『きのうの世界』/恩田陸 ◎

―― 以前、こんなことを書いた気がする。
恩田陸は、しんしんと怖い」と。
本作『きのうの世界』は、しんしんと怖いというより、不穏だ・・・。
とにかく、不穏。
何かを隠して、忘れている町。一人の余所者がそこで殺され、そこから様々な謎が巡り廻り、不可思議な現象が起き、そして隠された町の真実が明らかになる。

2人称、3人称(彼・彼女・固有の名前)、色々な語られ方で、物語は進んでゆく。その展開の不確かさもまた、不穏である。不穏さは読者の不安につながり、謎を解かねば安心出来ない、と読み進めざるを得なくなる。
とある町に、余所者の男・市川が現れ、隣市の飛び地である中州の丘に住みつく。何故か相手の懐にするりと入りこむ人柄で、町の人々に色々なことを聞きまわり、土地の調査をし、そしてある日、水無月橋で殺される。
彼を追って現れた「あなた」は、彼の足跡を調べ、死んだ男にそっくりな弟と出会い、その末不審な死を迎える。
町には、黒い塔が3本ある。1本は壊れたまま、修復されていない。雨の強さによって流れの変わる水路が、町に張り巡らされている。町のシンボルのはずが誰にも気に留められない、そどころか普段は、ひそかに忌まれているかのような、塔。

町の人々は、何かを隠していたり、忘れていたり、町自体にも謎は多く、事の真相が見えてこないまま、行きつ戻りつしながらも物語が進行してゆく。不穏な空気が漂うまま。
何故、市川は失踪したのか。たどり着いたM町で何を探していたのか。そして、何故どうやって誰に、殺されたのか。

物語は「あなた」という2人称で始まる。あなたに語りかけているのかと思いきや、あなたの行動を語る第三者がいるらしい。そのあなたとは、読者なのかと幻惑されているうちに、M町で死んだ市川の調査を進めるあなた。始まりからして、不穏すぎる。

その不穏な空気が呼んだかのように、とてつもない嵐がやってくる。そして嵐のさなか、M町の真実が明らかにされる。読者の予想だにしない展開で。

あちこちに謎がちりばめられ、あるところで解明されることもあれば、物語が終わってもほっぽらかしのものもあったのだが、M町と住人達や調査者の断片的な物語の進行が、最後に怒涛の勢いで収束する鮮やかさが素晴らしかった。

とりあえず、殺人事件の現場が「水無月橋」とくれば、読まないで置いておくわけにはいくまい、水無月・Rよ(笑)。というのが、本作をリスト入りさせる発端でございました。でもあんまり水無月橋というネーミングはストーリーに関係がなかったような。しかも水無月橋の殺人事件の真相は、えぇぇ?!というほどの肩すかし(-_-;)。

他にも駅のステンドグラスの謎とか、嵐の前に3本目の塔に子供たちが結び付けた赤い糸は何だったのかとか、焚火好きの少年に訪れる「焚き火の神様」とは何だったのか、何故洋館は丘を見張れる位置あるのか。過去、子供が塔の内部に入り、とあるものを置いてきた記憶の意味は?
・・・など、解明されない謎を孕みつつも、一連の事柄は終結する。
でも~、色々気になるよう!解明してくれないんですか、恩田さん!!

気になりつつも、それでも物語の勢いにのみこまれ、ぐいぐいと読み進め、あのラストを迎えました。嵐を何とか過ぎ越したM町は、巧みに事実を隠してまた新たな塔を作るのか。或いはもう、真実を明らかにして、逆にそれを強みとして生きてゆくのか。それは描かれていません。でも、それでいいのだと思いました。

そして、読了してから英語タイトルの「ANOTHER YESTERDAY」の意味をもう一度考えて、愕然としました。
きのうの世界は、全く違った「きのう」かも知れない。
事の真相は、本当に物語られた通りとは、限らない。それぞれの理由と、偶然と必然が重なって、それぞれが見た真実は、他者から見たら真実とは言えないのでは。
だからこそ、解明されないまま取り残された謎が、あるのではないか?
今日という新しい世界は始まり、昨日とは決別し、全ては過ぎ去っているのだから。
誰にとってのフィクション或いはノンフィクションだったのか・・・それはもう、それぞれの主観にしか過ぎない物語だったのだと。

(2009.02.22 読了)

きのうの世界
講談社
恩田 陸


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年02月24日 05:11
なんと言っていいのやら・・・という作品でした(笑)
殺人事件の真相には脱力しちゃいましたが、豪雨のM町の情景は圧巻でした。実際に見てみたい!と思っちゃっいました。
ステンドグラス、赤い糸などなど、謎がそのまま置き去りで、やっぱりそれはとっても気になります~^^;
エビノート
2009年02月24日 20:08
M町ってどこ?と探したくなっちゃうような、魅力的な町でした。不穏ではあるけれども、足を踏み入れてみたいですね~。というより、嵐の夜に町の外から眺めてみたい。
えっ?となる部分もありましたが、恩田さんの壮大なイマジネーションにほぅ~とため息をつきたくなる作品でした。
2009年02月24日 22:34
>すずなさん。
そうなんですよ。まさに、恩田マジックですよね(笑)。
豪雨に浮くM町、是非見てみたいですよ。すごい光景なんだろうなぁ。

>エビノートさん。
広がってゆく物語、隠された謎、気になって気になって、とても惹き込まれました。
色々ツッコミ処は満載・・・なのですが、それも読者の想像にゆだねる、といった感じで、妄想派の私には大変楽しい終わりとなりました。
june
2009年04月17日 15:59
私もこの物語を読んで一番に感じたのが「不穏」だったので、水無月・Rさんも同じ言葉を使われていてうれしかったです。
そして水無月・Rさんがあげてらっしゃるいくつもの謎!気になりますよね~。思ったとおりほったらかしにされましたが、私も妄想して楽しむことにします・・。

美しい橋の名前、水無月・Rさんを思い出しましたよ♪
2009年04月17日 22:54
juneさん、ありがとうございます(^^)。
「不穏」ですよねぇ~。
ただならぬ空気を漂わせ、M町の不可思議な一連の現象、謎が謎を呼ぶ展開。
とにかく読みながら不安を覚えました。
想像の余地の多いラストでしたね(^_^;)。
苗坊
2010年01月03日 00:17
こちらにも失礼いたします。
この作品はすごかったですよねぇ。
「不穏」と言う言葉が似合います。
でも、この作品は恩田さんらしい作品で、とてもすきです。
この町が実際にあったら、行ってみたいです^^
2010年01月03日 22:11
苗坊さん、ありがとうございます(^^)。
なんていうか、圧倒的な力のある作品でした。
豪雨に浮かぶ、M町。きっと幻想的というよりは、力強い光景なんだろうなぁ・・・と思います。
行って、見たいですよね♪

この記事へのトラックバック

  • 【きのうの世界】 恩田陸

    Excerpt: 三つの塔と水路のある静かなM町のはずれに、水無月橋はある。そこで一人の男が死んでいた。 あなたは水無月橋を見て考える。この風流な名�... Weblog: ぱんどらの本箱 racked: 2009-02-23 13:29
  • きのうの世界(恩田陸)

    Excerpt: 「な、なんですとぉーっ!?」と叫びたくなるようなラストでした。というより、「・・・なんと;;;」とガックリ膝を折って「あは。あはははは。」と乾いた笑いがこみ上げてくるようなラスト、と言ったほうがいいか.. Weblog: Bookworm racked: 2009-02-24 05:06
  • きのうの世界 〔恩田 陸〕

    Excerpt: きのうの世界恩田 陸講談社 2008-09-04売り上げランキング : 5750おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ ファン切望の最新長編!! 誰も予想でき.. Weblog: まったり読書日記 racked: 2009-02-24 19:58
  • 「きのうの世界」恩田陸

    Excerpt: きのうの世界クチコミを見る こういうざわざわと不安になってしまうような世界はすごく好きです。厚い本ですが、おもしろくて読みやすかったんでサクサク読んでしまいました。 恩田さんにありがちな、.. Weblog: 本のある生活 racked: 2009-04-17 16:10
  • きのうの世界<恩田陸>-(本:2009年読了)-

    Excerpt: きのうの世界クチコミを見る # 出版社: 講談社 (2008/9/4) # ISBN-10: 4062140616 評価:71点 独特の世界観で読むものを魅了する恩田ワールド。 .. Weblog: デコ親父はいつも減量中 racked: 2009-09-27 23:24
  • きのうの世界 恩田陸

    Excerpt: きのうの世界 塔と水路がある町のはずれ、「水無月橋」で見つかった死体。 一年前に失踪したはずの男は、なぜここで殺されたのか?誰も予想できない結末が待っている!!恩田陸が紡ぐ、静かで驚きに満ちた世界.. Weblog: 苗坊の徒然日記 racked: 2010-01-03 00:15
  • 『きのうの世界〈上〉〈下〉』 恩田陸

    Excerpt: 「恩田陸」の長篇作品『きのうの世界』を読みました。 [きのうの世界] 先日、『蜜蜂と遠雷』で第156回の直木賞を受賞した「恩田陸」の10年くらい前の作品です。 -----story--------.. Weblog: じゅうのblog racked: 2017-02-01 22:08