『蝦蟇倉市事件〈1〉』/アンソロジー ○

何といっても伊坂さんの章が読みたくて、図書館に予約を入れた『蝦蟇倉市事件〈1〉』
架空の「蝦蟇倉市(不可能犯罪発生率異様に高し)」を舞台にしたひねりあるミステリー連作、面白かったです。
執筆は、1970年代生まれの作家さん達。
実は伊坂さんと道尾さん以外、読んだことがないんですが、同年代ってことで、親しみ感じますね~。

「弓投げの崖を見てはいけない」道尾秀介
3か月前の、自動車事故。被害者の妻の元へ容疑者が来るのではという情報が入り、刑事の隈島は駆け付けるのだが。
「浜田青年ホントスカ」伊坂幸太郎
蝦蟇倉市を訪れた浜田青年は、稲垣という男に「相談屋」の助手をして欲しいといわれる。
「不可能犯罪係自身の事件」大山誠一郎
蝦蟇倉市に多発する不可能犯罪を担当する真知博士が、殺人の罪に問われた。その原因と理由は。
「大黒天」福田栄一
和菓子屋の店頭を飾る大黒天をめぐる不可解な事態。謎を解き明かした和菓子店の孫たちの活躍。
「Gカップ・フェイント」伯方雪日
蝦蟇倉市で格闘技を盛り上げようと新市長が開催誘致した「グラップリングカップ」で、またもや不可能犯罪が。

いやぁ~。道尾さんには騙された。どう騙されたか書いちゃうと、激しくネタバレになるから書かないけど、とても鮮やかに騙されましたねぇ・・・。
そして伊坂さん、上手いなぁ!こちらもあっさり、騙されたというか誤認識というか。浜田青年の「ホントスカ」には、そういう曰くがあったんですね。なるほどなるほど。あちこちにさりげな~く張られてる伏線がきっちり回収され、驚きのラストを迎えるという、伊坂さんらしさが良く出てる作品でしたね。
そして、不可能犯罪が多発する蝦蟇倉市に必要なのは、専門の「不可能犯罪係」。だけどその筆頭たる真知博士が、殺人容疑を受けて、拘留されてしまったので、どうなっちゃうの?という面白さがありましたね。ただ、読んでてすぐに「おかしいぞ」というところには気がついたんで、動機や手段は分からなかったけど、ミステリとしては小粒だったかな、という気がしますね。動機にはびっくりしたけど(笑)。
大黒天そのものにこだわる以上、中に何かが入ってる、のには見当がついちゃったな~。こちらも、ちょっとミステリーとしては不足かな。ただ、靖美と輝之の姉弟が一生懸命調査して歩く様子は微笑ましかった・・・て言っても二人共ハタチは過ぎてる大人だけど。
「Gカップ・フェイント」も、巨大銅像を動かすトリックは簡単だと思うな~。高校生格闘家・鳴海凪の名推理はよかったけど、市長が捕まっちゃった蝦蟇倉市、これからどうなるの?!

舞台が蝦蟇倉市、そして不可思議な事件が多発するという状況、という設定は同じだけど、あんまりお互いにリンクしてないのね。ちょっと残念。
既に『蝦蟇倉市事件2』も出てるんで、そっちにはもう少し関係性が上がって来てるかな・・・と期待してます。
不可能犯罪係の真知博士にも、もっと活躍して欲しいし、市長逮捕という事態に蝦蟇倉市民がどう対応していくのか(不穏な市長選挙とかないかな)・・・とか、面白そうな施設がちょこっとだけしか出て来てないとか・・・、色々気になるところもたくさんありますもんね。

蝦蟇倉市に住んでみたいかというと・・・迷うところですな(笑)。不可能犯罪は面白そうだけど、私に解決能力はないから、当事者になるとか巻き込まれるとか、かなり困ったことになりそうですもんね・・・あはは。

(2011.01.22 読了)

蝦蟇倉市事件(1)
楽天ブックス
商品副データ東京創元社・ミステリ・フロンティア伊坂幸太郎/大山誠一郎東京創元社この著者の新着メールを


楽天市場 by 蝦蟇倉市事件(1) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

苗坊
2011年01月25日 14:12
こんにちは。こちらにも失礼いたします。
私も伊坂さんしか読んだ事がなかったのですが、面白かったです。道尾さんにはやられました^^
他の作家さんも読んだ事がなかったのですが面白かったです。他の作品も読んでみたいと思いましたー。
私は蝦蟇倉市には住みたくないですね~。真っ先に殺されそうな気がします^^;
2011年01月25日 14:26
苗坊さん、ありがとうございます(^^)。
傍で見てたら面白いけど、巻き込まれちゃたまりませんもんね(笑)。実際、蝦蟇倉市民はどう考えてるのかしらん(^^♪
次の〈2〉も楽しみです。
2011年01月26日 12:36
私も道尾さん、伊坂さん以外は、ほぼ初読み作家さんでした。この二人は「さすが!」と唸らされラストで満足でした。が!その分、他の作品にイマイチ感を感じてしまったのはちょっと残念でしたけどね^^;
そうそう。私もせっかく面白い設定なのに、作品同士の繋がりが少なかったのはがっかりでした。
2011年01月26日 20:57
すずなさん、ありがとうございます(^^)。
作品間のリンクは、ちょっと残念でしたよね~。
まあ、打ち合わせした上での創作というわけでもないようなので、仕方ないのかもしれませんが。
道尾さんと伊坂さんの鮮やかな〈騙し〉には、うならされましたね~♪
りつこ
2013年04月30日 11:59
格闘技から離れないのがキツイね。

伯方さんの作品、最初はあまり期待してなかった(失礼)
ものの、個人的にはで面白かったです。
どんな作品を書いてるのかググってみたら、伯方さんを
解説するサイトまで見つかってしまいました。
http://www.birthday-energy.co.jp/

新作『ガチ! 少女と椿とベアナックル』を出され
ましたが、今度はプロレスを元にしてますね。
うん、格闘技すきなのはよく分かったが・・・。
2013年04月30日 21:45
りつこさん、ありがとうございます。
引用のサイトはよく判りませんでしたが、伯方さんは格闘好きなんですね~。
読んだのがだいぶ前なので、うろ覚えなんですが、いろいろな作家さんの描く「不可能犯罪がウりの蝦蟇倉市」は興味深かったです。

この記事へのトラックバック

  • 蝦蟇倉市事件1

    Excerpt: 蝦蟇倉市事件1 (ミステリ・フロンティア)クチコミを見る 「弓投げの崖を見てはいけない」道尾秀介 蝦蟇倉市にある弓投げの崖は自殺スポットで、海岸線の蝦蟇倉スカイラインを走っ ... Weblog: 苗坊の徒然日記 racked: 2011-01-25 13:59
  • 蝦蟇倉市事件1(アンソロジー)

    Excerpt: 海と山に囲まれた「蝦蟇暮市」を舞台に伊坂幸太郎・大山誠一郎・伯方雪日・福田栄一・道尾秀介という豪華作家陣による競作アンソロジーの第一弾。 Weblog: Bookworm racked: 2011-01-26 12:26