『ドロシイ殺し』/小林泰三 〇

『アリス殺し』の〈不思議の国〉、『クララ殺し』の〈ホフマン宇宙〉に続き、蜥蜴のビルがまた、異世界に迷い込んでしまったようです(笑)。
今回迷い込んだのは、『オズの魔法使い』の世界・〈フェアリィランド〉。そしてタイトルは『ドロシイ殺し』
毎度のことながら、殺人や遺体の状態の描写がグロいですよ、小林泰三さん・・・。

冒頭、砂漠で干からびかけていた蜥蜴のビルを救ったのは、オズの国のドロシイ。彼女は〈不思議の国〉に帰りたいというビルに、エメラルドの都へ行きオズマ女王と面会することを勧める。しかし、残念ながら魔法の力を持ったオズマにも「知らない場所へビルを送り返すこと」は出来ず、〈不思議の国〉を知っているかもしれない国を訪問する(ついでに同行の部下がその国をスパイ)ことに。
あちこちでえらい目に遭ったビル、オズマの誕生パーティーでドロシイ殺しの現場に遭遇してしまい、オズマ女王に捜査官となることを依頼されたジュリアと共に捜査に加わる。
一方地球では、ビルこと井森君がドロシイのアーヴァタールのドロシイ、小間使いジュリアのアーヴァタールの樹利亜、継ぎ接ぎ娘のスクラップスのアーヴァタールの夕霞、更にはブリキの木こりや案山子のアーヴァタールとも知り合うのだが・・・・。

いやぁ、前作で「誰が誰のアーヴァタールか」という問題が結構重要だったので、今回も「井森君よ、紹介されるままのアーヴァタールかどうか怪しいぞ、っていうか経験してるんだから、ちょっとは怪しめよ・・・」とツッコミを入れながら読んでたんですが、今作ではそういうトリックはなかったですね。別タイプのトリックというかなんというか。
まあ、オズの国で自分のアーヴァタールを明かしたがらなかった人物は、何人かいましたが。

とりあえずねぇ、とにかく描写がグロい(笑)。いやもうほんと、笑ってごまかすしかないぐらいスプラッタですよ。
ビルですら、しょっぱなから、喰われかけて血みどろになってるしね。
非・人間がしゃべり闊歩する、オズの国。「食べてしまえば罪にならない」というとんでもルールのおかげで、ビルすら捕食者になっちゃったりするんですから。まあ捕食対象は生物…ではあるか、一応(笑)。

今作では、捜査にあまり積極的でない井森君。まあそりゃそうですね、前作『クララ殺し』で捜査にかかわったがゆえに何度も死んじゃう(でも異世界アーヴァタールが死んでないから生き返る)という、究極体験をしたわけですから。でも、新たに知り合ったアーヴァタールの女の子たちに巻き込まれ、結局は囮になったりするし、記憶を共有するビルはあちらの世界の捜査に深くかかわってしまうし、事件に関わり合うことになってしまう。

そして、あちらの世界で大勢を集めた場で犯人を名指しし、犯人の供述を引き出したジュリアは、オズマ女王のいう『オズの国には犯罪はない』という言葉に疑問を呈する…。
あらら・・・、ここまでの流れの中で、「オズマ女王」の正しさを疑うこと自体が、不敬でありそれが当たり前という、それって洗脳だよね?っていう展開だったわけですが、やっぱりか~。おとぎ話的には「絶対的正義の女王」ってのはパターンとしてあるけど、正直現実味ないものねぇ。それを力業で継続させるという、まさに独裁者。彼女の狙いは、どこにあるんだろう…怖いなぁ。

全てが終わってしまった後で、地球の世界でドロシイたちに再会した井森君は、良き魔女・グリンダのアーヴァタールに無言で脅されるわ、オズマのアーヴァタールにもくぎを刺されるわ、散々な心持のまま、学生室へ。
そこで『アリス殺し』の栗栖川亜理たちと会話を始める。
ん?ん?ん?・・・とするとこの『ドロシイ殺し』の時間軸はどうなってるの?
『アリス殺し』の最中の出来事?それとも、〈赤の王様再起動後〉の?
しかも、ドロシイ(?)は去り際に、「私は手児奈」と、意味ありげに告げて去って行った。どういうこと???

とりあえず、井森君は「ビルを不思議の国に返す」と心に誓ってるようなので、まだ続編が出そうですね。
タダねぇ・・・どうも、シリーズ化が進むにつれ、同じ時間軸なのかパラレルワールドなのかわからないんですが、繰り返しを続けてるせいか、井森君が劣化してきてるような気がして、ちょっと不安ですよねぇ。劣化というか、ビル化というか・・・。
・・・頑張れ、井森君!

ところで。
「手児奈」で私が思い出すのは、〈真間の手児奈〉で「美しすぎてあらゆる男たちに求婚されたため、崖から海に身を投げた」という日本の伝承なんですが、どうも違うようですね。
小林さんの別作品に、この手児奈というと名の登場人物がいるようです。しかも、そちらはホラーらしい・・・う~ん、どうしよう、読みたいような怖いような・・。

(2018.06.27 読了)

ドロシイ殺し (創元クライム・クラブ) [ 小林泰三 ]
楽天ブックス
創元クライム・クラブ 小林泰三 東京創元社ドロシイゴロシ コバヤシヤスミ 発行年月:2018年04月


楽天市場 by ドロシイ殺し (創元クライム・クラブ) [ 小林泰三 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック