アクセスカウンタ

<<  2017年9月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
『Dの殺人事件、まことに恐ろしきは』/歌野晶午 〇
『Dの殺人事件、まことに恐ろしきは』/歌野晶午 〇 大どんでん返しはないものの、つらつらと読んでると足元をがっさりと掬われ、転倒を余儀なくされますな・・・。 やっぱり歌野晶午さんは、気が抜けないねぇ(^^;)。 『Dの殺人事件、まことに恐ろしきは』は、江戸川乱歩作品を、現代のスマホやSNSやVRなどの技術を組み込んで翻案した物語たちです。 原案作?である乱歩作品を読んでいないものも、いくつかあったのですがちゃんと楽しめました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/27 19:30
『ドS刑事 〜さわらぬ神に祟りなし殺人事件〜』/七尾与史 〇
『ドS刑事 〜さわらぬ神に祟りなし殺人事件〜』/七尾与史 〇 前作『ドS刑事 〜桃栗三年柿八年殺人事件〜』のレビューで「代官様のグラグラ感が物足りない」とか言ってたら、本作『ドS刑事 〜さわらぬ神に祟りなし殺人事件〜』の冒頭、いきなりプロポーズ強要されてた(笑)。 しかし、相変わらず猟奇殺人事件の一報が、代官様のピンチを救うのであった・・・。 七尾与史さん、〈ドS刑事〉シリーズ、相変わらずグイグイ惹き込まれますね・・・(笑)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/23 19:23
『何様』/朝井リョウ 〇
『何様』/朝井リョウ 〇 『何者』の、続編というかスピンアウトというか・・・な本作、『何様』。 私、朝井リョウさんの作品読むと大抵、「朝井さん酷い人だよ!!」と唸ったり抉られたりと、大変イタイ思いをすることが多かったのですが、本作は割とライト感覚でした。良くも悪くも。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2017/09/18 19:00
『スクープのたまご』/大崎梢 〇
『スクープのたまご』/大崎梢 〇 週刊誌って、新聞の下段の広告や吊り広告の見出しを見てるばかりで、ちゃんと読んだことないですねぇ、そういえば。イメージと言えば主人子・日向子と同じような感じ。 大崎梢さんの『スクープのたまご』は、そんな未知の世界で奮闘する出版社2年目社員・日向子の成長物語です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/09/11 18:24
『屍者の帝国』/伊藤計劃・円城塔 〇
『屍者の帝国』/伊藤計劃・円城塔 〇 伊藤計劃さんが遺した構想と序章から円城塔さんが完成させた、『屍者の帝国』。 十九世紀末、死亡した人間にプログラム(疑似霊素)をインストールして、屍者として使役している、ifの世界が舞台。屍者の使役は一般化しており、既に欠くべからざる社会要素となっている。 物語を記す役割を担っているフライデーもまた、屍者の一人である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/04 22:06

<<  2017年9月のブログ記事  >> 

トップへ

読書ブログ様・ 読書サイト様 リンク

蒼のほとりで書に溺れ。 2017年9月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる