『GOSICK GREEN』/桜庭一樹 ◎

前作『GOSICK PINK』の翌日。
ヴィクトリカのグレイウルフ探偵社にはさっそく5人もの依頼人が訪れやいのやいのと謎の解決を迫り、その結果セントラルパークへ行くこととなり、一弥も見習い記者として取材のためセントラルパークへ向かう。
ニューヨークの中心に鎮座する巨大な公園で巻き起こる、一大事件とは・・・!
『GOSICK GREEN』、ヴィクトリカの瞳、ドレス、お札の模様、公園の木々の色、様々な「緑色」がきらめきひるがえりながら、ニューヨークを揺るがす大事件がつぶさに描かれます。
しかし桜庭一樹さん、一弥とヴィクトリカが到着した途端、ニューヨークでは連日で大騒動が起こり続けますなぁ(笑)。

いやホント、さすが「事件引き寄せ体質」なヴィクトリカ&一弥。毎日とんでもない事件に遭遇し続け、それらを解決に導き、ヴィクトリカは人間らしくなっていくし、一弥は相変わらず振り回されてるし、大変に愛おしいです。
そして事件の奥深くにちらつくのは、これから二人が直面するであろう、とてつもなく大きな事態への伏線。
今回でいえば、ヨーロッパから渡ってきた金融王・ロスチャイルド一族の5世との遭遇。何が起こるのかは全く分からないけど、シリーズがまだまだ続くんだろうなと思うと、非常に嬉しいですね!

読者の特権[関連ある事だけをピックアップして知ることが出来る]のおかげで、事件がどういうことになっていくかはほぼ見えてましたが、それでもその過程への欠片を集めて回るヴィクトリカ達の行動にワクワクし、あちこちに伏線を感じ、当時のニューヨークの活気を知ったり、ヴィクトリカと一弥の将来に思いを馳せたり、楽しませていただきました。

大筋としては、往年の大銀行強盗KIDの銀行襲撃を阻止或いは解決することへ尽力する二人ですが、その間にももう一つの依頼「セントラルパークのほんとうの地図を手に入れる」の方も、きっちり解決。
さらに二人の絆は深まるし、色々な人と知り合ってますます生活の基盤が固まっていく感じ。
いいですね、若い人たちが笑ったり苦労したりしながら、自力で自分たちの道を切り拓いていく、その活力が眩しくて。新大陸らしい、力強さが、素敵です。これから二人の生活を築き上げていく彼らに、ぴったり。

所々で挟まるお札たちの独り言、最初は???だったのですが、狂言回しと考えたらとっても面白い。1ドル札(ジョージ・ワシントン)だけでなく、日本紙幣(聖徳太子)や植民地紙幣(ロスチャイルド3世)も、それぞれの経験してきたことを語ってメインのストーリーをより深くしてくれてたわけで。
ていうかね、もう一番最後の1ドル札の話は、私、泣いちゃいましたよ!
ヴィクトリカが手紙代わりに封筒に入れた一ドル札は、海を渡ってヨーロッパ(旧大陸)へ。そこでとある美しい青年の手に渡り、彼はそれを手にして歓喜の涙を流す。
「妹だ!生きてた!」と。
グレヴィール!!ヴィクトリカの兄・グレヴィール!!
第1作目から〈実はヴィクトリカを大切に思ってるのでは〉と(私が)勝手に信じたがってたグレヴィールが、やっぱり妹をとても愛してて、会いに行くために海を渡ることを決意してくれた。
うん…正直ここで泣くのは、なんていうか一読者としておかしいのかもしれないんですけどね。私、ずっとグレヴィールとヴィクトリカ兄妹の間にある、複雑で深い愛情を気にかけてたんだと思うんですよ。
これから先に、彼ら兄妹の再会、「家族」に仲間入りした一弥のこと、描かれていくのだろうと思うと、とてもうれしかったのです。
いつか、その物語を読むことが出来ますように。

あ、それと。
永住権のことをグリーンカードっていうんですよね。それもかけてるのかな?このタイトル。新しい大陸で生きていく二人を象徴する、素敵な色ですよね〈GREEN〉。

(2018.01.14 読了)

GOSICK GREEN [ 桜庭 一樹 ]
楽天ブックス
桜庭 一樹 KADOKAWAゴシック グリーン サクラバ カズキ 発行年月:2016年12月02日


楽天市場 by GOSICK GREEN [ 桜庭 一樹 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



水無月・Rの『GOSICK』シリーズ記事
『GOSICK』
『GOSICK Ⅱ ~その罪は名もなき~』
『GOSICK Ⅲ ~青い薔薇の下で~』
『GOSICK Ⅳ ~愚者を代弁せよ~』
『GOSICK Ⅴ ~ベルゼブブの頭蓋~』
『GOSICK Ⅵ ~仮面舞踏会の夜~』
『GOSICK Ⅶ ~薔薇色の人生~』
『GOSICK Ⅷ 上 ~神々の黄昏~』
『GOSICK 下 ~神々の黄昏~』
『GOSICKs ~春来たる死神~』
『GOSICKsⅡ ~夏から遠ざかる列車~』
『GOSICKsⅢ ~秋の花の思い出~』
『GOSICKsⅣ ~冬のサクリファイス~』

『GOSICK RED』
『GOSICK BLUE』
『GOSICK PINK』
『GOSICK GREEN』 (本稿)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック