「ジュエル・ボックス」(DVD「図書館戦争」第4巻・特典)/有川浩 ◎

水無月・R大絶賛!読んだら即萌え!萌えの女神降臨!有川浩さんですよ。
――― ていうか、この前フリ、もうしつこいですかね?
いやいや、でもDVD4巻ともなると、ホント「いやもうホントどうにでもしてください(←棒読み)」な甘さが 大炸裂して・・・言語能力を奪われてしまいますよ。有川さん・・・なんてすごい人なんだろう・・・(^_^;)。
大体ね、あの堂上があんなにイロイロ思い悩んで、のたうち回ってた(実際には耐えてたけど、脳内では絶対七転八倒して頭掻き毟りすぎでハゲかけてたに違いない(笑))なんて、想像がつかないよ、本編だけじゃ!
水無月・Rの脳内補完の遥か上を行く、有川さん。ホント、一生ついて行きますデスよ!

実は、DVDが届いて包装をむしり取り、付録冊子を見たとき「・・・え?王子さまの話?・・・もういいじゃん」と思ったのは、内緒(笑)。だって~、玄田隊長&折口さんのお話読みたかったんだもん~。

いやでもさ~。うう・・・なんて、なんて乙女なの堂上ッ!5年前にちょっと助けた女子高生の事、ずっと気にしてたんだ~。で、再会したら、自分の顔忘れられちゃってて、すっごく落ち込んだんだ~。イロイロ心騒いだことも、全部錯覚だ!と思いこもうとし、厳重に鍵をかけてしまいこんだはずだった・・・。のに!のに!
~~(その鍵を)壊して開けるなアホウッ!~~ (本文より引用)

てっきり、女子高生を助けはしたけど、それは本を守りたいという気持ちに賛同したからで、まさか自分を追いかけて入隊してくるなんて・・・と言う戸惑いが、振り払っても振り払っても刷り込みされたヒヨコの如く付いてくるから、だんだん気になって・・・・。
だと思ってたんですよ、私。それがどうしてまあ、郁が入隊する前から、・・・ですか。
そっちから一目惚れ、ですかッ!
確かに『別冊図書館戦争Ⅱ』の時に「いたいけな女子高生を助けて云々」と言う話をしてたから、もしかして?と思わなくもなかったんですが、本編シリーズではあまり堂上の側からは描かれてなかったから、まさかまさかデスよ。

しかも堂上、すんごく乙女なのである。これで萌えに身悶えするなと言う方が、オカシイ(←水無月・R的に)。
5年間心に秘めてた少女が目の前に現れた、だけど自分は上官だし、彼女の中で超・美化されてるその男は自分じゃない、ってんでその想い出を『ジュエル・ボックス』に閉じ込めちゃうんだから!好きな相手を宝石に例えるって、・・・どんだけ乙女チック?!郁を厳しく指導しつつ、夜になったら毛布噛みしめて、悔恨にのたうちまわる堂上が、見えたよ私は!

しっかし、今作読んで、なんかすっごく同情したよ、堂上に(シャレでは断じてありません)。
なんであんたら、そんなに遠回りなんだ~!そして郁の純粋培養っぷりったら!
やっぱ有川さんの「じれったい愛はイイよねぇ~、悶えるわぁ~。ベタ甘ラブロマ、万歳
すっかり、中毒です。解毒剤は全ッ然、いりませんけどね。

戦闘職種系大男達の飲み会で、酒に弱い郁が潰れると、その回収及び寮への送還を請け負わされる、堂上。周りは非ッ常~にニヤニヤしながら楽しんで、からかいの視線および言葉をかけてくる。堂上としては、上官としてしょうがなく対処してるんだ~!と言い張りたい気持ちにでありつつも、他の奴にその役を代わってやる気はさらさらなく。
背負った郁の寝言の「王子様率」の高いことに凹んでいたら、ある日彼女は「・・・どうじょうきょうかん。」とつぶやくのだ。

もうそれ、堂上はノックアウトですよッ!ていうか私もノックアウトされましたけどねぇ・・・(←遠い目)。
・・・その晩、堂上が見た夢は、とても人には言えないらしいですよ。(←えぇ~、どんな夢だったんですかぁ?)

堂上班のメンツはもちろん、宴会シーンで玄田隊長(もう大好きだ~!)・緒形副隊長・進藤も出てきて、とっても嬉しかったです~。それぞれとってもらしいキャラで・・・もう、脇キャラ好き心をくすぐられました!

因みに今回も、弓きいろさんの4コマ漫画は冴えてましたねぇ!素晴らしいですっ!
腕立て追加なんか全然効かないけど、「頭ポンポンしてやらないぞ」に籠絡される郁。ぎゃ~!萌えッ!萌えるわッ!酒を勧められてもお茶を握りしめてぶんぶん顔を横に振る郁、すっごく可愛いです~。

ホント、おまけには豪華すぎる、お話ですよ~。有川さん、ありがとうございますッ!
少ないページ数でも、ガッチリ水無月・Rのを鷲掴み!(^^)!。
しかもアニメとの連携もバッチリで、登場人物皆さんの声で聞こえてくるという相乗効果!
これが萌え死に寸前までいかんでどうする、水無月・R!・・・でございますよ(笑)。

(2008.11.05 読了)
図書館戦争 第四巻
楽天ブックス
声優:井上麻里奈(INOUE MARINA)/前野智昭(MAENO TOMOAKI)監督:浜名孝行(


楽天市場 by ウェブリブログ



水無月・Rの「図書館戦争シリーズ」記事
『図書館戦争』  ◎
『図書館内乱』  ◎
『図書館危機』  ◎
『図書館革命』  ◎
『別冊図書館戦争Ⅰ』  ◎
『別冊図書館戦争Ⅱ』  ◎
「ドッグ・ラン」(DVD「図書館戦争」第1巻・特典)  ◎
「プリティ・ドリンカー」(DVD「図書館戦争」第2巻・特典)  ◎
「マイ・レイディ」(DVD「図書館戦争」第3巻・特典)  ◎
「ジュエル・ボックス」(DVD「図書館戦争」第4巻・特典)  ◎ 本稿
「ウェイティング・ハピネス」(DVD「図書館戦争」第5巻・特典)  ◎
「ロマンシング・エイジ」(文庫『図書館内乱』追加短編)  ◎
映画《図書館戦争 ~革命のつばさ~》を観てきました~!
映画《図書館戦争》を観てきました~!
《図書館便乗》/ひらかたパーク・京阪電車吊広告 ◎
映画《図書館戦争~THE LAST MISSION~》を観てきました~!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

2008年11月07日 15:24
こんにちは!
や~今回もいろいろ萌えて悶えてのた打ち回らされましたねぇ~^^;
堂上教官がまさか『一目惚れ』してたなんてっ!!うっひょぉ~~☆な事実でした(笑)こんなエピソードを今まで取っておくなんて、有川さんってばなんて人なのっ!いや~ますます有川ファンになっちゃいました☆
2008年11月07日 23:25
すずなさん、ありがとうございます!(^^)!
一読者の脳内補完なんて、有川さんの足元にも及ばないことをつくづく思い知らされました。もう~、ステキすぎですッ!
これからも、ずっと身悶えし続けたいです~。
香桑
2008年11月10日 01:14
こんばんは。こんな身もだえ期間があったとしたら、その後、堂上教官がベタ甘に突っ走ったのもうなずけました。
小牧の上戸も、隣に堂上(+郁)がいるから、だったりして……。
いやはや、愛ですね。短くても、おなかいっぱいになりました。
2008年11月10日 22:33
香桑さん、こんばんは(^^)。
ぎゃっは~と身悶えしてしまう、メガトン級迫力の乙女堂上。
もう~もう~もう~!!
愛いっぱいで、おなかいっぱいですよね。
でも、有川さんのベタ甘ラブロマは「別腹」な水無月・R。実は、いくらでも読めちゃいます。萌えちゃえます(笑)。

この記事へのトラックバック