『陽気なギャングが地球を回す』/伊坂幸太郎 ○

伊坂幸太郎さんで「銀行強盗」と言えば、『チルドレン』を思い出しますねぇ。あの話の主人公は人質側でしたけど。(←水無月・Rは、作品発表順に読んでないのです・・・)
今回『陽気なギャングが地球を回す』は、映画化されましたよね、確か。

嘘を見抜く天才・リーダーの成瀬。演説の達人・響野。すりの天才・久遠。正確な体内時計の持ち主・雪子。この4人は、各人の特質を最大限に活かして百発百中の銀行強盗を実行するグループ。
ところが、ある時その百発百中の計画が崩れ、銀行から奪った金は別の現金輸送車ジャックグループに横取りされる。

取り返そう、と成瀬たちが動き始めたそこから、奇妙なトラブルが大量発生。成瀬の深謀遠慮が大展開し、響野のおしゃべりは炸裂し、久遠は動物の立場に立って人間を口撃し、雪子は不審な動きを見せる。雪子の息子はいじめに巻き込まれそうになったり、後をつけられたり。

それぞれの事件が段々に一つに結びつきあい、最初のころにちょっと出てきた物事が伏線になってたことに気付いた頃には、物語は怒涛の終焉を迎える間際。あのちょっとした出来事やせりふが後にちゃ~んと活かされるという、すごいなぁ。さっすが、伊坂さん!

4人が知り合った経緯と、そこから銀行強盗グループに発展する物語も面白かった。ちょっとばかりご都合主義な気もするけど、そこはそれ。展開の良さ、伏線回収の巧さに、舌を巻いてしまって、その部分はまあOK、という感じになってしまう(笑)。
4人の気軽さが、結構重罪のはずの銀行強盗をゲームのように感じさせ、現実感がないから、楽しめた。これはジェットコースタームービーのような、勢い系の物語だなぁ。

ただね~、4人の特質をもっともっと強調したら、より面白くなったんじゃないかな~と。久遠のスリの業がなんだかインパクト弱い感じで。成瀬の「人生の解説書を先に読み終わってる」って感じは良くでてたけど。成瀬はすごく頭がいいよね。敵を2重3重にハメるその計画性の高さと実行時のノイズ処理のうまさは、すごいと思う。

雪子と慎一、成瀬と離婚した妻の所にいる自閉症の息子・タダシなど、親子の愛情の深さがベースに描かれていた。お互い愛情があり、信頼している感じ・・・。伊坂さんの作品にはこういう絆の物語がよく描かれていて、そこにとても救いがあると思う。私は、こういう絆は好きだなぁ。

(2008.07.08 読了)
陽気なギャングが地球を回す
楽天ブックス
長編サスペンスNon novel 著者:伊坂幸太郎出版社:祥伝社サイズ:新書ページ数:260p発行年


楽天市場 by ウェブリブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

エビノート
2008年07月09日 19:54
悪党たちのはずなのに、魅力的な登場人物ばっかりで楽しかったですね~。辞書の引用とか、細かなところも凝っていて、いろんな所で楽しめました。もちろん、伏線が回収される展開もさすがって感じ。
続編も面白かったですよ~
2008年07月09日 21:13
エビノートさん、こんばんは(^^)。
悪党だけど憎めないのは、きっとスジの通ったお互いの信頼感があるからなんでしょうね!
伊坂作品って、ホントに面白いです。ストーリー展開のうまさは絶品ですよね~♪
早く、続編も借りてこなくちゃ!です(*^_^*)。
藍色
2008年07月10日 03:19
軽快な筆致、会話の楽しさ、伏線の巧みな回収と、いろんな面で楽しい伊坂ワールドでしたね(笑)。
愛情や信頼もいっぱいで素敵でした。
続編の「~日常と襲撃」もお楽しみに。
2008年07月10日 22:31
藍色さん、ありがとうございます!
伊坂さんの楽しさを凝縮した、とっても面白い物語でした!
続編も楽しみです~。そして多分、映画版もDVD借りて来て観てしまうでしょう(笑)。
2008年07月11日 00:41
こんばんは!
伊坂氏のヒューマニズムのあり方が、とても好きです。あったかくて、ちょっとシニカルで、かっこいいですよね!!伊坂氏、直木賞を辞退されましたね~。それも、かっこいい!!と思ってしまいました。
2008年07月11日 22:15
ERIさん、ありがとうございます。
そうなんですよね、伊坂さんの直木賞辞退。
もったいない気もしますが、でもそれはそれでカッコいいですよね~♪
雪芽
2008年07月14日 22:16
こんばんは~
TB出来ないと思ったらちゃんと出来てましたね。よかった(ほっ)
初めての伊坂さんでしたが、伏線の凄さに気づいた時には最後にきてました。
続編では四人の日常が垣間見えて楽しいですよ♪
たかこ
2010年01月23日 11:32
そうそう、これを読んだ時点では、
>ただね~、4人の特質をもっともっと強調したら…
に同意だったんですが、続編でそれが解消されてますよね。
やっぱりこの4人組はいいなぁと思いました。

この記事へのトラックバック

  • 陽気なギャングが地球を回す〔伊坂幸太郎〕

    Excerpt: 個性的な人間が4人集まれば、そりゃ~ギャングだってやるよな… 銀行強盗って、常識的に考えれば「悪」なのに、読んでるうちに仲間に入りたくなってるんだから不思議だ~ Weblog: まったり読書日記 racked: 2008-07-09 19:55
  • 陽気なギャングが地球を回す 伊坂幸太郎

    Excerpt: 装幀は松昭教。カバー写真はmable8(ALASKAJIRO)。カバーモデルはWAKAMAN3号。 1996年の第十三回サントリー�... Weblog: 粋な提案 racked: 2008-07-10 03:19
  • 陽気なギャングが地球を回す 伊坂幸太郎 祥伝社

    Excerpt: これ、映画になってるんですね。 さかんに宣伝しておりますな~。5月13日から全国公開 だそうで。それに、これの続刊がでる、という話を聴きまして。 そうだ、これまだ書いてなかったよ~、と思った次第.. Weblog: おいしい本箱Diary racked: 2008-07-11 00:39
  • 「陽気なギャングの日常と襲撃」

    Excerpt: 陽気なギャングの日常と襲撃 伊坂 幸太郎 あの四人が帰ってきた!、ということで『陽気なギャングが地球を回す』の続編。 あとがきによると当初は、四人の銀行強盗を中心に、毎回主人公を変えて短篇を.. Weblog: コンパス・ローズ  compass rose racked: 2008-07-14 21:36
  • 「陽気なギャングが地球を回す」 伊坂 幸太郎

    Excerpt: 伊坂 幸太郎 嘘を見抜く名人、天才スリ、演説の達人、正確な体内時計を持つ女。他より抜きん出た才能を持つ四人が偶然によって出会い、特異な才能をひとつにして目指した場所は銀行。彼らが銀行へ向った訳は.. Weblog: コンパス・ローズ  compass rose racked: 2008-07-29 21:59
  • 『陽気なギャングが地球を回す』 伊坂幸太郎

    Excerpt: このブログを読んでるらしい友人から先日、「奥田英朗に手を出したんなら、伊坂幸太郎もお試しあれ」とメールが届きました。 「興味はあるけど何から読んだらいいかわかんない」と返信すると、薦められたのがコレ.. Weblog: 【徒然なるままに・・・】 racked: 2009-01-11 09:20
  • 陽気なギャングが地球を回す / 伊坂幸太郎

    Excerpt: いつもの伊坂さんとは違うかな。深く考えることなく、ノリで読めた。 ===== amazonより 嘘を見抜く名人、天才スリ、演説の達人、精確な体内時計を持つ女。この四人の天才たちは百発百中の.. Weblog: たかこの記憶領域 racked: 2010-01-23 11:30
  • 伊坂幸太郎『陽気なギャングが地球を回す』

    Excerpt: 陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)伊坂 幸太郎祥伝社 今回は、伊坂幸太郎『陽気なギャングが地球を回す』を紹介します。4人の銀行強盗が銀行を襲ってお金を奪うことに成功したが、同じ逃走中の現金輸.. Weblog: itchy1976の日記 racked: 2010-11-19 19:06