水無月・R的・2008年読了作品 ベスト10!

もうすぐ2008年も終わりですねぇ。
今年もいっぱい(←水無月・R的には)本を読めました。
通算137作品(雑誌掲載作品とか、DVD特典付録とかも含めます)。
有難いことでございます。
そして、何を間違ったか、ウェブリブログの「おすすめblog」に公式認定までされてしまって、ビックリな年末であります。
トラックバックやコメントを多々下さった皆々様、本当にありがとうございますッ!
皆様のおかげで、水無月・Rは頑張れておりまする~!

さてさて、去年もやりましたので一応年末恒例、年間ベスト10発表と参りましょう!
あ、もちろん、有川浩さんは別格なんで(笑)。
ランキングには含められませんよ!ランキングに関係のない萌えの女神降臨!
ていうか、もう誰も水無月・Rにツッコミを入れないという・・・。
このブログでの『別冊図書館戦争Ⅰ』の記事のヒット数、1000超えましたからね…
世の中に有川浩ムーヴメントが巻き起こってるんですよ!そして水無月・Rの萌え萌え無法地帯worldもそこそこ受け入れられているのか(←それはなんかチガウ)・・・と喜びを隠せません♪

いやしかし、ホンット、今年も当たり年でした。良い作品をたくさん読めました。お勧めくださった皆様、ありがとうございます。うう~む、ホント、選ぶの難しいなぁ。
ああ、今年も僅差なんで、「もっと沢山あるんだよぉ~!」と叫びたい・・・(^_^;)。

〈水無月・R的・2008年読了作品 ベスト10!〉
1位 『深泥丘奇談』 綾辻行人
何か、怖ろしいことがあった・・・のだと思う。曖昧になってゆく記憶。彼岸と此岸の境。
2位 『雨の塔』 宮木あや子
隔離された「大学」に集う、美しく儚く孤独な4人の少女たち。
3位 『荒野』 桜庭一樹
読後に鳥肌が立つほど、素晴らしかった。
4位 『雷の季節の終わりに』 恒川光太郎
ふと振り返れば、そこに異界の入り口がわだかまっているような・・・。
5位 『カルトローレ』 長野まゆみ
絡み合い、ほどけ、また絡み合う事実と、不確かな記憶。淡く儚い印象が、心地よい。
6位 『海』 小川洋子
優しく暖かい、原初の海に抱かれるかのような物語たち。
7位 『美女と竹林』 森見登美彦
モリミー妄想大炸裂!コメントのコーナーで重大ミッションが!(笑)。
8位 『終末のフール』 伊坂幸太郎
世界は終末を迎える。だが、暖かい人々の交流は続いてゆく。
9位 『雪屋のロッスさん』 いしいしんじ
30もの不思議な職種の物語。どの仕事の物語も、みな誇り高く、柔らかく、暖かい。
10位 『プラチナタウン』 楡周平
財政再建団体認定間近の自治体の、華麗なる再生!どこかの自治体で実施してくれないかしらん。

〈選外〉
本好き&本屋好きにはたまらない、アンソロジー。
『スカイ・クロラ』シリーズ 森博嗣
現実感を削ぎ落とし、空を舞う時だけリアルを得る、キルドレたちの美しくも儚い物語。
『三番目の魔女』 レベッカ・ライザード
新しい切り口でマクベスに挑む。新しい世界を切り開く者の力強いラストシーン。
武道少女の青春王道物語。爽やかで、明るくて、とてもいいです。


いやホント、他にも色々色々色々・・・あるんですよ!紹介しきれないのは、ホント残念です~。

今年は、伊坂さん作品な年になりましたな。9作品、読みました。でもまだまだ、読んでない作品もあるので、また来年からも楽しみです。

それと、水無月・Rの萌えの傾向がもう一系統加わったことも特筆せねば
それは・・・「トホホ萌え(ヘタレ愛)」です(笑)。
トホホもヘタレも、ホントに愛があります。すんばらしい。
あと、妄想癖がどんどん暴走してきてるとかね。調子に乗って、あちこちで妄想が炸裂し、皆様にウケてるうちはいいのですが、今後どうなりますやら(笑)。

――― とまあ、相変わらずの萌え叫び&妄想ダダ漏れなブログではありますが、お付き合いいただき、ありがとうございました!

来年も、是非によろしくお願い致しします。
ではでは皆様、よいお年をお迎えくださいませ~~!


追伸 : これより水無月・R、年末帰省モード(to旦那実家)に突入いたします。
M市に戻ってこれるのは、1月3日でございます。
TBやコメントにお返事ができるのは、それ以降になってしまいますので、ご了承ください。
TB承認はケータイの方に連絡が来るようにしていますので、チェックし次第UPさせて頂きます。
多少遅くなることがあるかと思いますが、よろしくお願いいたします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

藍色
2008年12月31日 02:07
こんばんは。
同じベスト作記事へのコメント、ありがとうございました。
2、3、4、6、7、8、9位、本からはじまる~、誉田さんは既読なので、うなずきながら読めました。
あ!「トホホ萌え(ヘタレ愛)」の作品、ありましたね~、実感です(笑)。

今年はお世話になりました。
来年もよろしくお願いいたします。
エビノート
2008年12月31日 19:57
有川さんの作品を読んだ後は、水無月・Rさんの記事でもう一回キャーキャー♪叫ぶのがお楽しみです。2009年も、萌え叫びましょう!!
1位の綾辻さんの作品、未読なので読むのが楽しみです♪
今年も一年間お世話になりました。
2009年もどうぞよろしくお願いいたします♪
雪芽
2009年01月02日 12:47
水無月・Rさん、あけましておめでとうございます!
トホホ萌え、ありますねぇ。萌え道を極めていく水無月・Rさんの2009年も大注目です。
昨年同様、今年もどうぞよろしくお願いします♪
2009年01月03日 22:15
>藍色さん。
水無月・Rの今年の方針。
「ヘタレもトホホも愛がある!」を伝道することです(笑)。
今年も是非に、よろしくお願いします。

>エビノートさん。
水無月・Rから萌え叫びを取ったら何が残るのか!何も残らぬに違いない!てな勢いで(笑)。
是非に、ご一緒に。萌え叫びましょう!(^^)!
今年もどうぞ、よろしくお願いします♪
あ、そうそう。『深泥丘奇談』は、ホントいいですよ~!

>雪芽さん。
萌え叫びに関しては、どんどんタガが外れてゆく水無月・R。どこまで皆さまが支持して下さるのか、なかなかに綱渡りな状態ですが(笑)。
コチラこそ、今年もヨロシクお願いします!
2009年01月08日 15:14
明けましておめでとうございます・・・と小さな声で言わせていただきます。(喪中なので年賀状もお出しできず申し訳ないです;;)
今年も水無月・Rさんの書評を励みに読書にいそしみます♪
さてそれにしても水無月さんと読む作家のかぶることかぶること(笑)恒川氏・桜庭氏・宮木氏の新作もう読まれましたか?
これからもどうぞよろしくお願い致します。
2009年01月08日 22:30
空蝉さん、明けましておめでおめでとうございます。
今年もぜひよろしくお願いします♪
私もいつも「空蝉さんの選ぶ本は当たるなぁ~」と感心しています。私のほうこそ、空蝉さんにならわなくては。(特に教養や思考の深さとか…←無理そう;;)
うう・・・桜庭さんの新作は、今日からチビ蔵が幼稚園に行ったので、来週ぐらいから落ち着いて読めそうです(^_^;)。
恒川さん&宮木さんも予約&リクエスト中です!早く読みたいなぁ!

この記事へのトラックバック

  • 「水無月・R的・2008年読了作品 ベスト10!」について

    Excerpt: 「水無月・R的・2008年読了作品 ベスト10!」について さすがおすすめのブログですね。参考にしたいです。。 Weblog: バーバDiary racked: 2009-01-03 20:29
  • 2008年の読書を振り返って

    Excerpt: 2008年は、233冊/227作品読むことができました。 すべての読了作品リストはこちらからどうぞ。 その中で、これは面白かった!という作品を挙げてみたいと思います。 あくまでも私が2008年に.. Weblog: まったり読書日記 racked: 2009-01-03 22:33