスっぽいようだけど、大丈夫かなぁ・・。
もしよかったら水無月・Rさんのオススメとか教えてください。
2009年06月08日 23:18
juneさん、ありがとうございます(^^)。
アンソロジーの罠ですよね~(笑)。
でもハマって正解!でした♪
・・・そうですねぇ。佐藤さんの作品のおススメ、「鏡家サーガシリーズ」の『鏡姉妹の飛ぶ教室』は如何でしょう(かなり前なので記事はないのですが)。読んでいてあまり痛そうじゃない、バイオレンス&サイキック風味です。笑えるところも結構あります。
あとは・・・『世界の終わりの終わり』も、現代風な挫折と再生の物語で、非常に希望が持てる感じがしてよかったです。
よろしければ、是非に・・・。
june
2009年06月10日 21:54
水無月・Rさん、お勧め教えてくださってありがとう!
探してみますね。楽しみ~♪
苗坊
2010年09月10日 09:48
こんにちは。
アンソロジーは罠にかかりますよね~
私は佐藤さん以外は読んだ事のある作家さんだったので、リストは多くならずにすみました^^;
有川さんの作品は本当に素敵でした。
素敵な2人だから、幸せになってほしかったです。
旦那さんが小説を投稿するを強く勧めた場面は、有川さんの旦那さんもそうしたのかななんて妄想してました^^
2010年09月10日 22:59
苗坊さん、ありがとうございます(^^)。
有川さんをはじめ、とても魅力的な作品がてんこ盛りでしたね!
そして、今思い出しても涙ぐんでしまうくらい、「ストーリー・セラー」は・・・キますね。小説投稿は、実際旦那様に勧められて…だったそうですよ。素敵なご夫婦ですよねぇ♪

この記事へのトラックバック

  • Story Seller 小説新潮5月号別冊

    Excerpt: 7人の作家さんによる7つの中編。『面白いお話、売ります。-読み応えは長篇並、読みやすさは短篇並』のコピー通りの雑誌です。 Weblog: Bookworm racked: 2008-06-12 14:36
  • 「Story Seller 」伊坂幸太郎 他

    Excerpt: Story Seller (新潮文庫)クチコミを見る Story Seller 読みごたえは長篇並、読みやすさは短篇波、ってそのとおりでした。 豪華な執筆陣、そしてその内容。確かに面白い話ば.. Weblog: 本のある生活 racked: 2009-06-08 21:12
  • Story Seller

    Excerpt: Story Seller (新潮文庫)販売元:新潮社発売日:2009-01-28おすすめ度:クチコミを見る 「首折り男の周辺」伊坂幸太郎 株に失敗した妻の借金を賄うため、長年住んでいた家を手放し、.. Weblog: 苗坊の徒然日記 racked: 2010-09-10 09:28