『ブルースカイ』/桜庭一樹 ○

少女は〈クリーチャー(=魔物)〉である。時代の弱者でありながら、カルチャーを作り出し、けん引し、代表する強者でもある存在。
桜庭一樹さんの描く「少女」の定義には、こういうことも含まれているのですね、きっと。
表紙も『ブルースカイ』。美しく突き抜けるような青い空を持つ、制限された3つの空間の中で、「少女」は「せかい」とつながるのだ。

桜庭さんの描く「少女」はいつも私に、「生き辛かったあの頃」を思い出させます。平凡なのが辛くて、周りがみんな何となく敵で、自分の中で叫び出したいような衝動があるのに、それが出来ない、あの息詰まるような行き所のない焦りを抱えていた、あの頃の私を。
相変わらず、抉られます・・・。
多分、それを飲み込んで妥協して、大人になってしまった自分を、少しだけ悲しく思うから。

ただ・・・この作品って、未完なんじゃないかと思うんです。
2007年4月の鹿児島で〈システム〉につながってしまったことで、時空を飛ばされてしまった「少女」の逃亡の物語。偶発的な事故なのに、それはおおごとになってしまった。「少女」は、巻き込まれただけなのに。
「少女」を捕獲するため、あらゆる時代を飛び越えて追いかけてくる「強化老人」。
〈少女〉=青井ソラの旅した、第一部の1627年ドイツと、第二部の2022年シンガポール。この間にも、ソラは時空管理官に追われ逃亡を続けていた。この間にあるあちこちの時空の物語、そして1627年の「少女」の真相が描かれていない。
もちろん、それを書いてしまうと、文庫本1冊にはおさまらないし、青井ソラの物語は〈システム〉につながってしまったことの最初と最後、時空逃亡の最初と最後が描かれれば、それでいいのかもしれないけど。それでもいつか、桜庭さんが『ブルースカイ 完全版』を書いてくれたらいいな、と思います。
私としては是非、第一部の主要人物・マリーがどんな人物の娘なのかが知りたいので。そして、あの時代に〈システム〉とつながった「錬金術と占星術」について、どんな物語があったのかも知りたい。
第一部は第二部の箱庭なのか。第二部で、シンガポールの〈青年〉ディッキーとその友人が作り出したゲーム世界・ゴシックワールドの〈青年〉〈老婆〉〈少女〉が第一部のマクシミリアン・エリカ・マリーなのか。
そこに現れた少女〈ブルースカイ〉。〈システム〉につながってしまった、〈少女〉。

2007年の鹿児島。平凡な女子高生・青井ソラ。桜島の大噴火。遠い未来の〈システム〉。1627年の錬金術と占星術の組織。皇帝から追われるマリー。魔女狩り。マリーは共に旅をするはずだった東洋からの旅人と別れ、新世界へと渡る船の旅をし、いつか大人の女になって、子供をたくさん産む。
近未来で性を失っているような存在の〈青年〉ディッキー。彼は〈ブルースカイ〉と出会う。ブルースカイはディッキーを〈友達(フレンド)〉と呼ぶ大人の女性チャムのもとへ返す。

この物語を未完と感じているからか、非常に散漫な文章になってしまってます。感想とも、あらすじとも、抜粋ともつかない文章だ・・・。
いろんな暗喩があり、歴史的背景もありそうなんだけど、無教養な私にはよくわからない。それでも、物語はとても魅力的だ。

未完だと思っているけれど、完成された『ブルースカイ』を読みたいと思っているけれど、だけど、これでもいいとも思う。多分、桜庭さんの少女観と私の少女観は違う。多分、類型的に見えて、少女ほど各々が感じたり想い浮かべたりしているものが違う存在も、そうはないのではないかと思う。
『ブルースカイ』は、私にとって、少女観の多様性を再認識させた物語だった。

追記:第二部でディッキーが〈ルーム〉で鑑賞していたフィルムは、「ねらわれた学園」ですよね?フィルム内で歌われている〈心配する必要はない。あなたを守りたいのだ。~〉というあの歌は、松任谷由美の「守ってあげたい」・・・?英語への翻訳がたどたどしいせいで分かりにくいけれど。
〈守ってあげたい〉。多分それは、この物語のテーマの一つなのではないだろうか。青井ソラが守ったもの。青井ソラを守ったもの。そんな風に感じた。

(2010.01.11 読了)

ブルースカイ
楽天ブックス
商品副データハヤカワ文庫桜庭一樹早川書房この著者の新着メールを登録する発行年月:2005年10月登録


楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2015年06月11日 12:45
2010年!そんなに前の作品だったですね^_^;水無月・Rさんの記事の日付を見て驚いてしまいました(笑)

あ~そうか!この作品って「青井ソラの物語」なんですよね。私の中では1作目に登場したマリーの印象が強くて、そういう感覚がなかったです^_^;そう考えると、この作品はこれで完成といえますね。でも、やっぱり「未完の物語」という思いが強いです。。。
物語自体は面白かったんですけどね。
2015年06月13日 23:09
すずなさん、ありがとうございます(^^)。
はい、そうなんですよ。桜庭さんの、初期作品群ですね~。このころの〈少女であることの痛み〉を描いた作品って、結構好きです。

マリーの印象強いですもんねぇ。マリーの話だけで、別に何冊か物語が出来てしまいそうな。
それもまた読んでみたい作品ですよね♪

この記事へのトラックバック

  • ブルースカイ(桜庭一樹)

    Excerpt: 随分前に購入したものの私の部屋で積読本の山に埋もれたままになってた1冊。ようやく救出出来ました!良かったよーぅ。・・・と、喜ぶのは早い!まだまだ積読本の山はうず高くそびえておりますです。鋭意努力中であ.. Weblog: Bookworm racked: 2015-06-11 12:34
  • ブルースカイ

    Excerpt:  晴天の空を思わせる、青一色の表紙が目を惹く桜庭一樹の「ブルースカイ」(早川書房)。過去から未来と、時空を超えて逃走を続ける青井そらという少女の物語だ。  最初の ... Weblog: 風竜胆の書評 racked: 2015-09-01 16:13