映画《図書館戦争 ~革命のつばさ~》 を観てきました~!

水無月・R大絶賛!読んだら即萌え!萌えの女神降臨!有川浩さんの『図書館戦争』シリーズ
単行本は図書館で借りて全巻読み、4年前のアニメはDVDを購入して鑑賞し、文庫版を購入してはあちこちで布教して回り、もちろんこのブログでも感想を書き散らしては、何度も身悶えした、このシリーズ。
アニメが『図書館戦争』『図書館内乱』『図書館危機』のストーリーまでしか放映してなかったので、
是非に『図書館革命』は映画で!って思ってたんですよねぇ。
映画《図書館戦争 ~革命のつばさ~》・・・ 感無量、でございます!
感無量ついでに、盛ッ大にネタバレしてますんで、まだ映画をご鑑賞になってない方は、スルーでよろしくお願いします。
ああ、もちろん、相変わらずの萌え萌え無法地帯を大暴走中でございますので、真っ当な感想をお望みの方は、ここで回れ右、してくださいませ~。(しかも、書いた本人もビックリの超・大長文です)

いやぁ~、わくわくドキドキ、ニヤニヤうふふ、でしたねぇ~。素晴らしく、エンターテイメントでした。
座って観てただけなのに、なんか体力使いましたわ~(笑)。
そして、お隣に座ってた方、ホントごめんなさいです・・・m(__)m。 梅田の映画館で、何かっちゃ身をよじり、激しく息をのみ、怪しげな反応を繰り返していた40女…それは、水無月・R・・・。

ストーリーは原作を読んでるから、もうばっちりのはずなのに、それでも動いてしゃべる登場人物たちに、迫力ある戦闘シーンに、思いっきり気持ちを持っていかれましたねぇ~。
原作と少し違う設定やキャラなどもありましたが、大変楽しませていただきました!
ストーリーを追うと、とてもじゃないので長文になりすぎるんで、思ったことだけ、書いていきたいと思います。

まず、びっくりしたのが当麻先生のキャラ。
原作では社会派小説家で割と最初の方から、良化法と闘う姿勢がしっかりとある作家さんだったんですが。映画では「検閲に引っかからないように書けばいい、それがプロのやり方」と言い、良化法を他人事のように思ってる作家さんになってました。
その当麻先生が、当麻先生を、そして〈表現の自由〉を真摯に守ろうとする図書隊の人々と過ごしていくうちに、だんだんと向き合い、自分の力で戦おうとするように変わっていく。

このキャラの違いは、逆に良かったと思います。なんて言うか、図書隊のメンバーではない人が、「良化法はおかしい」ということに目覚めていく、つまり誰でも変われるのだ、いつからでも変われるのだ、遅くはないのだ、と私たちを励ましてくれるような気がしました。
その当麻先生が郁との逃走中に語る、新作の構想が、良かった。その童話を読みたいと思いました。青い鳥の騎士隊は、きっといるから。

キャラといえば、新キャラの児島清花さん。当麻先生のつてで紀伊國屋書店さんに駆け込むのではなく、堂上のお知り合いということになりましたね~。でも、自然でした。ただ・・・「堂上教官~、他にもあちこちの検閲で女の子を助けて、そのハートを奪ってないでしょうねぇ~?」なんて思っちゃいましたね(笑)。何も狙ってない人が一番、タチが悪いんだよぅ~(^_^;)。
清花さん、堂上と郁の恋を応援できるいい人でよかった~。そんな人に好かれる堂上の好感度、更に上昇ですね♪
それから、最後に美味しいところを持って行ってしまった、英大使館員〈六道・マーク・イングラム〉氏も、映画オリジナルのキャラですね。「女王陛下の許可証はお持ちですか?この車の中は治外法権です」…カッコいい~!
(セリフうろ覚えです、間違ってたらごめんなさい)後でパンフレット見たら、主題歌を担当した「Base Ball Bear」のボーカルさん!面白いキャスティングでした。

さて、映画の大画面になると、何がスゴイってやっぱり迫力が違いますね!
良化隊との戦闘シーン、怖かった。ヘリを撃ち落とそうと、市街地であっても大量の砲火を浴びせる。生身の人間に対しても、何のためらいもなく銃撃を仕掛ける。ストーリーはわかってるから、怖がる必要はないのに、それでも観てて、あまりにも酷くて、涙が出た。こんな世の中が、来てしまったら。無関心であることで、こんな世の中を招いてしまうかもしれない。あまりにも派手な戦闘シーンは、最初は「リアリティーにかけるからやめてほしいな」と思ったのだけど、途中からそんな考えは吹っ飛んで、純粋に怖くなった。
無機質な戦闘シーンは怖かったけど、郁の飛び蹴りとかの迫力は、大変素晴らしかったと思います(笑)。
あの長身と天性の運動能力の高さから繰り出される、的確な技!プロダクションIGさん、GJです!!
しかし・・・一番スゴイ迫力だと思ったのは、玄田隊長です!
スゴ過ぎる!大画面にどーんと登場すると、一瞬ビクッとしちゃいますもんね(笑)。なんてカッコいいんだ〈喧嘩屋中年〉!!
最強過ぎて、素敵(無敵?!)過ぎる!超萌えます!
確実に寿命縮むだろうけど、正座で玄田隊長のお説教を受けたいです、私(笑)。

ところで、トホホな手塚はお好きですか、皆様(笑)。
私は大好物ですのよ!この映画でも、やってくれましたわ~
柴崎の差し出した担保に呆気にとられ狼狽しする姿、超ニヤニヤしてしまいました。追加担保とったところはカッコ良かったんですけどねぇ。
最後の方で、兄・慧が柴崎に「個人的に欲しい」と言い出したのを、すっごい勢いで「俺のだ!」って宣言した時は、おお!って思ったんですが。柴崎に追及されて「・・・仲間、かな…?」って答えるあたりが、ホントにトホホだ、この子!なんて愛おしいの(笑)。
とりあえず、柴崎が「どうでもよくない男云々」って言った時ぐらい、「俺だってお前はどうでもよくない」をもっとしっかり言えたらよかったのに~(笑)。まあ、このヘタレ加減が、安心安全・手塚トホホクオリティなのかもしれませんね~。

原作と違うエピソードがたくさんあったけど、ちょっと引っかかったのが、郁と当麻先生が、アメリカ総領事館前にバリケードを築いてる良化隊に突っ込んでいくところ。あの状況で車ごととはいえ突っ込んでいって、ハチの巣にされるのは目に見えてるのに、やるかなぁ・・・?って。結局車は止められ、郁は取り押さえられてしまったし。体には一切被弾してないのも、ちょっとご都合な気がするし。なんとか六道氏が間に合ったからよかったけど。映画向けの派手な戦闘シーンにはなったけど、この部分は原作通りに郁が囮になって、大阪のオバちゃん化した当麻先生はこっそり総領事館に逃げ込む、の方が良かったような気がする。
それと、書店バックヤードでの階級章貸与&「帰ってきたら好きって言います」のキスは、衆人環視の中やってほしかったな♪見てたの当麻先生だけってのは、もったいないわ~(#^.^#)。

映画制作側の遊び心も、いっぱい詰まってましたね。遠景の良化法反対運動の署名集めの人たちの中に毬江ちゃん(小牧のお相手)がいたり、今回の事態のきっかけである当麻先生の『原発危機』の表紙が『図書館危機』にそっくりだったり、当麻先生の他の著作の表紙も有川さんの作品と同じだったり、手塚兄と柴崎の食事のとき「どうやって光を説得した」って言われて、柴崎はごまかすんだけど、そこに「キスのてんぷら」が出されたりとか。そういうところにも、ニヤリとさせられましたねぇ。
カモミールデートでの可愛いカップの絵が、郁がプレゼントされた眼鏡ケースになり、当麻先生の次回作・青い鳥の騎士隊になり…革命のつばさにもなり、というのも、素敵なつながりでした!

パンフレット買ったけど、それじゃ物足りなくて、帰宅早々『革命』を読み返してしまいました・・・・。
再度萌えたぎり、きゃあきゃあと興奮していたため、昨晩の原稿作成を断念した次第でございます(^_^;)。 
一晩あけたとはいえ、ろくな文章が書けていないのは、百も承知でございます。
全然、内容に触れてないじゃん(笑)。ただの私の萌え叫びね!でもいいのよ、おほほほ!
ふふふ…、人間開き直りが肝心よねぇ♪

(2012.06.20 鑑賞)

水無月・Rの「図書館戦争シリーズ」感想

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

なおみ
2012年06月26日 17:05
久々にお邪魔いたします。私も引っかかったのが、バリケードを築いてる良化隊に突っ込んでいくところです。絶対突破できないであろう状態で車ごととはいえ突っ込んで行くの~て。無茶にも程がありますよね。それと郁が囮になって、当麻先生はこっそり総領事館に逃げ込むっていう原作の方がよかったような。。。。
あとカミツレデートの時に教官のケーキ。あっさり目がお好きなのにな~って突っ込みいれて見ていました。でも十分楽しませていただきました。有川さんの作品全てが大好きです。
2012年06月26日 20:32
なおみさん、ありがとうございます(^^)。
多少引っかかる点はありつつも、とっても良かったですよね♪
大画面の迫力(玄田隊長~!)とか、魅力的な新キャラとか・・・。
それから、原作の時も思ったのですが、検閲と闘うという、とても固い枠組みの中でも、王道な恋愛エンターテイメントが炸裂!ってのが、ホントに素敵ですよね♪
りか
2012年06月28日 23:24
こんばんわ~ りかでっすvvv
早速、トラックバックやってみました!
初めてなんでちょっと時間が掛かりましたが、ちゃんと出来たようです。
すぐには反映されなかったので、ちょっとヤキモキしました。(笑)
わーい!やったね!(笑)
2012年06月29日 22:06
りかさん、ありがとうございます~っ!
うわぁ~、光栄ですぅ♪

実はトラックバックは、即時反映ではなく承認制にしてます。時々、訳の分からないサイトのトラックバックがつくので(^_^;)。
確認し次第、反映させているので、遅くなってしまう時があります。
やきもきさせてしまって、すみません…。

よろしければ、今後もお付き合いいただけたら嬉しいです。よろしくお願いします!
りか
2012年06月29日 23:16
相互トラックバック、成りましたねvvv
えへへ。ウレシイです♪

それでですね~、こちらの読書&感想記事の数にはとてもとても
及びませんが、ウチにもちょこっと有ります。

水無月・Rさんがよろしかったら他の作品も(有川作品以外も含めて)
トラックバックさせて頂いてよろしいでしょうか?
(出来るようになったらやりたくてー)(笑)

モチロン、水無月・Rさんもウチのどこにでもトラックバックされて
構いませんので!

ちなみに非公開のコメントの仕方が分からないので、このコメントの
削除もお任せしますvvv
2012年06月30日 22:49
りかさん、ありがとうございます(^^)!
それはもちろん、是非是非!
トラックバック、コメント大歓迎です~。
まあ・・・理性とか色々大丈夫なの?、というような記事が多いんですが、それでもよろしければ~(^_^;)。
私の方からも、トラックバック、させて下さいませ。

私がパソコンをいじれる時間がちょっと限られてまして、トラックバックの反映やコメントのお返しなど、時間がかかってしまうかもしれないんです…それだけご了承ください。すみません。

ちなみに、非公開コメント(メッセージ)ができるのは、ウェブリブログにIDを持ってる人だけらしいです…ちょっと不親切ですよねぇ(-_-;)。
白い怪鳥
2012年07月19日 00:43
水無月・Rさま

うちのブログの方に、コメントありがとうございました。
映画、面白かったですね。
なんか、水無月さんの感想と自分の感想が結構かぶっていて、
「やはり、感じるトコロはみんな一緒なんだなぁ・・・・」という感じです。←当麻先生の描かれ方やや玄田隊長の迫力、手塚くんのXXな件w

あと、映画観ながら挙動が怪しい人、僕が行った映画館にもいましたw
黄色い声上げて、お友達どうしで楽しんであられましたよ。
あれだけ楽しんでくれたら、きっと作った側も本望だろうて。(^.^;
2012年07月19日 22:39
白い怪鳥さん、ありがとうございます(^^)。
ホント、面白かったですよね~♪
ずーっとニヤニヤしながら(時々ビビりながら)見てました(^_^;)。

いろんな年代の人が観に来ていて、びっくりしました。高校生~私の親ぐらいの方まで、お友達同士・カップル・親子(子供といってももう大人の方ですけど)、たくさんいらしてたですね。
色々な人が楽しめる有川エンターテイメント。
これはもうホント、別冊も映像化してほしいですよね。絶対需要ありますよ~!
というわけで私、関係者各位に「別冊映像化希望!」の電波を送っております(笑)。
聖月
2012年10月02日 20:38
今晩は。初めまして。
聖月です。
私も、図書館戦争シリーズが、大好きです。
「革命」も、もちろん大好きです。
郁と、堂上教官のラブシーン!!!
すっごく、サイッコーーーーーです!!!!!!
えと、すみません。
こんなのウザイですかね。
デモデモ、好きです。
トランバック、いいですか?
2012年10月02日 21:24
聖月さん、初めまして。
コメントいただけて、嬉しいです♪
図書館戦争シリーズ、ホントにいいですよねぇ!!
いつ思い返しても、超ときめきます。
図書館戦争シリーズの魅力についてなら、何時間でも語れる自信があります(笑)。

トラックバックしていただけるんですか?
ありがとうございます。嬉しいです~♪
ぜひよろしくお願いします!

この記事へのトラックバック

  • 映画版「図書館戦争 革命のつばさ」ネタバレ感想

    Excerpt: とうとう 6/16 に公開された 「図書館戦争 革命のつばさ」vvv サスガに細かいトコロはDVDが発売されないことには書けませんが 一見しての (いや二見でしたけど) (笑) 感想です。 .. Weblog: ペンギンウォーク racked: 2012-06-28 23:11
  • 劇場版「図書館戦争 革命のつばさ」を観る

    Excerpt: 『図書館戦争 革命のつばさ』本ブログ勝手に推奨作家・有川浩さんの代表作「図書館戦争」のアニメ劇場版です。TVアニメ化された時、尺の関係でカットされた、原作で言えば「図書... Weblog: 怪鳥の【ちょ~『鈍速』飛行日誌】 racked: 2012-07-19 00:32